モイストダイアン オイルシャンプー エクストラダメージリペアの成分解析&口コミレビュー

モイストダイアンエクストラダメージリペア1

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラダメージリペアの成分解析&口コミレビューです。

 

◆その他のモイストダイアンシリーズの成分解析&口コミレビューはこちら
「モイストダイアン オイルシャンプー エクストラモイスト成分解析/口コミレビュー」
「モイストダイアン ボタニカルモイストシャンプーの成分解析」
「モイストダイアン オイルシャンプー ボタニカルダメージリペアリング成分解析」
「モイストダイアン オイルシャンプー エクストラシャインの成分解析」

 

【スポンサーリンク】

 

モイストダイアン オイルシャンプー エクストラダメージリペアの成分解析

【成分】

水、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、コカミドDEA、DPG、ココイルグルタミン酸TEA、オプンチアフィクスインジカ種子油、アルガニアスピノサ核油、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、シロバナルーピン種子油、マンゴー種子油、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、バオバブ種子油、プルーン種子エキス、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解ハチミツタンパク、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、コラーゲン、加水分解コンキオリン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、PCA-Na、PCA、イソマルト、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ラウリン酸BG、乳酸Na、キサンタンガム、レシチン、グリセリン、クエン酸Na、乳酸、トコフェロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

 

モイスト・ダイアン オイル シャンプー エクストラダメージリペア 500ml

新品価格
¥905から
(2017/5/29 01:19時点)

モイスト・ダイアン オイル シャンプー エクストラダメージリペア成分解析口コミレビュー

【解析】

いつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分が「ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA」

ですので、強洗浄力のラウレス硫酸NAベースです。

そこに低刺激・低洗浄力のラウレスベタインという、一昔前に市販でよく見かけたラウレス硫酸NA+ベタイン系という組み合わせです。

そこにアミノ酸系で保湿力の高いココイルグルタミン酸TEAが補助的に配合されています。

 

個人的にはラウレス硫酸ベースかぁ・・・というのが一番の感想です。

 

それ以外の成分は、とっても良さそうな響きの保湿成分がたんまり配合されていますね。

 

特にオプンチアフィクスインジカ種子油とアルガニアスピノサ核油は洗浄成分の次の配合ですので、これらが特に保湿系成分として力を発揮すると思います。

 

ちなみにオプンチアフィクスインジカ種子油は、別名を「ウチワサボテン種子油」と言うように、サボテンの種子オイルですので、想像通り超保湿成分です。抗酸化力もアルガンオイルを凌ぐほどの成分です。

 

アルガニアスピノサ核油は、アルガンオイルのことです。やはり保湿力と抗酸化力の高さが特徴的なオイルです。

 

それ以外にも色々オイルが配合されていることでオイルシャンプーというのでしょう。

 

ただ、ここで勘違いしていただきたくないのは、例えばアミノ酸シャンプーというのは、アミノ酸系洗浄成分で作られているシャンプーのことを言います。そしてアミノ酸系洗浄剤をベースに、その他保湿成分にオイルだったり、エキスだったり・・・と作られていくわけです。

 

では、モイストダイアンが言うところのオイルシャンプーとは?

シャンプーで一番大事な洗浄成分が、オイルクレンジング系だということではなく、何かしらの洗浄剤(ダイアンはラウレス硫酸)に、プラスして保湿剤にオイル系を使用しているということでオイルシャンプーと言っています。

 

ここは大きな違いですので勘違いしないでいただきたいです。

 

============

◆オイルクレンジング系の洗浄剤を使用したシャンプーはこちらです。シリーズで使うとサロントリートメントのようにツルツルサラサラ仕上げになります♪
「ミネコラパーフェクト3成分解析」
「ミネコラパーフェクト3とは?質感矯正ミネコラとは?おすすめ?」

============

話がそれましたが、それ以外にもヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム等のヒアルロン酸系の表面吸着剤。

各種アミノ酸などが配合されていて保湿力アップが期待できます。(ここでいうアミノ酸とは、先ほどのオイルシャンプーのように、洗浄成分としてではなく、保湿剤としての配合です)

 

まとめると、ラウレス硫酸ベースの洗浄力の強さと保湿力のバランスがどう取れているか?

これに尽きると思います。

ただ、過去にいろいろなシャンプーを試してきた僕的には、この作りはごわつくのではないかなぁ・・・と推察しています。

まあ結果はこの記事の最後の口コミレビューをご覧ください<m(__)m>

 

モイストダイアン オイルトリートメント エクストラダメージリペアの成分解析

【成分】

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、ステアルトリモニウムブロミド、パルミチン酸エチルヘキシル、オプンチアフィクスインジカ種子油、アルガニアスピノサ核油、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、加水分解ハチミツタンパク、加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、テオブロマグランジフロルム種子脂、カラパグアイアネンシス種子油、バオバブ種子油、プルーン種子エキス、マンゴー種子油、シロバナルーピン種子油、スクレロカリアビレア種子油、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、コラーゲン、加水分解コンキオリン、PCA-Na、PCA、イソマルト、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、乳酸Na、PEG-90M、キサンタンガム、トリ水添ロジン酸グリセリル、レシチン、イソプロパノール、グリセリン、乳酸、トコフェロール、エチドロン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

 

モイスト・ダイアン オイル トリートメント エクストラダメージリペア 500ml

新品価格
¥905から
(2017/5/28 00:32時点)

モイスト・ダイアン オイル トリートメント エクストラダメージリペア成分解析口コミレビュー

【解析】

トリートメントもシャンプーと同じように、オプンチアフィクスインジカ種子油とアルガニアスピノサ核油が配合量が多めですので特に”ウリ”となっている成分です。

 

それ以外にもシャンプーと同じような保湿成分が配合されていますので、ここでは割愛します。

 

そして各種シリコンが配合されています。

ジメチコン、ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノールです。

特にジメチコンは、オプンチアフィクスインジカ種子油とアルガニアスピノサ核油よりも多い配合量(水をのぞいたら全体の2番目)ですので、仮にかなりしっとりツヤツヤに仕上がるとしたら、各種保湿成分よりも、このジメチコンのおかげであるということですね。

 

まとめると、ジメチコンが多めの配合&各種保湿成分ですので、かなりしっとりと収まりのいい感じになると思います。

 

ただ、仮にこの作りでかなりしっかりと収まった場合、それはシリコンのおかげなので、しっかりとシャンプーでその日一日のシリコンやその他オイル成分を除去しなくてはいけません。

そうするとシャンプーが強洗浄力になってしまうんですよね(>_<)

 

それがいいことなのかどうか?

 

顔だと厚塗りメイクをすればするほど、しっかりと洗浄しないといけませんので、肌に負担になりますよね。

髪の場合はどうでしょう?

しっかりシリコンや各種オイルで毛髪表面に膜を張ったら、それをしっかりと洗浄しないといけません。

 

つまり強洗浄力が必要になります。

それは毛髪の負担にならないのかな?と感じます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

モイストダイアンエクストラダメージケアの口コミレビュー

では実際の使用感を<m(__)m>

とりあえず4日間利用しました。

モイストダイアンエクストラダメージリペア1

 

【シャンプー】↓

モイストダイアンエクストラダメージリペア2

 

【トリートメント】↓

モイストダイアンエクストラダメージリペア3

 

【香り】

香りは女性らしい甘い香りです。

特に若い女性受けのする香りだと思います。

ただ、個人的には香りが強すぎてちょっと気持ち悪くなります(>_<)

これはモイストダイアンに限らず、ほとんど市販シャンプーで感じることですが・・・。

市販製品は香りが強すぎるのが僕的にはちょっときついですね(>_<)

お風呂上がりの食事中にこの香りがとっても邪魔です(;^ω^)

まあでも、その方が売れるから、香りが強いんでしょうから、僕の方がマイノリティなんだと思います・・・はい<m(__)m>

 

【シャンプーレビュー】

洗髪中は比較的気持ちよく洗えます(若干のひっかかりはありますが)。

泡立ちも十分ですね。

 

流し中&洗い上がりは、ほかのモイストダイアンよりは軋むごわつきはなかったですが、やはり少しごわつきます(>_<)

「モイストダイアン オイルシャンプー エクストラモイスト成分解析/口コミレビュー」

 

僕はたまにパーマをかけるくらいでチョイダメージくらいです。その毛髪で軋みを感じるとなると、普通にカラーやパーマを定期的にされている人には結構負担かなぁ・・・と感じました。

 

【トリートメントレビュー】

トリートメントは相当しっとりです。収まりメチャクチャ良いですね。

ボリュームもぺたんとなくなりました。

でも先ほども書きましたが、ということは・・・やっぱりシャンプーの洗浄力は強い・・・だからごわついた・・・ということですよね。

 

まとめ

個人的には強洗浄力&強シリコンの作りはパーマやカラーが希望通りにならない原因になることがありますので、あまりお勧めはしません。

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

しかし、市販の中(1000円以内)でツルツルサラサラな仕上がりを求めるなら、モイストダイアンエクストラダメージリペアのような作りにせざるを得ないのかな・・・とも思います。

 

市販の中(1000円以内)で洗浄力が優れていて、強シリコンじゃなく、もっとナチュラルな仕上がりでOKなら「ヒマワリ」や「ジュレームアミノ」がおすすめです。

「(ひまわり)ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の成分解析と口コミレビュー」
「ジュレームアミノ モイスト&スムースシャンプーの成分解析と口コミレビュー」

 

ただ、人によってはやはりシリコン量が少なめだと仕上がりのツルツルサラサラ感・まとまりの良さに物足りなさを感じる人もいるかと思います。ホントはこっちの方が毛髪にとっては良いんですけどね。

 

ですので市販の中で選ぶのであれば、まずはヒマワリやジュレームアミノを。それで物足りないならこのモイストダイアンエクストラダメージリペアを試すというのは消極的なおすすめではありますが、一つの選択肢ではあると思います。

 

◆サロントリートメント後のように、ツルツルサラサラまとまりが良くて、シャンプーの質も優れているサロン専売シャンプー&トリートメントはこちら(ツルツルサラサラを求めていて、お値段がOKならこちらが一番おすすめです)
「ミネコラパーフェクト3とは?質感矯正ミネコラとは?おすすめ?」
「ミネコラパーフェクト3成分解析」

 

◆ノンシリコン・非常にバランスのいい洗浄成分で作られているコスパの優れたシャンプーはこちら(こちらはシリコンなどのコーティングに頼っていないので、強シリコンのツルツルサラサラ感が好きな人には物足りない仕上がりかもしれません。ナチュラルなサラサラとした仕上がりです♪)
「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

 

おすすめシャンプー解析一覧◆

 

【アマゾン】

モイスト・ダイアン オイル シャンプー エクストラダメージリペア 500ml

新品価格
¥905から
(2017/5/29 01:19時点)

 

【楽天】

☆モイストダイアン オイルシャンプー エクストラダメージリペアセット[ダイアン モイスト・ダイアン]

価格:1,810円
(2017/5/29 01:18時点)
感想(30件)

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング