凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分解析

凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分解析

rinRen(凛恋 リンレン)レメディアル シャンプー&トリートメントセット ローズ&ツバキの成分解析です。

ノンシリコンシャンプー&トリートメントの割に質感の良い仕上がりになる製品だと思います。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分

【成分】
水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、ヤシ油脂肪酸PEG-7 グリセリル、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ花エキス、ツバキ種子油、ウンシュウミカン果皮エキス、ユキノシタエキス、ヘチマエキス、ソメイヨシノ葉エキス、シ ャクヤク根エキス、アシタバ葉/茎エキス、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ラベンダー油、BG、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、エ チドロン酸、エチドロン酸4Na、エタノール、フェノキシエタノール

 

凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分解析

 

凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの解析

シャンプーで一番大事な洗浄成分の主成分はコカミドプロピルベタインです。

コカミドプロピルベタインは低刺激性・低洗浄力の仕上がりがしっとりまとまる洗浄剤です。(市販のシャンプーではメインの強洗浄力の洗浄剤の補助としてよく配合されている成分です)

ただ、これだけだとかなり洗浄力が弱いですので、アミノ酸系ながら洗浄力の強いラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNaを補助として配合し、さらにメイクのクレンジング成分でもあるヤシ油脂肪酸PEG-7 グリセリルも配合されていることで洗浄力を高めています。

総合的には弱い洗浄力と強洗浄力をバランスよく組み合わせているという印象です。

 

洗浄剤以外では、僕のサイト的な毛髪補修剤は配合されていませんが、各種エキス類やオイル類が保湿力や頭皮環境改善に付与します。

「毛髪補修成分とは??」

※各種エキス&オイルの効果については、凛恋リンレンのサイトに記載がありますのでそちらをご確認ください。⇒凛恋リンレンの各種エキス&オイルの作用説明 凛恋リンレン

 

総合的な評価は、洗浄力のバランスも良く、保湿力も高いので悪くないシャンプーだと思います。

ただ毛髪補修剤などは配合されていませんので、ダメージをこれ以上進行させたくない人や、元々ダメージのない毛髪の人に向いている気がします。

 

凛恋(rinRen) 凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分解析公式サイトはこちら

※おすすめシャンプー解析一覧はこちら

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

凛恋 リンレン レメディアル トリートメント ローズ&ツバキ成分解析

【成分】
水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、ステアリルトリモニウムブロミド、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ダイマージリ ノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ヒドロキシエチルセルロース、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ種子油、ユキノシタエキス、スサビノリエキス、スイゼンジノリ多糖体、オクラ果実エキス、シャクヤク根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ツバキ花エキス、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ラベンダー油、オ レイン酸、グルタミン酸、BG、イソプロパノール、エタノール、フェノキシエタノール

 

基本的には非常に安全性の高い成分で作られたトリートメントです。

ノンシリコンでありながら保湿力の高い成分が多く配合されていますので仕上がりの収まりやしっとり感は高いと思います。

※各種エキス&オイルの詳細は凛恋リンレンのサイトよりご確認ください⇒凛恋リンレンの各種エキス&オイルの作用説明 凛恋リンレン

 

★一つ注意点があります。

トリートメントに配合されているステアリルトリモニウムブロミドは旧表示指定成分です。

================

表示指定成分とは・・・ごくまれに重篤なアレルギーを引き起こすので、現在の全成分表示になる前は、表示指定成分として製品に記載の義務があった成分⇒「旧表示指定成分とは」

================

ステアリルトリモニウムブロミドは、リンス剤と言われるような成分で、毛髪表面に吸着してシャンプー後のパサつきの緩和や帯電防止・毛髪柔軟作用などがある成分です。

ですが、例えばシャンプーは大丈夫だけど、トリートメントを付けるとかゆみが出るなどの場合、ステアリルトリモニウムブロミドを含めた4級カチオン界面活性剤(○○プロミドなど)に反応していることが疑われます。

過去にそのようなことがあった人は避けた方が良いかもしれません。

 

※ステアリルトリモニウムブロミドはごく一部の方にアレルギーがあるかもしれませんが、そうでない多くの方には安全な成分ですので、過去にリンスやトリートメントでかゆみが出た人でなければ気にするような成分ではありません<m(__)m>

 

まとめ

特におすすめ!!というわけではありませんが、このシャンプー&トリートメントを使用してみて、特に問題なく収まりよく仕上がっているようでしたら、問題なく継続的に使用していただける製品です。

凛恋リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキの成分解析

 

 

おすすめシャンプー解析一覧

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ