病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?

病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?

薄毛治療病院を探していると、プロペシアとミノキシジルの併用治療などのAGA(男性型脱毛症)治療と並んで、HARG療法育毛メソセラピーも見かけますよね。

 

今回はそれぞれの違いを見ていきたいと思います。

※この記事は基本的には男性女性問わずの記事です。

 

【スポンサーリンク】

 

プロペシア等のAGA治療と、HARG療法や育毛メソセラピーの違い

プロペシア等のAGA治療とHARG療法・育毛メソセラピー効果・メリットやデメリットについて説明していきます。 

 

AGA治療の効果・メリットやデメリット

プロペシアの服用を中心にして5αーリダクターゼの抑制を抑えることでジヒドロテストステロンの生成を阻害して脱毛を解消。&ミノキシジルの外用薬や内服薬で発毛を目指す。
「AGA(男性型脱毛症)治療。初めは病院のフィナステリドがおすすめ」
「Ⅱ型5α―リダクターゼを抑制してAGA(薄毛を)改善する方法」
「ミノキシジルは血管拡張効果で発毛するわけではない!?」

 

メリット

AGA治療とHARG療法・育毛メソセラピーの中では価格が一番安い。

特に一度病院で受診して処方してもらえば、その後は同じ育毛剤が個人輸入代行でかなり安く購入できます。

 

●一番長く行われている治療ですので、発毛実績や症例が世界中にある事。

 

デメリット

●ごく稀にではありますが副作用があるところ。
「フィナステリド(プロペシア/プロスカー)の育毛効果と副作用は?」
「ミノキシジルとプロペシアどっちの方が副作用が強い?」
「プロペシアの後遺症。ポストフィナステリド症候群の恐怖」

 

●服用を止めたのと同時にまた脱毛が始まります。(その後のケアでどこまで維持できるかが大事になります。)

 

HARG療法とは?メリットやデメリットは?

メソカクテル(血管拡張薬、ビタミンB、コエンザイムQ10などを含む薬剤)とAAPE(女性から採取した脂肪幹細胞から分泌された、成長因子を含んだタンパク)を加えたHARGカクテルというものを投与(頭皮から直接注射などで)します。その結果「99%の人に発毛が現れる」と言われています。

※発毛因子についてはこちら
「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

メリット

●副作用がない。半年ほどの治療期間(6回ほどの受診)で発毛後は、成長因子を注入せずとも、毛髪再生効果が持続します。

(加齢とともに緩やかに薄毛にはなっていく)

 

●AGAの他に、ストレスや生活習慣からくる抜け毛や若はげ、AGA治療薬(プロペシア)の使用できない女性の薄毛にも有効。

 

デメリット

●価格が高い(半年1クールで120万)

 

※HARG両方について、詳しくはHARG療法の開発者「福岡大太朗」が院長を務めるHARG治療センター(新宿駅西口徒歩1分)のサイトをご確認ください。

 

育毛メソセラピー

毛髪再生に有効な成長因子(ケラチン細胞増因子・幹細胞増因子、インスリン様成長因子など)を注入し(注射など)、発毛と育毛を促進する。(HARGに近い) 

※発毛因子についてはこちら
「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

 

メリット

●副作用がない

●AGAの他に、ストレスや生活習慣からくる抜け毛や若はげ、AGA治療薬(プロペシア)の使用できない女性の薄毛にも有効。

●成長因子に働きかけて発毛させるので治療終了後も毛髪再生効果が持続。
(加齢とともに緩やかに薄毛にはなっていく)

 

デメリット

●価格が高い。1カ月に1回、半年ほど続けるのが効果的。
6回で50万~100万ほど(内服薬も含めて)

※治療実績の多い病院で詳しくご確認ください
東京ビューティークリニック

TOMクリニック美容外科 育毛メソセラピー

 

【スポンサーリンク】

 

いかがですか?HARG等を初めて知った方にはわかりづらいですよね(>_<)

上記でよく出てきた成長因子というモノについては次回詳しく説明していきますね。

※発毛因子についてはこちら
「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」

 

一旦まとめ

要はAGA治療でプロペシア等を使った治療の場合は、脱毛の最初のきっかけのジヒドロテストステロンの生成を抑えることに重点を置きます。

しかし、この方法は男性ホルモン「テストステロン」が減少した分を補うために、テストステロンよりも強いジヒドロテストステロンを生成しようとする体の作用を阻害することで脱毛を抑える方法なので、少なからず副作用があります(ホルモンバランスを崩してしまうため)

 

それに対して、HARGやメソセラピーは「脱毛」や「発毛」の最終的な要因。

成長因子の減少や衰えに対して外から直接頭皮に元々あった成長因子を注入しなおすことで発毛を促す。

つまり「毛包を若返らせて、通常の発毛のサイクルに戻す治療?」という解釈が近いかなと思います。

 

元々あるものを外から入れてあげるだけですから、副作用もないし、若返らせる事で発毛をさせていますので、治療終了後すぐに脱毛が始まらない!!

(加齢とともに徐々に薄毛にはなります)

 

ちなみにプロペシアやミノキシジルの内服と育毛メソセラピーのダブル治療でより発毛を促進させる方法も各病院で多く利用されています。

 

どこの薄毛治療病院に行けばいいか?

ここ最近は薄毛治療の専門医はかなり増えています。どこに行こうか迷うところですよね。

でも、考え方はシンプルだと思います。それは、なるべく多くの症例と治療方法を持っている病院がベストだと思います。

つまり専門病院ですね。(僕の知る限り内科とかでもフィナステリド錠の処方をしていますがそういうところではなく・・・)

 

いろいろな症例に対して、過去に合った症例と照らし合わせつつ、あなたに向いている方法をいろいろな治療方法からチョイスしてくれますからね。

 

そして万が一のトラブルの時にも、安心だと思います。

 

となると、

◆男性では「AGAスキンクリニック AGAスキンクリニック」(女性もOK)

◆女性では東京ビューティークリニック TOMクリニック美容外科 育毛メソセラピー

辺りが上記の条件に当てはまる病院です。(その他にもありますので以下まとめてあります)

 

 

もともとHARG治療に興味がある方で東京近郊にお住まいでしたら、開発者がいる病院HARG治療センター(新宿駅西口徒歩1分)に受診するのが一番いいかなと思います。

(ここはHARGの専門病院です)

 

その他地域でも、HARG療法の開発者「福岡大太朗氏」の指導の下、治療をしている病院も多くあります。

 

「HARG」も「育毛メソセラピー」も「プロペシアやミノキシジル」も、全ての治療方法から選択できるところもありますのでその辺は以下に記載の全国のクリニック一覧で確認してみてください。

 

全国のHARG治療/育毛メソセラピーの治療病院

男女OKの治療院

AGAスキンクリニック AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

東京(新橋・秋葉原・新宿・西新宿・渋谷・池袋・銀座・品川・上野)・神奈川(横浜)・埼玉(大宮)・千葉(柏・船橋)・大阪(梅田・難波)・兵庫(神戸)・北海道(札幌)・青森・秋田・宮城(仙台)・富山・愛知(名古屋)・高知・愛媛(松山)・島根(松江)・岡山・広島(福山)・福岡・沖縄(那覇)

================

AGA治療 新宿中央クリニック

HARG治療訴求

 

==================

秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニック

 

==================

 

女性専門の治療院

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

東京(銀座・新宿・渋谷)・埼玉(大宮)

※上記「AGAスキンクリニック AGAスキンクリニック」とビューティークリニックは系列店です。「AGAスキンクリニック AGAスキンクリニック」でもビューティークリニックと同じ治療を受けられますので、ビューティクリニックが近くにない人はAGAスキンクリニックに女性でも行かれて問題ありません。(AGAスキンクリニックの店舗については上記、男性の治療院の各都市をご参照ください)

================

TOMクリニック美容外科 育毛メソセラピー

東京(新橋)・大阪(梅田)

================

 

薄毛の遠隔診療始まりました♪

2017年~、自宅に居ながらにしてスマホのテレビ電話で医師から薄毛の診察を受けられるようになりました♪

必要とあらばお薬も自宅に届きます。薄毛の悩みを抱えているけど病院に行くのは恥ずかしいという人にはとっても朗報ですね♪

男性型脱毛症(AGA)に最も効くのは間違いなく医師から処方されるお薬ですので。

「薄毛(はげ)治療のおすすめは遠隔診療の時代へ??」

「赤坂クラウドクリニックで処方される薄毛(ハゲ)治療薬について」

⇒「赤坂クラウドクリニックホームページへ


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ