美容室専売品/市販シャンプー/ネットシャンプーの違いは?

美容院にシャンプーだけ買いに行くのはOK?

最近は、「美容室専売シャンプー」と「市販のシャンプー」と「ネットを中心に売られているシャンプー」の括りがあってないような感じになってきまして、どれがどれだかよく分からなくなってきてますよね?

 

ですので今回はいったん整理してみようと思います。

 

結論は、良いシャンプーであれば括りはどれでもいいんですけどね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

シャンプーの販路の区分け

一昔前は

●美容院専売品は美容院に商品を卸す材料屋さんから仕入れて美容院で販売しているシャンプー

●ネットシャンプーは、特定の店舗を持たずにネット上で宣伝し販売するシャンプー

●一般的な市販で販売しているシャンプー(CMをしているシャンプーなど)

と簡単な括りわけが出来ました。

 

 

ですが今は、

●美容院専売品だったものが、ドラッグストアなど市販でも、ネット上でも販売しているし

●初めはネットだけで売っていたシャンプーが東急ハンズなど市販でも、美容院でも販売している

 

と言うような感じで、わけがわからなくなっている方もいるんではないでしょうか?

 

最近の美容院専売シャンプーと市販のシャンプー事情

この2つの違いは、特別「これが配合されていたら美容院専売品」とかって言うことが決まっているわけではありません。

 

基本的には、

美容院に商品を卸している材料屋さんが取り扱っている商品が美容院専売品と言われます。

 

イメージとしては、「市販シャンプーは質が低く、美容院シャンプーは良いモノ」と言うイメージだと思いますが、基本的にはそうだと思います。

 ⇒「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

「美容院シャンプーと市販シャンプーの違い」

 

ドラッグストアなど一般でも美容院専売品が販売されていますが、それはドラッグストアなどの一般流通の材料屋さんからでも、美容院専売品は仕入れられるからです(・_・;)

 

ですが業界の暗黙のルールで、美容院専売品を一般流通させる時は定価販売でないとダメと言うものがありました。

 

通常ドラッグストアでは「まとめて大量仕入れして商品仕入れコストを抑えることで、販売価格の引き下げをする」ということになりますが、美容院専売品は高い上に定価販売という縛りがあるので大量仕入れしてもリスクがありますよね?

しかも昔は、シャンプーにお金をかける人が少なかったので今ほど売れるわけでもないんです。

 

ですのでリスク回避のためにドラッグストアは美容院専売品を仕入れることは少なかったんです。

 

ですが、今は仕入れて安く販売しても材料屋やメーカーが見て見ぬふりしてくれますし、消費者の方が昔よりシャンプーにお金をかけるようになってきたので、それなりの価格でもネット上で評判のモノは売れるようになってきたんですよね。

 

ですので、ドラッグストア等で美容院専売品の扱いが増えてきているんですね。(人気商品を中心に。このとき気を付けたいのは「人気商品=優れている」という図式が必ずしも成り立たないところです。)

 

ちなみに逆に美容院が「ツバキ」等の市販シャンプーを仕入れることはできません・・・たぶん。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ネットシャンプーと美容院専売品

特に今回書きたかったのはこっちの話。

 

もう美容院専売品の話はなんとなくわかったと思います。

 

で、ネットシャンプー。

 

これが最近はなかなか侮れないんですよね(゜o゜)

 

つまり良いシャンプーがあるんですよね。

 

相変わらず宣伝だけの大したことないシャンプーもありますが、最近新しく発売されているようなものは結構優れているものが多いです♪

その筆頭がこの辺のシャンプーですね。
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

 

 

美容院専売品のシャンプーって、各メーカーでグレードによって何種類か作られていることが多いです。

 

以前もお話しした「ファーストシャンプー」「じゃぶじゃぶシャンプー」等と呼ばれるもの。(各メーカーで一番グレードの低いシャンプーで美容院で施術前にいろいろな汚れをしっかり除去するために洗浄力を持たせた毎日の使用には特にお勧めしないシャンプー)

このようなジャンルのシャンプーから、各メーカーの最もハイグレードなつくりのシャンプーまでの間に何種類かグレード分けをしてシャンプーを用意しているんですね。

 

メーカーによってはそれ以外に育毛シャンプーやらなんやらと~。

 

いろいろな用途に合わせていろいろな種類のシャンプーが用意されています。

 

 

でも、ネット上で販売するようなシャンプーは、そんなに販路があるわけでもないので、多種多様にシャンプーの種類を作れないんですよね。

 

一種類に絞っていることが多いです。

 

”あなた”だったら、自分のメーカーで一種類のシャンプーしか作らないとしたらどんなシャンプー作りますか?

 

自分たちの思う一番優れたシャンプーを作りたいと思いませんか?

 

そうやって出来ているのが、最近のネット上のシャンプー。

(全てではないですが)

 

ですので、美容院専売品メーカーの最もハイグレードなシャンプーと同等前後のシャンプーの質のモノが多くなってきてます( ゚Д゚)

 

美容師としては涙目です( ノД`)シクシク…

 

それくらい ネットのシャンプーが今、勢いがあります(=_=)

 

ハイグレードなおすすめシャンプー一覧

ちなみにネットシャンプーで上記の話に当てはまるハイグレードなシャンプーはこの辺です。

「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプーの成分解析」
「口コミで評判のharu黒髪スカルププロを解析」
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

 

美容院専売シャンプーでハイグレードなシャンプーはこちら
「縮毛矯正後におすすめ!サニープレイスアプルセルマスクシャンプー」
「最高級アミノ酸系シャンプー「アミノシールドソープD」はおすすめ」
「さらさらになりたいなら美容院専売「精炭酸ザクロシャンプー」」

 

 

ですので、これからこのブログでは、美容院専売品とかネットシャンプーとかの括りは無視して書いていきますのでご了承くださいね♪

 

◆おすすめシャンプー解析◆

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


2 件のコメント “美容室専売品/市販シャンプー/ネットシャンプーの違いは?”

  1. Koko より:

    こんにちは、いつも参考にさせていただいています。

    こちらのサイトで紹介されているシャンプーはほとんどがネットシャンプーと市販シャンプーで、美容院専売品はケアテクトくらいしか見当たらない(しかもおすすめではないとのこと)のですが、美容院専売品でおすすめはありますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • taka より:

      kokoさん

      コメントありがとうございます。

      >>美容院専売品はケアテクトくらいしか見当たらない

      そんなことないですよ。
      今の時代、美容院専売品といっても東急ハンズに売っているし、ドラッグっストアに売っているし、ネットでも売っているので混乱されているのかもしれませんが、アプルセルマスクもアミノシールドもラカスタも・・・etc

      元々は美容院専売品なんですよ。

      基本的に美容院専売品と言われているものは、美容院で仕入れができるものという意味でいわれますが、美容院で仕入れができるものって基本ドラッグストアなどでも仕入れられるんですよね。ですので、一般の方には括りはちょっとわかりづらいかもしれません(>_<) >>美容院専売品でおすすめはありますでしょうか。 そもそももう、美容院専売品にこだわる必要はないと思いますよ(美容院専売品でも市販レベルのものから本当に良いものまでありますので) 一応、僕のサイトで過去に解析したシャンプーの中では美容院専売品でおすすめなのはアプルセルマスクシャンプー、ザクロシャンプー、アミノシールドソープDですが、ネット専売のさくらの森シャンプーやharu黒髪スカルプ、アロマのやさしさより勝っているわけではありませんよ。劣っているわけでもありませんが。 ですのでそこまでこだわらず「良いものは良い!!」ってスタンスが良いのかななんて思います。

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ