美容室の開業費を抑える方法

開業費を安く抑える方法

始めて開業するときはなるべく開業費を抑えたい、

と言う方は多いと思います。

 

僕は今現在一人でゆっくりまったりと仕事をしているのですが、お店もなるべく業者に頼らず手作り?と言うか元々スケルトンのテナントに趣味に合う家具などを集めて配置して・・・と言う感じでベースを作り、業者さんにはシャンプー台の設置と、保健所に提出する図面だけ引いてもらいました。

 

ですので、超格安で作れたんですよね♪

 

※お店のコンセプトによっては、しっかりと業者さんの手が入っていないと陳腐になることもあると思いますので、参考程度に読んでください。

 

レジ周り・シャンプー台周りの棚は、既製品で!!

僕は、レジの棚やセット面・シャンプー台周りのタオル入れ・シャンプーボールなどは、美容通販サイトの【ビューティガレージ】 ビューティガレージで既製品を購入しました。

 

それに合わせて、そのほかの棚やロッカーなどもリサイクルショップや家具屋さんなどで既製品で購入しました。

 

そうすると恐ろしいくらい安くお店が作れちゃったんですよね(^^)

 

この記事を書くにあたって【ビューティガレージ】を確認したら、今では美容院の棚などが既製品でほぼ全て揃えられるんですね(゜レ゜)

 

例えば、【レジの棚】39000円↓↓

美容室の開業費を抑える方法

 

 

 【シャンプーキャビネット】65000円

 

 

【シャンプーボール】69900円

美容室の開業費を抑える方法

 

 

 

【セット面】59500円

美容室の開業費を抑える方法

 

 

 

あとは、セット椅子とシャンプーチェア。この2つはお客様がゆったりとくつろぐのに大事なものですので、ここだけはしっかりしたものを・・・。と思ってもビューティガレージの新品だと高くてもたかが知れています↓↓

【セット椅子】75000円

美容室の開業費を抑える方法

 

【シャンプーチェア】124000円

美容室の開業費を抑える方法

 

 こんな感じ。仮に一人で営業しようと思ったらセット面2つ・シャンプー台1つで十分ですよね。

 

そうすると、

【レジ】39000円+ 【シャンプーキャビネット】65000円+【シャンプーボール】69900円+【セット面】59500円×2個+【セット椅子】75000円×2個+【シャンプーチェア】124000円

で、トータル566900円・・・安いですねぇ(゜-゜)

 

これ普通にレジ棚とか、シャンプーキャビネット・セット面を内装業者さんに寸法から依頼して作ってもらったら結構すごい額になりますよね(>_<)

 

ですので50万越えているから安くないような気がするけど、すごい安いですよね。

しかも、セット面やらセット椅子やらは中古で揃えればもっと安く抑えられますしね。

※当然、内装業者さんにレジ棚などを依頼するといくらになるのか見積もってもらった方がいいとは思います。その差額をどう感じるかは”あなた”が作る美容室のコンセプトによるのだと思います。 

 

 

僕の場合は、元々自分で家具とかを揃える予定で、内装業者にオーダーで作ってもらわなくても大丈夫そうなテナントを探したんですけどね。

 

 

シャンプーボールの設置は町の水道屋さんで

どこででもしてくれるのかはわかりませんが、町の水道屋さんにシャンプーボールを付けてもらう手もあります。専門業者とは全然工賃が違うんですよね。

 

初めてシャンプーボールを付けてもらったときは美容室の専門業者にお願いしました。

 

で、僕のお客様で”町の水道屋さん”がいて

「工賃に○○円掛かった。」と話したら

「たかっ!!同じ作業でうちなら半分くらいの価格だよ。やっぱり専門で扱う業者って金とるねぇ( ゚Д゚)」

と言っていました。

(昔のことではっきりとした価格を忘れてしまいました)

 

それで次から、”町の水道屋さん”で頼むことにしました。

「専門業者じゃなくても大丈夫なの??」

と思いますよね?

 

僕もそう思って、その当時、上記画像にもあったシャンプーボールについて【ビューティガレージ】 に問い合わせたんですよね。その答えは、「初めて取り付ける水道屋さんでもわかるように、設置の仕方の説明書もありますので大丈夫ですよ」と言われまして。

 

そんな方法で出費を抑える方法もありますよ♪♪

 

しかも2店舗目・3店舗目と店舗を増やす計画があるのなら、ずっとそこの水道屋さんを使ってあげればどんどん水道屋さんもスキルアップする上に、工賃が安く済みますので良いですよ。

 

こうやってなるべく専門業者の手を入れずに美容室を作っていくと当然ながら出費は安く抑えられますし、自分の好み・趣味・雰囲気をより反映した美容室が完成しますので、そういう「アットホームな?」「手作り感あふれる?」美容室が自分の作りたい美容室のコンセプトとしてあるのならば、こういう方法で美容室を作るのも楽しいですよ♪

 

※たぶんこの話は、小さな美容室を作りたい人用の話ですかね(笑)スタッフがある程度いるような美容室でやるような作りのものではありません。悪しからず<m(__)m>

 

美容室の開業費を抑える方法

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング