美容師のアジエンス美容液シャンプーの成分解析

今回は高梨臨さんがCMをしている、アジエンス美容液シャンプーの成分解析をしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

アジエンス美容液シャンプーの成分 

アジエンス しっとり仕上がるタイプ シャンプー つめかえ用340ml[アジエンス シャンプー しっとりタイプ 花王]

価格:577円
(2015/5/25 16:20時点)
感想(0件)

◆しっとり仕上がるタイプ「成分」
水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ステアレス-6、ジステアリン酸グリコール、ラウリルヒドロキシスルタイン、PPG-17、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、センチフォリアバラ花水、ザクロエキス、レモングラスエキス、加水分解コンキオリン、リンゴ酸、ラノリン脂肪酸、PPG-3カプリリルエーテル、グリシルグリシン、イソデシルグリセリルエーテル、ヒマワリ種子油、ラウリン酸、ラウレス硫酸Na、コカミドMEA、ジメチコン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、リン酸、ビスセテアリルアモジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、ラウレス-4、ラウレス-23、BG、ステアリルアルコール、ベンジルアルコール、水酸化K、水酸化Na、安息香酸Na、カラメル、香料

美容師のアジエンス美容液シャンプーの成分解析軽やかに仕上がるタイプ「成分」
水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ラウレス-16、ラウリルヒドロキシスルタイン、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、センチフォリアバラ花水、ザクロエキス、レモングラスエキス、加水分解コンキオリン、リンゴ酸、ラノリン脂肪酸、PPG-3カプリリルエーテル、グリシルグリシン、イソデシルグリセリルエーテル、ヒマワリ種子油、ラウレス硫酸Na、コカミドMEA、ジメチコン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PPG-17、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、ビスセテアリルアモジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、ラウレス-4、ラウレス-23、BG、ステアリルアルコール、ベンジルアルコール、塩化Na、水酸化K、水酸化Na、安息香酸Na、メチルパラベン、カラメル、香料

 

【スポンサーリンク】

 

アジエンス美容液シャンプーの解析

結論は、僕的には「おすすめしません。」

シャンプーで一番大事な洗浄成分(界面活性剤)がラウレス硫酸アンモニウム。

ラウレス硫酸naをちょっとマイルドにした洗浄成分ですが、配合されている洗浄剤はこれだけですからね。ちょっと洗浄力は強すぎるのではないでしょうか。

 

その証拠に?ジメチコン、ビスセテアリルアモジメチコンというシリコン2種が配合されています。

ということは「強い洗浄力でごわつくのを防止するためにツルツルになるシリコンでごまかす作戦に出たのかな?」なんて思っちゃいます。

 

このくらいの価格帯のCMシャンプーでももっと洗浄成分にこだわりのあるシャンプーがありますので、これを利用する理由が見つかりません・・・(>_<)

「美容師厳選!おすすめ市販CMシャンプーランキング」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ