ラウレス硫酸naと経皮毒と発がんリスク

ラウレス硫酸は経皮毒?発がん性?

最近ブラックなネタが過ぎるのは、どこのどいつ・・・私なんですけどね。

 

毎回書く前はそんなにブラックに書くつもりないんですけど、

 

僕の中のリトルtakaがね・・・

 

言うんですよ。「書け!」って(笑)

 

今回はソフトに終わらせます。予定では(・_・;)

 

大体前回までのシリコンの記事である程度シリコンのこと掴めてきたと思いますが
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」

 

もう1個、世の中で誤解されやすい話について。

 

今回はラウレス硫酸naについて書いていきますね。

でも、その前にラウレス硫酸を知る為には、

まずはラウリル硫酸について理解しましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ラウリル硫酸naとは

アニオン界面活性剤(洗浄剤)で、泡立ちがよく、洗浄力も非常に強いので、

刺激性もあり、敏感肌や乾燥肌の方が使用すると炎症やかぶれ・痒みを

感じることがある成分ですが、洗浄成分としては非常に安価に製造できるので、

市販シャンプーに良く使われている成分です。

 

シャンプーで使われる界面活性剤(洗浄剤)の中でラウリル硫酸Naが1番危険

と言われるのは、分子量がとても小さいので、肌の中に浸透していき

身体のバリア機能を壊してしまうから。

つまりそのせいで炎症やかぶれが起きやすいってことですね。

 

ラウレス硫酸naとは

ラウリル硫酸Naは分子量が非常に細かい為に刺激が強かったので、

それを緩和する為に、1つ1つの分子を非常に巨大化したものが

ラウレス硫酸naです。

 

ラウリル硫酸のように洗浄力は強いですが、分子が大きい為、

肌への刺激は弱くなっています(ラウリル硫酸よりは)

 

でやっぱり、原価が安く作れますので、市販のシャンプーは、

ほとんどこのラウレス硫酸を使用していますね。

 

っていう成分。

市販のCMシャンプーはさすがにもうラウリル硫酸系を使うメーカーは

減ってきていて(P&Gのシャンプーには入っていますけどね。パンテーンとか。)

こちらのラウレス硫酸がメインのところが多いですが、

 

これがメインだと髪が傷みやすい。ごわつきやすいんですよね

ですのでシリコンというコンディショニング成分が一緒に入っているんですね。

ちなみに、シリコンは悪者じゃないですからね。
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」

 

でもこれもバランスでね。美容院でも特に安いシャンプーで

サニープレイスナノアミノクレンジングシャンプーってのがあるんですけど

これはラウレス硫酸がメインのシャンプーでノンシリコンで変わりに

変なものが入っているわけでもないのに、結構いい仕上がりになるんですよね。

 

メーカーに聞くと一応理由もあって・・・。

興味ある人いたら、コメントいただければ詳しく書きましょうかね(^^)/

 

【スポンサーリンク】

 

ラウリル硫酸は発がん性リスクあり??

で、

一つだけ注意してほしいのは、「経皮毒」

あんなものは信じないでくださいね。

あり得ない(笑)

 

あんなこと信じてたら、まともな人には裏で笑われちゃいますよ。

美容師でもたまにしゃべっている人いますけど、

ふーん・・・。 (-_-)

って、これくらい冷めた目で見ています(笑)

 

まぁ経皮毒の行きつく先はこの発がん性リスクってやつになるのでしょうか?

ネット見れば、

  • やれ発がん性だ
  • やれ石油由来だ
  • やんややんや・・・。

と言われていますが、

なんでそもそも発がん性なんてことが言われてきたのでしょうか?

これは1970年代の話にまでさかのぼります。

と、こっから先はwikipediaさんにお任せします↓

1970年代に発癌性が指摘され厚生労働省によって精密な追試が行われたが発癌性は確認されていない。東京都立環境衛生研究所の調査でも毒性は無いとの結論に達している。また、米国化粧品工業会も化粧品原料評価を行い発癌性を否定しており、インターネットやE-mailで流布される発癌性懸念の噂は虚偽であるとのカナダ健康省や米国癌学会の見解を紹介している。さらに、2007年現在までIARCNTPの発癌性リストに載ったことは無い。

科学的、医学的な根拠が示されていないにも関わらず、現在においても発癌性が盛んに主張される背景には、天然石鹸を販売する業者が市販の歯磨き粉や洗剤の中に含まれる危険な成分としてこの物質を紹介しているという事情がある。例えば、情報センター出版局が発行する『危険度チェックブック』には発癌性・アレルギー性のある成分と記されている。

つまり、ノーリスク

no問題

 

じゃあなんでそんな都市伝説が??ってそれもwikiさんに書いてありますね。

赤マーカーのところ。

ね。

書いてあるでしょ。

つまり天然石鹸を販売したい石鹸協会的なところが、

石鹸を買わせる為に・・・。

ネガティブキャンペーンを打ちました( ゚д゚c)

ってことです。

 

もう僕のブログ読んでるとすごい出てきますよね。

ネガティブキャンペーンって言葉。

 

美容の世界はネガティブキャンペーンだらけです。

 

元々悪い噂って良い噂よりも広まりやすいじゃないですか?

今はさらにネットの力があるので拡散力すごいですよね。

 

もう事実かどうかじゃなくて、

拡散した話がホントになるって感じですよね。

 

あと協会って言葉がもう1番インチキくさい!!

 

って・・・次は石油系の話しようと思ったんですけど・・・。
記事アップしました→「ラウレス硫酸naは石油由来?ヤシ油由来」

やっぱり次回は協会の胡散臭さについて書きますね(・_・;)

 

とりあえずラウレス硫酸についてはおわかりいただけたでしょうか?

 

つづく。

 

※シャンプー解析記事一覧はこちらから
「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ