白髪が出来る原因・メカニズムが解明された!?

白髪の原因とメカニズム

今回は

  • 白髪が出来るメカニズムが一部解明された。

という話です。

 

白髪ができる原因をご理解いただくために、まずは

  • ヘアサイクル(毛周期)
  • 黒髪ができるメカニズム

についても説明しています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ヘアサイクルとは

2011年ころに白髪ができるメカニズムの一部が解明されました。

とその説明をするためには、ヘアサイクル(毛周期)という毛髪が生まれてから抜けるまでのサイクルについて知っていただく必要があります。

 

ヘアサイクル(毛髪が生まれてから抜けるまでのサイクル)には、「成長期」「退行期」「休止期」という期間があります。

 

成長期

毛髪が生まれてから5~6年の間、毛髪は成長をし続けます。(資料により年数に違いはありますが大体これくらい)

この時期を成長期と言います。

 

退行期

成長期の後、2~3週間の退行期に入ります。この時期に徐々に髪の成長は止まり始めます。

 

休止期

2~3週間の退行期後に、休止期に入り毛髪は抜け落ちます。それから2~3カ月の間、その毛穴から毛髪は生えてきません。この間を休止期と言います。

 

============

 

この休止期を経たのち、また成長期に入り毛髪が成長を始めます。そしてまた退行期~休止期を迎え毛髪が抜け落ちて2~3カ月後にまた成長期に入り毛髪が成長する・・・この繰り返しを「ヘアサイクル(毛周期)」と言います。

 

【成長期】⇒【退行期】⇒【休止期】

【成長期】⇒【退行期】⇒【休止期】

【成長期】⇒【退行期】⇒【休止期】

・・・・・・・・・・。

 

黒髪が生えるメカニズム

今度は、黒髪が生えるメカニズムについてです。(なるべく単純に)

 

毛根の深部には、黒髪生成工場(メラノサイト)があります。

この黒髪生成工場で「黒髪の原料」をもとに黒い色素を作っていきます。

で、最終的にその色素を毛髪内に送り込んでいます。

 

そして黒髪として生えてきます。

 

  • 黒髪生成工場・・・メラノサイト
  • 黒髪の原料・・・チロシンというアミノ酸
  • 黒い色素を作る・・・チロシンを酸化させ変化させていく

 

で、この黒髪生成工場はヘアサイクルの休止期に毛髪が脱毛する際に、一緒に一度なくなります。

そして、つぎの成長期が始まるときにまた毛根の深部で新たに黒髪生成工場ができる仕組みになっています。

 

これが、黒髪ができるメカニズムです。

 

【スポンサーリンク】

 

白髪が生えるメカニズム

「ヘアサイクル」と「黒髪が生えるメカニズム」の説明をしました。ここまでOKですか?

ここまでわかれば白髪のメカニズムはもう簡単です!!

 

それでは本日の本題!!

2011年に解明された白髪になるメカニズムについてです。

 

先ほど黒髪になるメカニズムで、黒髪生成工場が、脱毛と同時になくなり、また成長期に新たな工場ができると書きました。

しかし、白髪になる場合は、新たな工場が出来なくなってしまうんです。

※正確に言うと、工場自体は出来上がるのですが、黒髪の生成に必要な場所以外に工場ができてしまうんです(>_<)

 

これが一部解明された白髪になるメカニズムです。

 

白髪になる原因は?

で、なぜ本来あるべきところ以外に工場が建ってしまうのかというと、「ゲノムストレス」が原因と言われています。

ゲノムストレスには、紫外線・精神的ストレス・過酸化水素による影響(カラーやパーマ)があります。

つまりこれらの影響により活性酸素が発生することで、黒髪生成工場にエラーが起きて本来のところ以外に建ってしまうんです(>_<)

そして、黒髪が生えてこなくなると・・・。

 

これが白髪になるメカニズムです。

 

 

で、繰り返し「一部解明された」と書いていますが、それは、この話だけでは説明がつかないことがあるからです。

 

というのも、1本の毛髪の中に黒髪の部分と白髪の部分が混在している場合があるんです。

皆さんも自分の毛髪を抜いたときにそのような経験ないですか?

「あれ?白髪だと思って抜いたのに、途中から黒髪になってる!!」みたいなやつです。

※毛髪は抜かない方がいいですよ
「白髪は抜くと増える?いいえ、薄毛/細毛/クセ毛になります。」

 

 

今回解明された話で考えると、黒髪生成工場は毛髪が脱毛するときに一緒になくなるまでは、毛根内に存在してずっと黒い色素を毛髪内に送り込んでいるはずなんです。

ということは、一本の毛髪で黒髪と白髪が混在している現象は起きないことになりますよね?

 

でも、実際には毛先側は黒髪なのに、根元側は白髪の毛髪とか、その逆パターンなども見かけます。

 

ということで、今回の話だけでは白髪のメカニズムのすべては説明がつかないんですよね。

こちらの解明はまだできていません。

 

というかこの原因は、ざっくり言えば老化なんでしょうね・・・残念ながら・・・。

 

ということで今回解明された白髪になる原因を取り除いても、結局、老化とともに白髪は増えていくと思います。

でも、もともと遺伝的に白髪になりやすい人でも、今回の原因を取り除くと白髪発生の遅延が可能かもしれないということですね。

 

 

ということで次回は、今回解明された白髪になる原因である

  • 紫外線
  • 過酸化酸素(パーマ・カラー)

から頭皮を守る予防方法について考えてみようと思います。

 

※精神的ストレスについてはそれぞれの環境のことですので僕から特にいうことはありません(;^ω^)

 

◆過酸化水素を利用しない白髪染め
「ヘアカラートリートメントおすすめランキング」 
「ヘアカラートリートメント特集」

 

◆更新しました
「白髪が出来る原因・メカニズムが解明された!?」
「白髪の予防方法1、紫外線対策」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング