前髪の失敗!短く切られすぎた原因は?

前髪の失敗、短く切られた原因は?

お客さんに前髪のことを「バング」って言っちゃう美容師が嫌いなtakaです(笑)

 

ご自分でも、美容院でも、前髪を切った時に「みじかっ!!( ゚Д゚)」って失敗をした記憶ってありますよね?

 

と言うか検索でこの記事を読みに来ている方は、

ま・さ・に・

「今」

前髪短くなっちゃっているかもしれませんね(>_<)

 

ということで、短くなりすぎた原因を探ってみたいと思います。

 

短くなりすぎた原因=ただただ短く切られた

という当たり前な図式以外の

「こんなケースもあるんですよ。」

って話をしていきますね。

 

どこのサイトも、「どこかのサイトをコピペしただけなんだろうな」ってくらいとおり一辺倒の前髪記事なので、ちょっと違う視点で書いてみようと思います(笑)

 

【スポンサーリンク】

 

ウソっぽいけど、ホントの話なんですが・・・

前髪を切った後に鏡で確認するときにだけ、上目遣いのキメ顔で鏡を確認する方々がいます。

もうピンときましたか(笑)

 

そうなんです。

 

目を瞑ってもらって前髪を切るじゃないですか。

 

んで、要望通り眉毛隠れるくらいの長さにしたとして、「んじゃ、ちょっと確認してもらえますか?」って鏡を見るときに上目遣いのキメ顔になると、当然実際の長さよりも長く見えますよね。

前髪の失敗、短く切られた原因は?

で、「んーもうちょっと切ってください」って・・・。

 

これで美容師が切ってしまうと、大体「短く切られた」といわれます(笑)

 

 

全体の仕上がりを見るときはキメ顔にならない方でも「前髪の確認をするときだけキメ顔になっちゃう方」って結構いるんですよね

 

そうすると前髪だけ確認するときは、上目遣いのきめ顔になるからちょうどよく感じますが、俯瞰的に全体を確認した時に、「あれ!?前髪短い!?」ってなっちゃったりします。

 

【スポンサーリンク】

 

まあ最近まさにそんなことがあったので記事にしたわけですが・・・。

 

僕の場合は、「あっ!!キメ顔しちゃってるな( ゚Д゚)」と気づいたときは、

「前のめりに見ると実際の長さよりも長く感じやすいですので、背中を椅子につけた状態で確認してみてもらっていいですか?それでも長く感じたらもう少し切りますね」と説明するんですよね。

 

なんか想像つきません。前髪だけを確認するときって、キメ顔しながら、目を見開いて鏡にも大分近づいて前のめりになっていますよね?

当然その前のめり状態で確認してから、普通の姿勢になって確認すれば、さっき前のめりで確認した時よりも確実に短くなりますよ( ゚Д゚)

 

特にご自分で切る時なんかは、結構鏡に近い状態で切りますよね。

その場合に、前のめりになりすぎたせいで、切った時は「よし!!」となって、お風呂入って乾かしたら「あれ!?短い!?」みたいな・・・。

 

気を付けましょうね<m(__)m>

 

他にも前髪切りづらいタイプのお客さんもいます。

 

その話は次回です<m(__)m>

 

★更新しました

 

 

★その他カット系の話はこちら

「ショートボブの長さ・髪型って?」

●「美容院で髪の毛スカスカ。すきバサミで梳かれすぎた髪はカットが大変」

●「梳きバサミを使う美容師は下手?上手?」

●「美容院で髪の毛梳かなすぎ?梳きすぎ?」

●「美容師のくせに梳きバサミを使うのはダメ?

●「カット技法の要望をするのは危険!!

「梳きバサミ・ストロークカットで美容師の腕は見極められるか?」

「美容院で短く切られすぎたあなたへ~」

「美容院で短く切られすぎたと感じる実例」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ