抗がん剤などによる脱毛時の医療用かつらについて

抗がん剤用医療ウィッグについて

たまにタイトルのように、「脱毛を伴う抗がん剤治療をするので医療用ウィッグを探している。」という相談を受けることがあります。

その時にアドバイスすることを書いていこうと思います。(ちょうどメールでそのような問い合わせもいただきましたので)

今回は医療用ウィッグを対象にしています。

 

【スポンサーリンク】

 

医療用ウィッグはどこで購入できる??

まずは医療用ウィッグを購入できる場所ですが、ざっくりと4つに分けられます。

  • デパートや百貨店のウィッグ売り場
  • 美容院
  • ネットショップ
  • 病院

以下ではそれぞれの特徴とメリットとデメリットを一個人の意見としてまとめてみました。

 

デパートや百貨店のウィッグ売り場のメリットとデメリット

ビルなどに入っている直営サロンや、百貨店などのウィッグ売り場に店舗を構えている有名メーカー「アデランス(フォンテーヌ)」や「アートネイチャー」が良いと思います。

以下では、かなり親しい友人が百貨店のフォンテーヌで勤務していて内情を結構知っていますので、フォンテーヌを参考にしてメリットデメリットを記載していきます。

※アデランスとアートネイチャーの2社はほとんど同じシステムを持っているので、大体似たようなもんだと思います。

 

抗がん剤の脱毛による医療用ウィッグについて

【メリット】

●確かな品質

==========

●その場で色々なウィッグを試せる。(大体個室があります)

==========

●種類が豊富。

「フォンテーヌカタログ」

==========

●サイズ調整のプロがいる。(これは一番のウリだと思います)

各店舗にウィッグの内側を縫ってくれるプロがいます。

脱毛の進み具合によって毛髪を含めた頭皮の外周の面積は変わりますよね。

脱毛の始まり時期の頭皮の外周に合わせたウィッグだと、脱毛が進んだ時に「ブカブカ」になってしまいます。(つまりまだ毛髪が残っている状態でウィッグを合わせると、ほとんどが脱毛した時にサイズが合わなくなります)

そんな時にお店にもっていくとプロがウィッグの内側を丁度いいように縫ってくれます。

逆に生え始めるときつくなってきますので、都度都度その人にフィットするように調整してくれるんですよね。

これは結構大きなメリットだと思います。

※基本的には自分でもサイズ調整できるようになっています。

 

 

【デメリット】

●価格がほかの購入方法よりもかなり高い。おそらく倍以上高いです。

百貨店やデパート・ビルにお店を構える「家賃」や、ウィッグを売るためだけに常駐している「スタッフへの給与」分がすべてウィッグ代金にかかってくるのでかなり割高になります。同じフォンテーヌでも美容院に出荷している場合は、家賃と人件費が掛からないので半額~1/3ほどでほぼほぼ同じ作りのものが購入できます。(またく同じものが半額~1/3というわけにはいきませんので品番は違います)

==========

●ウィッグ販売だけでその店舗を維持しないといけないので、接客に信用できるかが疑問。

「お似合いですよ♪」の言葉は本音かどうか・・・。

販売スタッフによりますが。

==========

●お客さん自身の性格によっては、一度来店していろいろ試すと不本意ながら「断れずに購入してしまう」人もいるのではないか。(エステサロンのように)

==========

【最後に】

既述の親しいフィンテーヌ勤務の知人によれば、突然来訪されるよりも、予約をいただけると準備が出来てありがたいそうです。おそらく美容院でもそうであるようにアートネイチャーでもアデランスでもそうなんだと思います。

来店の際は予約をされるといいかもしれませんね。

⇒「レディースアートネイチャー

⇒「レディスアデランスのオーダーメイドウィッグ

 

美容院で購入するときのメリットとデメリット

各サロンの方針や、仕入れ先のディーラーによって少し事情が変わってきますので、その辺も含めてご説明します。

美容院卸で最もメジャーなのはフォンテーヌだと思いますのでそちらをイメージして説明します。(美容院用のフォンテーヌと百貨店のフォンテーヌではデザインが違います。)

美容院のフォンテーヌ

【メリット】

●付き合いのある美容師に似合っているかどうか本音を言ってもらえる。

(美容院の現場だと似合っていないウィッグをごり押しするメリットが少ないです。だって、それで信用を無くしたらそもそも失客しちゃうかもしれませんから)

===========

●付き合いのある美容師に相談できる安心感&その方のヘアスタイルに合わせてウィッグを調節(カット)してもらえる

===========

●百貨店のフォンテーヌとほとんど同じ品質なのに半額~1/3くらいの価格で購入できる。

===========

 

【デメリット】

●ウィッグ専門のプロではない。

===========

●ウィッグを取り揃えているサロンは少ないので、2,3個注文して後日伺って「お試し」をする。という形になるので手間がかかる。

特に治療中の場合、出かけるのもつらい時もあると思うので考えモノ。

百貨店などよりも取り揃えが少なく最終的に気に入るウィッグがなかった時に、改めて違う方法(百貨店かネット)で購入しないといけないので手に入るまでに時間がかかるときもある。(そもそも美容院で扱えるウィッグの総数は百貨店のものに比べて少ないです)

===========

●百貨店でのフォンテーヌで記載の「都度都度の頭皮サイズに合わせて縫って調節する」という技術を持っている美容師は少ない。(おばさま美容院の中でも特に積極的に扱っているサロンなどにもしかしたら手縫いできる人がいるかも・・・くらい出来る人は少ないです)

※裏技ですが、美容院で購入したウィッグも「嫌々」ながらも、百貨店などのフォンテーヌにもっていくと縫ってくれるそうですよ。嫌々ながら(;^ω^)

===========

●重複になりますが、百貨店などで取り扱っているフォンテーヌよりも、取扱数は少ない(人気のデザインに限られている)

「美容院専売フォンテーヌカタログ」

 

ネット直売ウィッグ専門店のメリット・デメリット

色々メーカーがあるみたいですが、僕の知っているウィッグメーカー(【ライツフォル】 )をベースに説明していきます。

※今現在フルウィッグの扱いは終了しているようです。分け目隠しなどの部分ウィッグになっています。以下飛ばしていただくと、最終的にどこがいいかの結論が記載されています。

※直営店を構えるアートネイチャーやアデランス、スベンソンでも自宅に来てもらえるそうです。その際は事前予約が必要です。

⇒「レディースアートネイチャー

⇒「レディスアデランスのオーダーメイドウィッグ 

 

 

メリット

●メーカーからの直営なので、品質は良いが価格はかなり安い

===========

●宅配無料試着サービスがある。

気になるデザインを2つまで自宅に送ってもらい、「自宅でお試しいただけます」。

送料、返送料、試着料、すべて無料でお届けいたします。試着だけのご利用で、購入されなくてももちろんOK!

【ライツフォル】 メーカーサイトより抗がん剤などによる脱毛時の医療用かつらについて

です。

 

これがこのメーカーの一番のメリットだと思います。

だって、1回は2スタイルまでは無料でご利用できますから、美容院や百貨店の専門店で相談するのがなかなか気が引けるという場合はとりあえずウィッグつけるとどんな感じかを自宅でゆっくり邪魔されずに試せますので。

で、それを参考にフォンテーヌで購入するのも手ですしね(;^ω^)

 

だって、いきなりフォンテーヌ行くと「あれよあれよ」という間にいろんなウィッグが運ばれてきて、いろいろ試着させられて「お似合いですよ」と褒められて、気づいたらお会計してた( ゚Д゚)

なんてことにもなりかねませんので、まずはウィッグに対する免疫を付ける意味でも、無料で試せるなら「ライツフォル」さんには申し訳ないですが、うまく使うのも手ですよ(笑)

===========

●上記の理由で、自宅でゆっくり冷静に試せる、&一番近くではっきりと言ってくれるご家族のご意見を参考にできる。

===========

●すでに脱毛が始まっているタイミングでのウィッグのご検討であれば、家族以外に見られずにご自宅で試せる。&体調が悪くても百貨店や美容院に行く大変さがない。

===========

●サイズ調整が自分で出来る

===========

●14時までなら注文後即日発送で、最短なら翌日に届く(試せる)

 

デメリット

●宅配無料試着サービスが無料なのは初回だけ。(2回目以降の宅配試着にはトータル1500円かかります。購入したときは、1500円を引いた価格の請求。購入しなかった時は返金はされません)

※そもそも1回目の無料試着サービスが異常なだけで、2回目のお試し試着の発送・返送料金で1500円かかるのが普通のことだと思いますので、これがデメリットになるかは考え方次第ですが・・・。

===========

●上記2つの購入方法と違い、担当者の顔が見えないことへの不安感??(百貨店の販売者さんや、行きつけの美容院からの購入なら何かあった時にクッションの役目をしてくれますので)

===========

専属美容師の手でご希望通りのスタイルに長さ・カール 調整をしてお届け致します。

ということですが、

調節してもらった状態のものが最終的にお手元に届くので、美容院などのように目の前で直接調節してもらえるわけではない。

※行きつけの美容院に相談すれば、その美容院で調節してくれるところも結構あると思います。(おそらくしてくれてカットだけだと思いますが)

===========

 

【スポンサーリンク】

最終的にどのウィッグがおススメ??

結論から言えば、お値段に問題なければ来店して多くのサンプル試着が出来たり、体調によっては自宅まで来てくれる「アートネイチャー 」「アデランス 」などの大手メーカーがやはり一番良いと思います。

(あくまでも医療用ウィッグの場合です)

 

確かに価格は高いですが、一番アフターケアは手厚いと思います。メリットで書いたように手縫いでウィッグの調節してくれるのはありがたいと思います。(最近は多くの医療用ウィッグで自分で調節できるアジャスターがついているのでそこをどう考えるかにもよりますが)

 

ですので、価格が合うのであれば「アートネイチャー 」「アデランス」などの大手です。

 

で、品質自体はどこで購入してもそこまで変わりませんので、価格を考えれば美容院のフォンテーヌも候補になってきます。

が・・・正直、自分でいうのもなんですが・・・美容師はウィッグ取り扱いのプロではありません(;^ω^)

 

抗がん剤治療に集中してるときなど、ほかのストレスをなるべくかけたくないと思いますので、その場合はアフターケアが厚い大手メーカーがやはり良いのかもしれませんね。

 

自宅に来てくれるというも大きいですよね。美容院ではまずそこまではないでしょうし。

 

※あくまでも抗がん剤治療などのによる医療用ウィッグの場合の話です。通常の薄毛隠しのウィッグを探すのであればネット販売の【ライツフォル】はかなりアリだと思います。

 

当然美容院のフォンテーヌもおすすめですよ♪

 

★「レディースアートネイチャー公式サイト 

★「レディスアデランスのオーダーメイドウィッグ 

★「美容院専用フォンテーヌ公式サイト」★

【ライツフォル】公式サイト 抗がん剤などによる脱毛時の医療用かつらについて

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ