ラックスルミニーク ダメージリペアシャンプーの成分解析と口コミレビュー

ラックスルミニークノンシリコン1

今回はラックスルミニークダメージリペア ノンシリコンシャンプー&トリートメントの成分解析と使用感をレビューしていきます。

 

以前、この前身のルミニークダメージリペアを解析しましたが、今回はリニューアル版の解析です。

「ラックスルミニークダメージリペアシャンプーを解析。おすすめ?」

 

◆そのほかのラックスシリーズの解析はこちら
「ラックス ボタニカルピュアシャンプーの成分解析」

 

【スポンサーリンク】

 

ラックスルミニークダメージリペアシャンプー&トリートメントの成分

【シャンプー】

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、ホホバ種子油、ダマスクバラ花エキス、アルガニアスピノサ核油、アルギニン、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、酢酸トコフェロール、ビサボロール、PPG-7、ペンチレングリコール、トリデセス-9、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料

 

ラックス ルミニーク ダメージリペア ノンシリコンシャンプー ポンプ 450g

新品価格
¥662から
(2017/8/22 18:16時点)

【トリートメント】

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、ホホバ種子油、ダマスクバラ花エキス、アルガニアスピノサ核油、アルギニン、グルタミン酸、DPG、パラフィン、アモジメチコン、セトリモニウムクロリド、PEG-180M、酢酸トコフェロール、ビサボロール、(C12-14)s-パレス-5、(C12-14)s-パレス-7、PEG-7プロピルヘプチルエーテル、トリデセス-9、PEG-40水添ヒマシ油、PG、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

ラックス ルミニーク ダメージリペア トリートメント ポンプ 450g

新品価格
¥498から
(2017/8/22 18:17時点)

ラックスルミニークダメージリペアシャンプー&トリートメントの解析

「シャンプー解析」

基本的には、ほとんどリニューアル前と変わらず、ホホバ種子油が加わったような感じです。

 

洗浄成分がラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタインなわけですが、これは強洗浄力のラウレス硫酸Naを低洗浄力でマイルドに仕上がるコカミドプロピルベタインで緩和するという一昔前に市販シャンプーでよく見かけた作りです。

 

そこに増粘効果として、コカミドDEA等を配合するのがよくある処方ですが、ユニリーバは増粘効果に塩化Na(塩のこと)を利用しています。

 

この洗浄力の組み合わせでノンシリコンだと洗浄力が強くて「ごわつくんじゃないかなぁ・・・大丈夫??」と少し思うところです。

 

昔の市販シャンプーはこのベースにシリコンを入れてサラサラ感を強引に出しているものが多かったですので。

 

で、つぎの成分が、ウリにしているホホバ種子油。それ以外にもアルガニアスピノサ核油など抗酸化力・保湿力に優れたオイルが配合されています。

あとは、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドというカチオン界面活性剤(毛髪表面に吸着して柔軟性。帯電防止を付与)等が配合されています。

 

つまり洗浄力の強さによるごわつきなどを緩和するために、各種オイルやカチオン界面活性剤を配合して毛髪表面をコーティング・保護するという組み合わせなんですかね。

 

この洗浄力とコーティング力のバランスで洗い上がりの感触が決まる感じです。

 

それ以外で特に僕の考える毛髪補修成分は含まれていません。
「毛髪補修成分とは??」

 

「トリートメント解析」

トリートメントも特別特徴がないというか、

  • ベースの油剤(ステアリルアルコール、グリセリン)
  • ジメチコンやアモジメチコンというシリコン(表面保護・コーティング)
  • ベヘントリモニウムクロリドやセトリモニウムクロリドというカチオン界面活性剤(表面保護・コーティング)
  • 各種オイル(ホホバ種子油、アルガニアルピノサ核油)による表面保護・コーティング

で作られています。

 

つまりシリコン各種とカチオン界面活性剤各種に、ホホバ種子油、アルガニアルピノサ核油で毛髪表面をコーティングし質感の向上を図る作りです。

 

当然この作りならシリコンが配合されていますし「サラサラつやつや」になることは間違いないと思います。

 

が、、、トリートメントにも特別な補修剤は配合されていないように見えます。

 

表面保護&コーティング系がかなりを占めていますので、「ダメージリペアかなぁ??・・・」と。

 

 

【注意点】

解析の最後に、ちょっと勘違いしている人もいるかもしれないのでその点をm(_ _)m

 

こちらのラックスルミニーク ダメージリペアはシャンプーがノンシリコンなだけですからね。

トリートメントはシリコンインです。(それが悪いという気はありませんが)

 

ネット上の口コミを確認すると、「ノンシリコンなのに仕上がりがサラサラして気持ちいい♪」などと書いている人もいますが、そりゃトリートメントはシリコンインですので、サラサラして気持ちいいと思いますm(_ _)m

 

頭皮トラブルについて

トリートメントで気になることがちょっとあります。

==========

1、旧表示指定成分「ベヘントリモニウムクロリド」セトリモニウムクロリドが配合されている。

過去に「シャンプーは大丈夫だけどトリートメントを使うとかゆみが出る」という経験をしたことがある場合、ベヘントリモニウムクロリドやセトリモニウムクロリドを含む4級カチオン界面活性剤に反応している可能性がありますのでご注意ください。

==========

2、防腐剤「メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン」が配合されている。

過去にも書いたことがありますが、欧州ではかなり規制されている成分です。↓↓

2013.12.13付けでCosmetics Europe(ヨーロッパ化粧品工業会)はメチルイソチアゾリノンを洗い流さない化粧品(ウエットワイプを含む)への使用を中止する勧告を発表した(https://www.cosmeticseurope.eu/news-a-events/news/647-cosmetics-europe-recommendation-on-mit.html)。

2014.9 欧州委員会は2016年7月15日からメチルクロロイソチアゾリノン/メチルイソチアゾリノン混合物をリーブオン製品中では使用禁止、リンスオフ製品中では15ppm以下へ変更(http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=CELEX:32014R1003)

という感じです。

 

欧州では洗い流さない化粧品の場合、2016年7月15日から使用が禁止になったみたいです(>_<)

※洗い流す製品の場合、15ppm(0.0015%)の配合上限

 

日本でも「メチルイソチアゾリノン」は0.01%・「メチルクロロイソチアゾリノン」は0.001%までの配合上限があります。

 

同じ防腐剤であるパラベンの配合上限が1%未満ですので、どれだけ「メチルイソチアゾリノン」「メチルクロロイソチアゾリノン」の刺激性が強いかがわかりますよね。

 

とはいっても一般的に考えれば、

「上限が決められている=それ以内では安全な成分」

とも言えますので、そこまで危険視する必要はないのですが、欧州では「洗い流さない化粧品では使用自体が禁止された」と言われちゃうとさすがに「ちょっと大丈夫かな??」とは思いますよね(;^ω^)

 

 

まあここは考え方次第ですよね。

 

まあ僕はあまり気にしない方ですので、実際に試してトラブルがなければOKかなってタイプですが(;^ω^)

 

※ラックスの場合、「メチルイソチアゾリノン」と「メチルクロロイソチアゾリノン」はシャンプーには配合されず、トリートメントにのみ配合されています。基本的にはトリートメントは頭皮につけないのでこちらにだけ配合されているんですかね?

 

【スポンサーリンク】

 

ラックスルミニークダメージリペアの口コミレビュー

では使用感の口コミレビューしていきたいと思います。

ラックスルミニークノンシリコン1

 

シャンプー↓↓

ラックスルミニークノンシリコン2

 

トリートメント↓↓

ラックスルミニークノンシリコン3

 

香りについて

香りは、

時間とともに香りが変わるデュアルアロマ。夜髪を洗うとき、ローズの香り。朝目覚めたとき、ピーチの香り。

と書かれていますが、確かにローズの香りに何かフルーティーな香りが混ざっている感じです。(朝起きてピーチの香りは僕はしません)

 

「消費者受けはするのではないかな」という香りです。

 

ただ、僕も奥さんも香りが強すぎてダメです(>_<)

それはこれに限らず市販のシャンプー&トリートメント全般なんですけどね。香りがきつすぎちゃって(>_<)

ちょっと気持ち悪くなるんですよね・・・(;^ω^)

 

美容院のシャンプーは、ほのかな香りのものが多いので、おそらく僕も奥さんもそれに慣れているので、市販のシャンプーの強烈なにおいはきついんですよね。(奥さんも美容師です)

 

ただ、市販商品でこれだけ香りがきついものが多いということは、消費傾向はこのように香りが強いものに向いているのだと思いますので、市販商品の香りが気にならない人には「良い香りと感じるのではないでしょうか。」

逆に僕の言っていることが「わかるわぁ・・・」と思った人は、ラックスも香りきつい系ですのでお気を付けくださいm(_ _)m

 

使用感口コミレビュー

それでは使用感をm(_ _)m

(あくまでも僕の髪の毛での感触であること。ご了承ください。)

 

まずはシャンプー。

初日の感想は、「意外ときしまないのでびっくりしました!!洗浄中もサラサラと気持ちよく洗えるし♪」

というのも、昔使ったラックスでぎっしぎしのごっわごわになったことがあって、その当時から洗浄成分の作りがほとんど変わっていないので、そのイメージで使ったんですよね。

 

そうしたら「あれ?こんなだったっけ??思っている以上にきしまない!!!」となったんです。

 

ですので、実際は少しきしみましたが、うまくバランスをとられているようで昔のような感覚ではなくなっているんだなぁ・・・と。

 

んでトリートメントでかなりサラサラ♪

 

ホントかなりサラサラです♪

 

これは女性受けはするでしょうね♪

 

というのが初日の感想。

 

===========

 

ただ、数日使用していると感触の低下を感じました。

シリコンがビルドアップ(積み重なり)されてきて毛髪が硬化・パサついてきたのかな??

と、感じました。(3日目です)

 

 

で、トータル6日間使用しましたが残り3日はトリートメントなしでの使用。

結局だんだんシャンプーだけでの使用で軋み・ごわごわも出てきてしまいました・・・。(それでも想像していたほど悪くはないですが)

 

 

以前も書きましたが、ほんとシャンプーって1日、2日試してもわからないですよね。

初日はサラサラで感動的なのに1週間も使用していると感触が低下したり、逆に初日は「あれ???」と思ってもだんだん使っているとサラサラの感触に代わってきたりと。

 

これは先ほどのビルドアップの話もありますし、前に使用していたシャンプー&トリートメントとの相性?履歴?のようなものもあると思います。

 

ですのでなるべくシャンプーを試すときは数日間はお試しくださいねm(_ _)m

 

===========

 

ちなみに、僕の実験では、いつもいったんコンディションをリセットするために、試すシャンプーとシャンプーの間、3日~1週間ほどはノンシリコンで洗浄成分に優れた決まったシャンプーを必ず利用しています。

立て続けに試すと、前回試した製品との相性で印象が変わってしまうことがありますからね。

 

ちなみにリセットに利用しているシャンプーはこちらです。(要はお気に入りのシャンプーということなのですが(;^ω^))⇒「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

 

ということで「ラックスルミニーク ダメージリペア」は思っていたほどごわつくシャンプーではないけど、特におすすめしようとも思いませんm(_ _)m

 

◆そのほかのおすすめシャンプー一覧◆

◆市販の中ではおすすめのシャンプー一覧◆

 

 

ラックス ルミニーク ダメージリペア ポンプペア (シャンプー 450g トリートメント 450g)

新品価格
¥1,600から
(2017/8/22 18:17時点)

◆そのほかのラックスシリーズの解析はこちら
「ラックス ボタニカルピュアシャンプーの成分解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング