妊娠中のヘアカラーはしても大丈夫?ダメ?

妊婦さんはカラーリングをしても大丈夫?ダメ?

「妊娠中にヘアカラーをしても大丈夫?ダメ?」って話です。

先に結論を書けば、基本的には大丈夫です。(医師に確認はしておいた方が良いと思います)

ですが、この記事を読んでも不安な方は精神衛生上、ヘアカラーは控えた方がいいと思います<m(__)m>

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ヘアカラーと経皮毒と赤ちゃんへの影響

一部の方々の中で、ヘアカラー剤の悪い成分が皮膚から吸収されて(経皮毒)、血中から最終的に胎児のいる子宮内に運ばれて、胎児に悪い影響を及ぼす的なことが言われていますよね。

だから、「オーガニックを使いましょう!!」「無添加を使いましょう!!」etc・・・と。

 

ただこれには医学的根拠は全くありません

ですので、産婦人科の先生でこのようなことをおっしゃる方はあまりいないのではないですかね。産婦人科の先生の多くが「大丈夫」だと経験上おっしゃっているわけですので、やはり「経皮毒」なるものを気にする必要はないのではないでしょうか。

 

そして僕の美容師としての18年ほどの経験上でもカラーリングが影響して胎児に何か影響があったということは聞いたことはありません。

 

ちなみに、僕は「オーガニックを使いましょう!!」「無添加を使いましょう!!」etc・・・って論調自体がそもそも無駄というか意味がない・・・というスタンスですので。

●「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

●「オーガニックって意味あると思います?」

 

本当に防腐剤が無添加だとして、どれくらい製品は持つのでしょうか?

気づかないうちに製品が腐っていて、菌が繁殖している場合、妊婦さんがそんな製品を使用してしまう方がリスクが高くないですか?

それなら、しっかりと国が定めている安全に使用できる量以内で適切に防腐剤が配合されていることで、製品が安定している方が、圧倒的に安全だと思うんですけど・・・。

まあ考え方は人それぞれなんでしょうけど・・・。

 

============

ちょっと話は脱線しますが、妊婦さんが経皮毒を心配するのって先天性疾患などを心配しているのかと思いますが、「経皮毒」などという真実か嘘かわからないような迷信を信じるよりも、厚生労働省が推奨しているように葉酸サプリメントを摂取するなど現実的な施策を講じた方が良いと思います。

※厚生労働省は、妊婦さんに対して食品から摂取する葉酸推奨量480μgとは別に、葉酸サプリメントで400μg/1日、摂取することを推奨しています。

 

※厚生労働省の資料はこちら

要は、

「妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる」

ということが書かれていますが、プテロイルモノグルタミン酸とは合成葉酸のことで、つまりサプリメントの葉酸ことです。

 

僕の奥様もこの情報を参考に妊娠当時葉酸サプリメントを摂取していました<m(__)m>

 

効果があったのかどうかはわかりませんが今のところは無事元気に成長しています(^^♪ 

 

 

 では、話は戻りますが

妊婦さんのカラーリングに対する美容院の対応は?

妊婦さんに対する美容院の対応は、もちろんサロンによって違いますが、

  • 「体調は大丈夫ですか?つわりなどはありませんか?」
  • 「お医者さんの許可は出ていますか?」

みたいなことを確認したうえでカラーリングを実施するサロンが多いのではないかと思います。

 

ちなみに僕も自己判断は怖いので、「お医者さんにはもう染めても良いと言われていますか?」的なことはいつも聞きます。

多くの妊婦さんは、カラーリングをする前の定期検診中などにお医者さんに聞いてくれていることが多いですが、何と言われたか聞いてみると、「自己判断になりますが、安定期に入っていれば・・・まあ・・・自己判断ですが・・・」みたいに言われることが多いみたいですね。

一昔前は「病院で”大丈夫ですよ♪”と言われました!!」という人が結構いましたが、ここ最近は病院側も確実に大丈夫と言って何かあったとこに裁判だなんだと大変なんでしょうね(;^ω^)

自己判断で!!

という言い方が盛り込まれることが多いです。

 

まあそうですよね。

実際はカラーリングが直接的な原因じゃなくても、「カラーリング中」或いは「カラーした後すぐ」に体調に異変が起きて何かしらのトラブルが起きれば、「カラーしても大丈夫だと言ったじゃないか!!」と訴えられる可能性もありますもんね(>_<)

 

なのでこのブログでも言っておきます。

最終的には妊婦さんがカラーをするかどうかは自己判断でお願いしますm(_ _)m

 

妊婦さんのカラー中に特別な配慮はある?

サロンによりけりかと思いますが、一般のお客さんよりは当然気にしながら施術はしてくれると思います、

ただ忙しいとき等サロンの状況によっては、妊婦さんが望むほどの考慮をしてくれるかはわかりません。 (美容院側は気にかけているつもりでも、妊婦さんがそれを満足に感じるかはわかりませんので)

ですので、やはりご自分の体調が良い日に、仮に待たされることも考慮しつつ、ご予約を入れられるのが良いと思います。

※当然妊婦さんであることは十分考慮して施術をしてくれると思いますが、その反面「カラーリングをしても大丈夫という判断のもと来られた」と美容院側は解釈するということは十分ご理解いただきたいと思います<m(__)m>

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

妊娠中のヘアカラーで注意すること

妊娠中にヘアカラーをするうえで注意していただきたいことがあります。

それは、

  • つわりの時期は美容院特有の匂いや、カラーの刺激臭で気持ちが悪くなることがあります。
  • 妊娠によっておこる体質の変化で、今まで大丈夫だったカラーリングにかぶれるなどのケースもあること。
  • 妊娠中(特に後期)に同じ姿勢で何時間も座り続けることで腰痛やむくみ(浮腫)のトラブルの可能性。

 

つわり時期のカラーリングはダメ!!

まあ、これは「言わずもがな」ですよね。

匂いに敏感なつわりの時期に、美容院独特な匂い&カラーの刺激臭を浴びるのは危険です(>_<)

 安定期に入るまではカラーリングは我慢してくださいね<m(__)m>

 

妊娠中はカラーリングでかぶれやすい!?

妊娠中はカラーリングでかぶれやすいとよく言われています。

が、実際に「今まで普通にカラーをされていた方が、妊娠したことでカラーでかぶれるようになった。」というケースは見たことはありません。

ですが、万全を期してパッチテストは必ずしてもらった方が良いですよ。

そしてさらに「薬剤が頭皮につかない」様に染めたほうが良いと思います。(当サロンは妊婦さんにはこれを提案します)

 

腰痛・むくみに注意!!動くときは必ず一声を!!

通常の生活の中では、腰痛やむくみの対策として、マメに立ち上がったり動いたりということをすると思いますが、カラー施術の時は注意していただきたいことがあります。

勝手に立ち上がりますと、お洋服にカラー剤が付いてしまう危険があります。動きたいとき、立ちたいときは、必ず周りのスタッフにひと声かけて動くようにしてくださいね<m(__)m>

 

美容院ジプシー

 

過去、美容院で妊婦さんのカラーリングトラブルはあった?

当然つわり真っ只中の妊婦さんを染めたことはなく、皆さん安定期に入ってからでしたが、美容師として18年働いていて、過去に妊婦さんがカラーリングをしてトラブルが起きたことは経験上ありません。

 

妊婦さんのカラーリングは安定期から出産直前までOK?

妊婦さんでカラーリングをされる方は、ほとんど安定期からです。お医者さんにも「安定期になったら染めても大丈夫ですよ」と言われることが多いからだと思います。(一昔前は。最近は記述のように「自己判断で」と言われることが多いみたいですね)

 

そして、ごくたまにですが「一昨日が出産予定日だった・・・」なんて方もいらっしゃいます。なかなか生まれないからとりあえず染めに来ちゃった・・・って(;^ω^)

 

まあさすがに妊娠予定日を過ぎている人が染めるのはやめた方がいいかと思います・・・。

(予定日前でも、予定日が差し迫っているときは個人的にはお勧めしないです。)

 

だって染めている最中に破水でもしたらどうしましょう?

洗い流す時間すらないですよ(>_<)

 

ということで個人的にはカラーリングをするなら安定期~臨月前までがいいかなぁと思います。

 

もちろんカットだけなら、出産予定日が過ぎていてもOKだと思うんですけどね。

 

カラーリングやパーマはやっぱり、至急の時に洗い流す時間もとれない可能性がありますので、あまり出産予定日の直前にすることはお勧めいたしません<m(__)m>

 

 

 まとめ

ということで、妊娠中のヘアカラーは安定期~妊娠後期中で、特にトラブルなく過ごされている妊婦さんなら施術されてもいいと思います。

でも、その前にお医者さんに一応「カラーをしてもいいか?」は聞いておいてくださいね♪

まあ「自己判断で」と言われてしまうかもしれませんが(;^ω^)

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ