結局シリコンは必要なのか?

結局シリコンって必要なのでしょうか?

 

今までの記事の中で「シリコンは悪者ではない。」という事はご理解いただけていると思います。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?」 
「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」 
「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

でも、問題ないと思っていても、やっぱりいろんなところで「シリコンは~」みたいなネガティブキャンペーンを見ていると、頭ではわかっているつもりなんだけど、どうせなら避けようかな・・・と思う心理ってありますよね。

 

「おすすめノンシリコンシャンプーランキング」

「市販のノンシリコンシャンプーおすすめランキング(1000円以内)」

 

【スポンサーリンク】

 

シリコンはどんな時に必要??

それは僕もなんとなくわかる気がして、やっぱり「シリコンは問題ではない」と言いつつも、「敢えて配合されている必要もない」と思うので敢えてシリコン入りの商品を選ぶことはしません。

 

これは「シリコンをネガティブに考えているから」というよりも、必要以上にシリコンを毛髪に付ける必要がないと思うからです。

 

ですので、女性の場合は少しシリコンなどのコーティング成分があって毛髪がしっとりまとまっていたほうが嬉しいという場合もありますよね♪

その場合、人によってはシリコンは必要なアイテムにもなると思うんです。

 

「私こだわってます!!」って、「シャンプー・コンディショナー・アウトバストリートメント」すべてノンシリコンの製品を使用していて手触りには不満があるけどノンシリコンだからしょうがない。

とか、

ノンシリコンの商品を使ってから毛髪のまとまり・ツヤ感が悪くなった・・・etc.

 

なんてことが起きたら、意味ないと思うんですよね。

 

 

で、シリコンは悪者ではないけど、でもいーぱいビルドアップ(積み重なる)された場合、弊害は出てくる。(ベタベタになる)

(これはシリコンに限らずオーガニックオイルであろうが被膜があまりにも重なり重くなると同じことが起こります。) 

 

じゃあシャンプー・コンディショナー・アウトバストリートメントでどうシリコンなどのコーティング成分とバランスを取っていくのかが問題になりますよね。

 

以下ではその辺のバランスについて考察してみました。

 

まずはノンシリコンで試してみよう!! 

まずは、ノンシリコンですべてを揃えてみるというのが良いと思います。

 

当然これが一番自然な形ですので、これで問題なく日々を送れるのであればこれが一番でしょう。

 

ただ、ここでいうノシリコンというのは、ただシリコンを除いただけで、製品自体は低質というものではなくて、シリコンが必要ないくらいその製品自体が優秀なものということですので悪しからずm(_ _)m

「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?」 

 

 

で、

「シャンプー・コンディショナー(トリートメント)・アウトバス(洗い流さない)トリートメント」すべてをノンシリコンで使用してみた結果、

  • 「髪の毛がまとまらない」
  • 「おさまりが今一歩」
  • 「毛先のパサつきが気になる」

等の問題が起きたときは、少しコーティング成分も必要ということですので、どれか一つをシリコン製品に切りかえる。

なんてのはどうですかね?

 

コンディショナーをシリコンインにしてみる

個人的には

「コンディショナー(トリートメント)をシリコン製品に変える」

というのが良いと思います。

 

ここは意見が分かれるところだと思います。

アウトバストリートメントをシリコンインにした方が、確実に仕上がりのしっとり感は増すので人によってはどれか一つだけシリコンインにするなら「アウトバスをシリコンインにした方が良い」という方もいるのではないかと思います。

 

ただ経験上、アウトバストリートメントがシリコンオイルメインのモノを使用すると、次のシャンプーの時に泡立ちがとても悪くてきちんと洗浄できないんですよね。

もちろんそういう場合はもう一回シャンプーをし直すんですけどね。

 

だからアウトバスでシリコンイン製品を使用した場合、しっかりと毎日シャンプーをしてあげないと取りきれなかったシリコンがビルドアップし続けた場合に、最終的に「頭皮がベタベタする」という弊害が出てきてしまう事があります。

 

うちの美容院でもたまーにベタベタのお客さんが来店しますが、大抵の場合、アウトバストリートメントのシリコンが原因になっていることが多いです。

 

 

最近の例ですと、20代の女性の方で、シャンプーとトリートメントは僕のおすすめの「ハーブガーデンさくらの森シャンプー&トリートメント」を使用していたんです。
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

(お店で販売しているわけではないので、ご自分でネットから購入していただいたのですが)

 

で、気に入って頂いていたのですが、ある日来店されたときにすんごい根元側がベタベタ(>_<)

 

自分でも悩んでいて・・・。

「私、皮脂の分泌異常かも(-_-;)」って。

 

で、すぐにピンッと来ました。

だってシャンプー&トリートメントはハーブガーデンですからべたつく筈がない。

 

しかも、パッと見、皮脂分泌異常な感じも見受けられない。

 

ってことは「アウトバスでやらかしたな!!」と(笑)

 

この方は縮毛矯正を1年弱に1回するのですが、施術して半年以上たって根元にボリュームが出てきた。

 

で、それが気になったから市販のシリコンオイルを根元を中心に毎日べったりつけていたみたいです(゜レ゜)

(当然自分でシリコンインオイルだと認識して使用していたわけではないですが)

 

この結果根元に積み重なったシリコンがべたつきの原因になっていたんですね。

 

こういう時は、一週間ほど「脱シリコン」生活をしていただければ、シリコンは完全にはがれますので、このベタツキは直ります。

※根元のべたつきで悩んでいる方は、まずは皮脂改善のシャンプーを選ぶのではなく、単純に脱シリコン生活したら直るってパターンも相当あると思いますので、試してみてください。

(うちではシリコンリムーバーというシリコンがビルドアップしすぎている方用にシリコン用のクレンジング剤があるのでそれを使用してその日のうちに除去してしまうんですが。)

 

こういう事例は、僕のお店でもちらほら見かけます。

 

その辺のことを考えても、まず最初にシリコン製品に手を出す場合は、コンディショナー(トリートメント)から選ぶのが無難かなぁ。と思います。

で、アウトバストリートメントは、優れたノンシリコン製品を使用する。

 

アウトバストリートメントをシリコンインにしてみる

で、問題はこれだけでは仕上がりに満足できないときですよね。

この時に次にシリコン製品を使う場合がアウトバストリートメントです。

 

その場合、今度はコンディショナーをノンシリコンにして、

アウトバスだけシリコンインにしてみましょう。

(シリコンの積み重ね(ビルドアップ)を防ぐため)

 

コンディショナーは結局最後は流しますので

シリコンもある程度は流されてしまいますが、

アウトバスの場合はそのまま毛髪に残りますからね。

その分やっぱり速攻性的なツルツル感やしっとり感は強いです。

 

これで、満足なまとまり感を得られればこれでOK。

 

コンディショナー・アウトバストリートメント共にシリコンインを使用する

で、片方づつでは満足できないときに

初めて両方シリコンインの商品を使用するというのが良いと思います。

(コンディショナーとアウトバストリートメント)

 

ただその分シリコンのビルドアップの危険が増すので

「ちゃんと毎日しーっかり×2シャンプーしましょうね♪」っていう事ですね。

 

あとは根元にシリコンインのアウトバストリートメントを

付けるのは止めましょうね。ってことですね。

 

根元側は、ご自分の皮脂もありますので、

それとシリコンが組み合わさって

よりシャンプーで落ちづらい状況になってしまうんですよね。

 

おそらくほとんどの場合、僕が「おすすめシャンプー解析」

でおすすめしているシャンプーとの組み合わせであるなら

ここまででもう十分満足な仕上がりになっているのではないかなぁ・・・。

と想像します。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

まぁそうですよね・・・

これでもダメならシャンプーもシリコンインにすることになって

結局全部シリコンイン製品(>_<)

 

うちのお店でもそんなお客様はいませんので

「安心してください」

マイナスイオンドライヤー

 

ちなみに、いづれ僕のおすすめのアウトバストリートメントも紹介していきますね。

 

 

で、初めに言ったように上記の話はお金の事は考えていません。

ここからは少しコスパも考えた話。

 

コストを考えた場合は、シャンプーを最優先に考えてください。

過去にも何度もお伝えしてきたことですが、シャンプーが一番大事です。

もうシャンプーさえこだわっていただければ、

ほかの商品は市販の数百円で購入できるものを使用してもいいくらいです。

「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?」

 

それくらいシャンプーが大事です。

ですので、すべて含めた予算が3000円なのであれば

2000円のシャンプーに500円ずつのトリートメントとアウトバストリートメント

でいいと思いますよ。

 

まあ仮にシャンプーに2000円出せるのであれば、

うちのお店のお客さんの例でも話したように

一番おすすめのシャンプーである

ハーブガーデンさくらの森シャンプー」も

ちょうど2000円で射程圏内ですのでこれが良いと思います。

 

ただその場合、トリートメントとアウトバスは

シリコンイン商品になると思いますので、

シャンプーでしーっかり×2洗って、

その日一日着ていたシリコンは脱がしてあげてくださいね!!

(ハーブガーデンのトリートメントはノンシリコンで、さらにアウトバスにもなる一石二鳥商品ですが、予算3000円という話では、こちらも2000円しますので、シャンプーとトータルで4000円。ですので、ハーブガーデン以外の安い市販の商品だとシリコンインである。という事です。)

 

という事で今回のタイトル「結局シリコンは必要か?」の結論は・・・。

「場合による\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

ってことでした。

 

まあ一つだけ言えるのは、シリコンの事を毛嫌いしないで上げてください。

スゴイ優秀なヤツなんで♪

ただ使用者が使用方法を間違えると薄毛とかにはならないけどww

ベタベタになる事はあるので、気を付けてください。

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?」 
「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?」 
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」 
「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

ちょっと今回はまとまりに欠ける記事になってしまいました(>_<)

ちょっとでも参考になるところがあったら幸いですm(__)m

 

※最後に僕のおすすめの組み合わせ

【全てノンシリコンで選ぶ場合】

●シャンプー&コンディショナー
⇒「ハーブガーデンさくらの森シャンプー
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」

●アウトバストリートメント
リシリッチ 利尻ヘアクリーム
(近日記事にする予定です。こちらは公式ホームページの商品説明です)
(ハーブガーデンとアビスタはともにトリートメントがアウトバスにもなりますのでそのまま使用するのもありだと思います。ただその場合、シャンプーとなくなるバランスが悪くなるという弊害はありますが(>_<))

 

【コンデショナーだけシリコンインの場合】 

●シャンプー
⇒「ハーブガーデンさくらの森シャンプー
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」

●コンディショナー(トリートメント)
「アプルセルマスクトリートメント」(これがシリコンイン)

●アウトバストリートメント
リシリッチ 利尻ヘアクリーム

 

「アウトバスだけシリコンインの場合」

●シャンプー&コンディショナー
⇒「ハーブガーデンさくらの森シャンプー
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」

●アウトバストリートメント
⇒「検討中」

 

●おすすめシャンプー一覧はこちら
「おすすめシャンプー解析」

●シャンプー以外の「毛髪ダメージ対策」はこちら

「美容院で使用中の洗い流さない(アウトバス)トリートメント一覧」

 

===========

「おすすめノンシリコンシャンプーランキング」

「市販のノンシリコンシャンプーおすすめランキング(1000円以内)」

===========


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング