美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析

今回は口コミで結構評判の

リマーユヘアシャンプー 美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析の成分解析をしてみようと思います。

 

俗に言う「馬油シャンプー」ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

リマーユシャンプーの成分

美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析

 【成分】
水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、塩化Na、馬油、水溶性コラーゲン、グリチルリチン酸2K、 センブリエキス、オタネニンジン根エキス、シラカバ樹皮エキス、ハトムギエキス、オレンジ油、レモン果皮油、1,2-ヘキサンジオール、 グリセリン、BG、ベヘナミドプロピルメチルアミン、アミノプロピルジメチコン、ポリクオタニウム-10、ペンテト酸5Na、PPG-9、クエン酸、 クエン酸Na、フェノキシエタノール、トコフェロール

 

 

リマーユシャンプーの解析

シャンプーで一番大事で洗浄成分(界面活性剤)は

コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa

やさしい中にも洗浄力も程よい感じでいい感じ♫

 

まぁワックスなどを多めに付ける人には弱すぎるかなとも思いますが。

 

そしてグリチルリチン酸2Kやセンブリエキス等のエキス類は

頭皮環境の改善のための配合でしょう。

 

そして特に特筆すべき毛髪補修成分は配合されていません。

代わりにシリコン(アミノプロピルジメチコン)・馬油・ベヘナミドプロピルメチルアミン等が

サラサラ感・しっとり感を感じさせてくれる

 

という作りですね。

 

次はこのコンディショニング成分についてそれぞれ見てみます。

 

シリコンは悪者ではない

「シリコンはダメなんでしょう?」と思う方が多いかもしれませんが

シリコンは悪者ではなりません。

シリコンがよく言われるネガティブキャンペーンはほぼデマです。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?」

 

シリコンがダメなわけではなく、シリコンに頼らなければいけないくらい

洗浄力が粗悪であるという事が問題なんです。

 

 つまり、洗浄力が強すぎてそのままだとごわごわになってしますので

シリコンのツルツル感でごまかさないといけないという事ですね。

 

その点でいくと

リマーユシャンプーは洗浄成分が良い上で

シリコンが配合されていますので全く問題がないです。

 

 

馬油は人の肌に限りなく近い天然成分ではない

馬油も特に批判する気はありません。

いろんな場面で重宝しますよね♫

 

公式サイトに記載のように

「人の肌に限りなく近い天然成分」と言われるだけあって

肌なじみもいい成分ですね。

⇒「リマーユヘアシャンプー 美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析

 

ただ、余談ですが、今現在わかっている中で、

地球上の天然オイルで最も人間の皮脂成分に近いモノは「エミューの油」

エミューというダチョウの次に大きい鳥でオーストラリアの国鳥です。

そのエミューからとられたオイルが「エミューオイル」。

これが一番人間の皮脂成分に近いですので

髪の毛につけると天使の輪が出来ます♫

 

だって、子供に天使の輪ができるのは、

子供の天然皮脂が毛髪の方まで伸びて

その自油のおかげでツヤツヤに見えて天使の輪ができる。

その自油に最も近いのがエミューオイルなんですからね。

 

僕は湿気の時期にアホ毛がぴょんぴょんと出てきますが

1,2滴分のエミューオイルを髪になじませればかなり湿気に負けませんよ。

100%天然のエミューオイル 美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析

 

と、長くなりそうなので、これは別記事でそのうち詳しく説明しますね。

 

話は戻りますが、馬油は毛髪に浸透するとかってわけではなく、

オイルとして表面にコーティングしてくれる効果と考えた方がいいと思います。

 

ですので、コーティング剤としての効果がメインとなると

馬の油でも、ツバキ油でも、オーガニック油でもシリコン油でも・・・

何油でも基本的には毛髪に対してはコーティング効果ですので

どれでも同じ様な気はします・・・。 

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベヘナミドプロピルメチルアミンはリンス成分

ベヘナミドプロピルメチルアミン

カチオン界面活性剤で簡単に言えばリンス成分です。

 

ベヘナミドプロピルメチルアミンが毛髪表面にくっついて

ツルツルサラサラ感を演出する成分です。

 

〇〇クロリドなどと記載のある成分も

同じくカチオン界面活性剤と言われるものですが

この〇〇クロリド系は皮膚刺激が強い成分です。

 

よく昔に「リンスは頭皮につけちゃいけない」と言われていたのは、

この〇〇クロリドのことを言っていました。

 

で、〇〇クロリドはカチオン界面活性剤でも第4級という部類の成分で、

このベヘナミドプロピルメチルアミン等の〇〇アミンは第3級という部類で、

第4級よりも皮膚刺激がグッと少なくなっている成分です

(全くないというわけではありません)

 

リユーマシャンプーの使用感は?

このシャンプー。おそらく使用感はかなりいいと思います。

ノンシリコンに物足りない方ならこれはいい感じの使用感だと思いますよ。

 

やさしいながら洗浄力もあり、頭皮環境の改善成分が配合され

毛髪のさわり心地は馬油・シリコン・リンス成分という

トリプル皮膜効果でしっとりサラサラ

という感じになるのではないでしょうか。

 

ただ、馬油もシリコンもリンス成分も

毛髪補修をしてくれる成分なわけではありませんので

ダメージ毛の人が「コンディションの改善をしたい」という事では

向いていないと思います。

 

向いている人は

  • ダメージが気になっていなくて
  • ワックスなども多く使用していなくて
  • ちょっと癖があったり、パサつきが気になる人がまとまりがほしい
  • 馬油という成分が好き

という方的には、シャンプーで一番大事な洗浄成分自体は良いですので

試してみてもいいかもしれませんね。

 

初めての購入なら4968円が半額の2484円になるみたいですよ。

⇒「リマーユヘアシャンプー 美容師のリマーユシャンプー(馬油)成分解析公式サイト」

 

・コスパNO1おすすめシャンプーはこちら
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

「おすすめシャンプー解析」

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ