紫外線対策~SPF値とは~

紫外線対策~SPF値とは~

前回に引き続き紫外線の話。

 

「UVケア(紫外線対策)はいつから?春からです。」

UVカットクリームを見ると必ず書いてある「SPF〇〇」と「PA〇〇」と言う表記。

そのうち、今回は 【SPF値】について説明します。

 

【スポンサーリンク】

SPF値とは

UVB(夏場最も強く降り注ぐ、日焼け=サンバーンの原因)

の防止効果の測定値のことです。

 

SPF値を確認すると、 SPF10とかSPF30などと書いてありますが、

どういう意味かご存知ですか?

 

これは、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を

どれくらい長く引き延ばせるかをかを表したものです。

 

SPFの数値は1単位に付き、約20分間、

何も付けない状態よりも日焼けするのを遅らせるという意味になります。

 

ですので、SPF20と書いてあれば、 20×20分間=400分=6時間40分間

何も付けない状態よりも日焼けを遅らせることが出来る、と言うことです。

 

ただ、この数値。

どれくらいクリームの量を塗った時のことか。

ということが大事になるわけですが、

それは、肌が白くなるくらい(-_-;)

 

透明になるくらい薄く伸ばした場合は、

その限りではないってことになります。

でも、通常は白い状態のままになんかしないですよね?

 

しかも、「じゃあ、とりあえず数値が高いのを買っておけばいいんでしょ」

ってことかと言うと、

数値が高くなればなるほどその分、肌への負担は強くなります。

 

そして、このSPFの基準値の最高はSPF50まであるのですが、

SPF30を超えると、もうほとんど効果に差はないと言われています。

 

【スポンサーリンク】

 

ですので、

  • ちょっとした外出、洗濯物を干す等のことであればSPF10~20
  • 外でのレジャーや海。一日中外にいる等の時にSPF30

くらいが良いと言われています。

 

ただ、あくまでの目安なだけで、

僕は夏の休みは、ほぼ海に行っていますが、

やはり自分の皮膚感覚ではSPF30よりもSPF50の方が

日焼け防止には効果があるかなと感じます。

 

ですので、通常はSPF15くらいのものとSPF30くらいのものを用意して、

ケースバイケースで使い分ける。

そして海の時だけSPF50。

それが、UVカット効果としても、

肌への負担と言う観点からしても

ベストチョイスですね♫

 

紫外線対策シリーズ順番に読まれている方は次はこちら
「紫外線対策~PA値・PFA値とは~」 

 

その他、「紫外線対策」話はこちらこら

「UVケア(紫外線対策)はいつから?春からです。」
「髪のUVケア(紫外線対策)。おすすめはスプリナージュUVシャワー」
「分け目/つむじ周りが薄くなる原因は紫外線!?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ