男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)が原因?

男性の薄毛の原因はAGA?

男性で薄毛に悩んでいる人は多くいらっしゃると思います。

当店にご来店のお客様でも、一番早い人では二十歳ですでに「きてるな(>_<)」と感じる方もいらっしゃいます。

 

今回は男性の薄毛になる要因などについてまとめています。

 

とその前に更新しました↓↓

==========

◆【薄毛の遠隔診療始まりました♪】

2017年~、自宅に居ながらにしてスマホのテレビ電話で医師から薄毛の診察を受けられるようになりました♪

必要とあらばお薬も自宅に届きます。薄毛の悩みを抱えているけど病院に行くのは恥ずかしいという人にはとっても朗報ですね♪

男性型脱毛症(AGA)に最も効くのは間違いなく医師から処方されるお薬ですので。

「薄毛(はげ)治療のおすすめは遠隔診療の時代へ??」

「赤坂クラウドクリニックで処方される薄毛(ハゲ)治療薬について」

⇒「赤坂クラウドクリニックホームページへ

==========

 

【スポンサーリンク】

 

男性の薄毛の原因一覧

男性の薄毛の原因には

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 睡眠不足(5時間以下の人は抜け毛が多くなりやすい)
  • 偏食(バランスの悪い食事)
  • タバコを吸う人
  • 社会的ストレスの大きい人

等が挙げられます。

 

ちなみに断トツで1番の要因になるのはAGA(男性型脱毛症)による薄毛です。

 

つまり、男性ホルモンが関与する、遺伝的な薄毛ですね。

 

それ以外の原因「睡眠不足」「偏食」「タバコ」「ストレス」についてですが、例えば

  • 仕事が忙しくて睡眠不足で、
  • 仕事の接待が多くて偏食で
  • タバコを吸っていて
  • 会社で中間管理職で、上司と部下の狭間で大きなストレスを抱いている人。

これ↑↑に当てはまる人って結構いると思いますが、そういう人がみんなハゲているかと言ったら、そんなことなくて、毛ボーボーの人もいますよね。

 

同じ生活ストレスを抱えているのにハゲる人とハゲない人がいるんです。

 

ということは男性ホルモン関連の要因以外というのは、あくまでも間接的な要因であって直接的に薄毛に関与している要因ではないんです。

 

元々AGA(男性型脱毛症)の遺伝を抱えている人が、「睡眠不足」「偏食」「タバコ」「ストレス」を抱えていると、AGAによる脱毛が促進されるきっかけになる、という解釈が正しいと思います。

 

つまり、AGAを抱えている人が、「睡眠不足」「偏食」「タバコ」「ストレス」を改善することで進行を遅らせることは可能だと思います。

 

AGA(男性型脱毛症)になる理由。原因とは。

精巣(睾丸)内で産出・分泌される男性ホルモン(テストステロン)5αリダクターゼ(毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素の一種)が反応すると、テストステロンより強い男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が生成されます。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭にある男性ホルモンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合して脱毛因子「TGF-β」を作ります。

凹凸の関係ですね。

  • 凹=男性ホルモンレセプター
  • 凸=ジヒドロテストステロン

この2つが結合して「☐」になると脱毛因子「TGF-β」が作られる。

 

その「TGF-β」という因子から、FGF-5(タンパク質)に信号が送られ、そのFGF-5が毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛が抜けるように」指令を出します。

 

ここまでの一連の流れで、脱毛が起きます。

これがAGA(男性型脱毛症)のメカニズムです。

 

ややこしいですね(;^ω^)

 

 

【スポンサーリンク】

 

まとめ

  1. 男性ホルモン「テストステロン」が5αリダクターゼ(酵素)と結合して男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を生成
  2. DHT(凸)が男性ホルモンレセプター(凹)と結合して脱毛因子「TGF-β」を生成
  3. 「TGF-β」から、FGF-5(タンパク質)に信号が送られ、そのFGF-5が「髪の毛が抜けるように」指令をだす

 

脱毛・薄毛が始まる(>_<)

 

ですので、

1,2,3番どれか一つの働きでも阻害することが出来れば、AGAの脱毛を解消できるわけです。

 

 

次回からは、それぞれの解消方法はあるのか?

それぞれの成分がどういうものなのかを解説していきます。

 

 

更新しました。

1、5αリダクターゼを抑制してDHTを生成させない成分・・・

フィナステリドキャピキシル・ノコギリヤシ

 

3、FGF(成長因子)に働きかける発毛法・・・

「発毛における成長因子(IGF/FGF/KGF/VEGF等)の効果」
「FGF-7(KGF)に見る成長因子(グロースファクター)の発毛力」
「病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?」

 

1.3どちらにも働き掛ける最強育毛剤

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

 

★おすすめ育毛シャンプー

 

薄毛の遠隔診療始まりました♪

2017年~、自宅に居ながらにしてスマホのテレビ電話で医師から薄毛の診察を受けられるようになりました♪

必要とあらばお薬も自宅に届きます。薄毛の悩みを抱えているけど病院に行くのは恥ずかしいという人にはとっても朗報ですね♪

男性型脱毛症(AGA)に最も効くのは間違いなく医師から処方されるお薬ですので。

「薄毛(はげ)治療のおすすめは遠隔診療の時代へ??」

「赤坂クラウドクリニックで処方される薄毛(ハゲ)治療薬について」

⇒「赤坂クラウドクリニックホームページへ


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ