外国人風「グレージュカラー」は黒髪からは無理?ブリーチが必要??

グレージュ1

sherry 【シェリー】より

原宿駅竹下口徒歩1分/明治神宮前3番出口徒歩3分

上記の画像、とてもきれいな外国人風の透け感あふれるグレージュカラー(ダークグレー)ですよね。

ハイトーンカラーじゃなく暗い色だから、黒髪から一発で簡単に染まる色だと思う方もいらっしゃいますよね?

 

でも実は・・・そうでもないってお話ですm(_ _)m

 

※以前似た話も書いているのでそちらもあわせてどうぞm(_ _)m

「外国人風グレージュカラーをするときの注意点」

 

【スポンサーリンク】

 

外国人風カラーにするにはブリーチが必要?

とりあえず上記のヘアカラーをされた原宿の美容室「sherry 【シェリー】」の担当スタイリストさんのコメントを見てみましょう!!

↓↓

全体をブリーチしたあと、グレージュをのせる事で明るく柔らかい印象に☆透明感のあるカラーやハイトーンカラーはブリーチで色を抜く事が必要。

ということで、実はこんなに暗めの色なのに一度ブリーチをしているんですね|д゚)

 

と言っても人によっては「こんなに黒いのにホントに一度ブリーチで金髪にしないといけないものなの??」と思う人もいると思うのでもう一つ実例をm(_ _)m

 

今度は当サロンで染めた後輩の子のビフォーアフター写真です。

(顔出し等々NGだったので、かなり一部を切り抜いています)

=============

ちなみに元のベースは黒髪バージン毛。

 

で、ブリーチはしたくないというので(色落ちした時のことを考えて)、13レベルほどに上がるカラー剤を2発しました(根元は黒のままのデザインでしたので、毛先のみの塗布です)↓↓

 

でここに外国人風のダークグレージュカラーになる6レベルの色味をオン。

で、仕上がりがこれ↓↓

グレージュ2

画像は、光の関係で実際の見た目よりも透け感が出ています。実際はもう少し透け感がないので、良くも悪くも?もう少し染めた感がありません。

 

いかがですか??

 

画像のようにあれくらい一度明るくして(毛髪内部の色素を抜いて)、そこにブルーグレー系のカラー剤を入れることで透け感のある外国人風のグレーカラーが作れます。

 

仮に黒髪バージン毛に、上記グレーカラーになった6レベルのブルーアッシュを直接塗布しても、とっても暗めのダークブラウンになるだけです。

この透け感&アッシュ感は出ません。

=============

 

ということで「外国人風カラー」のポイントは透け感を出すことなのですが、透け感を出すためには毛髪内部の色素をごっそり抜かないといけませんので「ブリーチ」ないしはそれに近いくらいトーンアップをいったんする必要があります。

 

============

仮にですが、

透明のグラスにいっぱいの土が敷き詰められているとして、そこにブルーアッシュの絵具を浸透させても、透け感は出ませんよね?

透け感を出すためには、中の土を取り除かないといけません。

そうすれば中身が空っぽになるので、ブルーアッシュの絵具はその通りの色が発色しますよね。

という感じで、毛髪内部の色素を抜く必要があるんですね。

 

【スポンサーリンク】

 

外国人風グレーカラーを予約するときのお願いm(_ _)m

透け感あふれる外国人風グレージュカラーをするときは、2メイクが必要になります。

※2メイク=ブリーチ作業+ブルーアッシュ塗布と2つの工程

 

ということは当然通常のカラーよりも1.5倍~2倍のお時間を要します。

 

ですので、

  • 通常のワンメイクのつもりでご予約をされたけど、実際は2メイクだった。
  • ご予約が詰まっている

という場合に、各お店によって対応は分かれると思いますが、例えば

  • それ以降の予約がどんどんずれ込む(他のお客さんが待たされる)
  • 2メイクをする本人が、ほかのお客さんの合間で施術をされることになるので途中待たされながら施術
  • 色味にもよるが、本日できるところまで。あとは後日という対応。或いは、そもそも改めて時間を取り直す

等になるんですかね?

 

ちなみにホットペッパーのウェブ予約も、多くのサロンはワンメイクカラー、2メイクカラーのクーポンがそれぞれ出ています。

 

もちろん希望の色が1メイクで済むか2メイクが必要かはお客さんには判断できないこともあると思うので、全く責めているわけではございません。

 

ただ、この記事が参考になって事前に「2メイクかも」・・・とわかれば、予約時に「外国人風カラーにしたいから2メイクかもしれません。」とお伝えいただけると、「それならこの時間が空いていますよ!!」とか、事前に画像をメールしてもらってそのカラーができる施術時間を確保したり(常連さんの場合、うちはこの方法です)、、、といろいろ対応できると思います。

 

その結果、ご予約されたご本人も、その予約以降に予約しているほかのお客さんも、そして美容院側にも、winwinだと思いますので、繰り返しますがわからないのは当然なので責めることは全くないですが、この記事を読んで「そういう理由で待たされることもあるんだぁ・・・」なんてちょっと感じていただければ嬉しいなと思いますm(_ _)m

 

もちろんただただダメサロンで待たされることも多々あるとは思いますが・・・(*´Д`)

 

外国人風グレージュカラーはどこでする?

外国人風グレージュカラーに代表されるような2メイクカラーは、経験がものを言うカラーです。

例えばいつもご年配の方が多くいらっしゃるようなベテラン美容師さんの営業している美容院で簡単にできるかと言われれば難しいと思います。

ですので2メイク系のカラーは、ホットペッパーなどのヘアカタログ集で積極的にグレージュカラーなどをアピールしているサロンにしてもらうのが一番いいですよ。

 

ヘアサロン検索サイト / ホットペッパー ビューティー

 

◆詳しい記事も過去に書いています。
「グレージュカラー・メルトカラーが上手な美容院の探し方」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ