市販のドライヤーと美容院のドライヤーの違いは?

よく聞かれる質問

「市販と美容院のドライヤーではどう違うの?」

 

「答え」

市販のドライヤーと美容院のドライヤーに正直大きな違いはないと思います。

 あるとすれば「壊れにくさ」これに尽きるのではないでしょうか?

そして前回の記事の中で触れていた重量の話。

「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

勝手なイメージですが重量が重い商品のほうが、壊れにくさは増す。

と思っています。

 

それだけ頑丈なんでしょうかね。

昔、何店舗か美容院を営業していた時に、ある店舗の立ち上げ時に

ちょっとドライヤー安いものにしてもいいかなと思って

1個4000円くらいのドライヤーで揃えたら

どんどん壊れていって|д゚)

 

ほかの店舗でもっと長く使っていたものよりもどんどん壊れていったんです(>_<)

で、結局ほかの店舗と同じ高くて重量のあるドライヤー↓

【 送料無料 】 ノビィ マイナスイオンヘアードライヤーNB3000 ブラック 【 サロン専売品 美容室 美容院 美容師 プロ 愛用 】 【 マイナスイオンドライヤー ヘアアイロン ドライヤー 関連 】

価格:12,830円
(2015/11/7 10:48時点)
感想(1件)

マイナスイオンドライヤーに効果はある?こちらにしたという経緯がありまして。

 

で、やっぱりその4000円くらいのドライヤーって

すごい軽かったんですよね。

 

それに比べてこちらは860g。かなり重いです。

ですので他の記事でも何度も書いているように

一般家庭で使用するにはおすすめではありませんので悪しからず<m(__)m>

 

でも、やっぱりこの重量があるタイプのほうが壊れにくい。

と実感としてあります。

 

それ以外には特別美容院のドライヤーだから

何かが特別優れているわけではないと思うんですよね。

(もちろん美容院も市販のもそれなりの価格のものを対象にして話しているわけですが)

 

やはり美容院で一番重要視されるのは壊れずらさですので。

一日で、すごい回数と時間、ドライヤーを使用しますからね。

そのハードな環境に耐えうる強度がないと困っちゃうんですよね。

 

これこそが、

よく質問される美容院のドライヤーと市販のドライヤーの一番の違いだと思います

<m(__)m>

 

美容院のドライヤーの方がお値段は高いですが、

壊れないのでずーっと使えますので

逆に言えばコスパはいいとも言えますね。 

 

ご参考までに・・・。

 

「低温トリートメントドライヤーを美容師がおすすめする理由」

「マイナスイオンドライヤーに効果はある?」

「ドライヤーで髪が傷む理由」

「傷まないタオルドライの方法」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ