発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

前回のHARG治療育毛メソセラピーでも出てきた「成長因子

今後の副作用のない育毛/発毛方法の記事の中でとても重要な成分である

この「成長因子」について詳しく説明していきます。

「病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?」

 

【スポンサーリンク】

 

成長因子=グロースファクター(GF)とは

成長因子=グロースファクター(GF)とは・・・

動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間の信号物質として働く。

WIKIより 「成長因子とは」

ちょっと意味わかりづらいですよね(>_<)

 

毛髪に特化した話をすると、

細胞分裂(新陳代謝)をして、新しい細胞が作られるときには、

細胞分裂を司る因子が必ず必要になります。

この因子が、成長因子(GF)です。

 

そして毛髪も細胞の集合体です。

毛髪も細胞分裂の繰り返しによって成長しています(毛髪の発毛や伸長)

この毛髪の細胞分裂による成長の際にも、毛髪の成長を司る因子のことを

成長因子=グロースファクター(GF)といいます。

 

ちなみに成長因子を作り出す能力は加齢とともに減少します。

成長因子が減少すると、毛母細胞の細胞分裂の停止や分裂スピードが遅くなり

細毛・抜け毛・薄毛の原因になります。

 

発毛に関係する成長因子=グロースファクター(GF)の種類

ここでは特に発毛・脱毛に関係する成長因子について説明していきます。

前回紹介したHARG治療や育毛メソセラピーや今後紹介していく予定の育毛剤

も様々な成長因子を配合することで発毛を促すものです。

成長因子=グロースファクター

FGF-5・・・

FGF-5は脱毛因子です。つまりFGF-5が脱毛司令を行うことで薄毛になります。

FGF-5は常に出現しているわけではなく、毛髪サイクル中の「成長期後期」に

出現します。

つまり、髪の毛が抜ける前にFGF-5が出現していることがわかっています。

 

通常の脱毛治療(プロペシア等)で、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を

抑制する理由も、最終的にFGF-5を通常の毛髪サイクル

(男性は2~5年 女性は4~7年 参考文献により異なる)

での成長期後期よりも早くFGF-5を出現させないための治療になります。

通常の毛髪サイクルでの成長期後期よりも早くFGF-5が脱毛指令を

出してしまうことが問題の為。

「男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)が原因?」

 

FGF-5S

FGF-5の脱毛指令を抑制する成長因子。

この因子は、FGF-5によって髪の毛が抜けるのを阻止する働きを持っています。

※FGF-5を阻害することが出来ても、それは脱毛指令を止めただけですので

発毛するわけではなく。今ある毛がそのまま長毛になるだけです。

ですので発毛因子は別に必要です。

●FGF-5Sを生成する育毛剤⇒チャップアップ(CHAP UP)

 

FGF-7(KGF)(ヒトオリゴペプチドー5 )

FGFはさまざまな細胞に対し「増殖」「分化」等の活性を示す

多機能性シグナル分子です。

FGF-7はKGFとも呼ばれます。

KGFは「角化細胞増殖因子」「角質細胞増殖因子」「ケラチノサイト増殖因子」等と

訳されます。

発毛に関しては、FGF-7が毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に働きかけて、

毛母細胞の増殖、分裂を促すことで発毛 させると 考えられています。

●KGFが配合されている育毛剤⇒【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

●KGF産生を促す成分を配合した育毛剤
⇒「ザスカルプ5.0c 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果
⇒「資生堂アデノゲン発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

FGF-7について詳しくはこちら

「FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力」

 

FGF-1(ヒトオリゴペプチド-13)(aFGF)

FGF-1は真皮層にまで浸透し、線維芽細胞

(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸生成細胞)

にはたらいて、成長と増殖を強力に促します。

線維芽細胞が活性化すると、コラーゲンが豊富になり、

ハリ・弾力・透明感・潤いを保った若々しいお肌を作り出します。

特にFGF-1は、線維芽細胞成長因子(FGF)の中でも

強力な細胞分裂促進効果を与えることが知られています。

・毛髪の成長促進。白髪の発生を抑制。
・血管新生作用により毛根に活力を与える。

●FGF-1配合育毛剤⇒「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

 

FGF-2(bFGF)

FGF-1と同じく線維芽細胞成長因子です。

中胚葉構造に 強力な細胞分裂促進効果を与える。

FGFファミリーのなかでも、bFGF(FGF-2)だけが医薬品登録であり

化粧品原料には使用できません。

 

FGF-10(KGF-2)

FGF-10は繊維芽細胞増殖因子のファミリー(FGF)で、

毛乳頭細胞から出される「ケラチノサイト(毛母細胞=毛髪のもと)増殖因子」です。

FGF-10が生産されると毛母細胞が増殖し、発毛が促進され

しっかりした髪が育ちます。

●FGF-10を増加させる成分が配合されている育毛剤
M-1ミスト【女性】 M-1育毛ミストで発毛シグナル(FGF-10)が300%アップ♪
M-1ミスト【男性】

 

IGF-1(合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31

インスリン様成長因子とも言われる。

このIGF-1の血中濃度が上昇すると、多毛症になることが判明しています。

IGFは細胞を活性化する働きがあり、毛母細胞や毛乳頭の維持・増殖に作用し、

発毛機能を促します。

KGFと同じく、再生治療でも利用されている有名な成長因子です。

AGAの原因「男性ホルモンDHT」は毛根のIGFを減少させると言われています。

●IGF配合の育毛剤⇒「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】

 

HGF

肝細胞増殖因子。

細胞増殖促進、細胞運動促進、血管新生といった働きをもち

毛根において休止期の毛包を成長期へ導く働きを持つ。

肝細胞が強い再生能力を持つのはこの因子の働きによる。

 

VEGF

血管内皮細胞増殖因子。

毛乳頭細胞から放出される因子の一つで、毛周期の成長期維持因子として

知られる。新生血管の生成を促進する。

 

プラセンタエキス

胎盤から抽出されたエキス。

プラセンタに多く含まれるタンパク質、アミノ酸、糖質、ビタミン、ミネラル等が

細胞形成の材料になり、毛根機能を活性化させ、脱毛予防、健髪を育てる。

●プラセンタエキス配合育毛剤
⇒「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】
⇒「ザスカルプ5.0c 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果

 etc

 

他にも成長因子=グロースファクター(GF)と呼ばれるものは多くありますが

もう読み疲れてきましたよね(>_<)

僕も書き疲れてきました(^_^.)

 

これ以上のGFは今後必要な時に必要なタイミングで解説していきますね。

 

まぁこんな感じで、成長因子ってのは直接的に発毛や脱毛に関して

シグナルを送る因子たちで、副作用の心配をせずに

発毛の期待ができるすごいやつらなんです。

 

各成長因子の説明の最後に、その因子配合や促進させる育毛剤を

載せていますが、HARG療法や育毛メソセラピーなどは

各病院で使用する成長因子が違いますので、個別には記載していません。

 

【スポンサーリンク】

 

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】はザスカルプ5.0cより上??

といいますか・・・

今まで「ザスカルプ5.0c 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」を副作用のない育毛剤の中で

一番お勧めと言っていたのですが・・・

 

すいません(>_<)

 

僕の勉強不足というか・・・。

 

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】」の方がすごいかもと思う今日この頃。

 

だって、どちらにも同じようにミノキシジルの3倍も育毛効果があるキャピキシルが

高濃度5%同じように配合されていて・・・。

 

でも・・・成長因子の量や質は「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】」の方が

 

・・・

 

でした(>_<)

 

詳しくは近いうちにご紹介いたします。

更新しました。

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

 

あっ「ザスカルプ5.0」ご購入いただいた方。

これも問題なく最高峰の育毛剤の一つですので安心してご利用くださいね。

 

かならず「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】」の方が

優れているというわけじゃなく・・・。

 ⇒「deeper3Dとザスカルプ5.0Cの育毛効果を比較。違いは?」

 

発毛育毛ミスト[M-1] 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」とかも「世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞して

普通にテレビのニュースでそのことが取り上げられたような育毛剤ですから。

かなり期待の育毛剤だったり・・・。

 

といろいろあるんです。

あとは以前書いたように、人それぞれ。相性ってやつですね。

だから【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】が効果ない人でも

発毛育毛ミスト[M-1] 発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果は効果あるかもしれないし・・・と。

 

その中でも今のところは【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】

が僕のハートを射抜いた )^o^(

 

ってことです。

 

また、新しく僕のハートを射抜く育毛剤が出るかもしれませんがw

 

その時はまた紹介させていただきますね。

 ⇒「FGF-7に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力」

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ