ミノキシジル配合のおすすめ育毛剤を選ぶ基準は?

ミノキシジル配合オススメ育毛剤

薄毛治療の2トップの片割れ。

ミノキシジルについてです。

(片割れはフィナステリドです
「フィナステリド(プロペシア/プロスカー)の育毛効果と副作用は?」)

 

ノキシジルには発毛効果がある。

これは日本皮膚科学会も認めている、科学的根拠のある事実です。

(フィナステリドもそうですね。だからこそ2トップ!!)

ミノキシジルとフィナステリドの効果

(2010年のデータですので、最近効果を言われている新しい成分群には触れられていません)

 

表の見方

  • A:行うよう強く勧められる
  • B:行うよう勧められる
  • C1: 行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がな い
  • C2: 根拠がないので勧められない
  • D:行わないよう勧められる(無効あるいは有害で ある

【日本皮膚科学会】とは
1900年に東京帝國大學教授の土肥慶蔵博士により創立され、最近ではカネボウの白斑問題の時に所管の官庁と連携したりと信用性の高い団体です。

 

ちょっと前のデータですが、少なくともそのメーカーではない外部の機関においての実験ですので、信ぴょう性はありますね。

 

僕の記事「協会の作り方」で書いたような理由で出来た団体ではありませんので、そこも信用できるところですね。

 

上記ガイドラインの中で発毛に効果的「A」という評価を受けているのはミノキシジルフィナステリドだけ。

この2つは併用できることから、最強の薄毛治療は「ミノキシジル×フィナステリド」だ!!という声はよく聞きます。

 

まあその通りですよね。

一応美容師的には育毛シャンプーとシャンプーの仕方も加えさせていただきたい(笑)

「育毛は自宅で!ハゲないシャンプーの仕方」
「美容師がおすすめする育毛シャンプー(スキャルプシャンプー)は?」

 

【スポンサーリンク】

 

ミノキシジルが配合された育毛剤の種類

ミノキシジルが配合されている育毛剤は 、外用薬(頭皮に塗布)

 や、飲み薬 「ミノキシジルタブレット」があります。

 

このうち日本で普通に購入できるのは「リアップ×5」だけです。

他の商品は全て個人輸入代行業者を利用して海外から購入することになります。

 

その場合はオオサカ堂より購入することになると思います。

(一番老舗で実績がある個人輸入代行業者ですので)

 

ちなみに、アメリカでロゲインが発売されて、その後、ロゲインの製造元のアップジョン社から製造法を譲り受けてリアップが日本で製造されたので、リアップロゲインはほぼ同じもの。

そして、カークランドポラリスロゲインのジェネリックなので結局

はほぼほぼ同じものですね。

「リアップ×5を1日1回で育毛効果はある?」

 

ミノキシジル配合育毛剤を選ぶ基準は?

全てほぼ同じものだとして、では何で選ぶか?

 

大抵の場合は、

そんな感じですかね。

なんかイメージですが海外から個人輸入なんていうと、より効果があるんじゃないか?と思ったりしますが、基本はミノキシジル5%配合と一緒です。

 

一昔前ですと、リアップはミノキシジルが1%の配合でした。

その時すでにロゲインは5%配合だったことから、昔は、本気の人は個人輸入でロゲインを使用していましたのでその昔のイメージでリアップより効果があると思われているのだと思います。

 

「使用感は人それぞれ」というのは、発毛効果のある有効成分「ミノキシジル」以外の製品のベース部分はメーカーによって変わってきますので、そのベース部分の成分が自分に合うかどうかで頭皮にかぶれが出たり、浸けると油っぽい髪質になったりしますのでそれはもう相性。使ってみるしかありません。

 

ただ、一番皮膚刺激的に安全?なのは、やはりなんといっても日本製ではないでしょうか?

 

外人の方は皮膚が日本人よりも強いので外国のものって刺激が強いイメージがあるんですよね。

 

だから安心感を求めるなら1番高いですが「リアップ×5 リアップ×5」が結局ベストですかね。

 

ちなみにポラリスはミノキシジルのほかに育毛成分アゼライクという成分がセットで組み合わさっていることで、期待度大という話をよく聞きます。

さらに、ポラリスはミノキシジル5%だけでなく7%・15%というシリーズもありますので、ミノキシジル5%で問題なく使用できていて、もっと育毛力を発揮させたいときは7%と15%も選択肢になってくるのだと思います。

育毛成分「アゼライク」も配合。ミノキシジルの濃度が濃いものもある。ということで、イメージ的にはポラリスが一番人気だし、一番効果が出るように言われている気がします。

ポラリスNR-08[ミノキシジル7%]

ポラリスNR-09[ミノキシジル15%]

 

※ミノキシジルはごくまれに副作用の症状もありますので気になる人は以下もご一読ください。
「ミノキシジルとプロペシアどっちの方が副作用が強い?」
「フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用の考え方」

 

 

【スポンサーリンク】

 

ミノキシジルタブレットは危険!?

今まで説明してきたのは、液体を頭皮につける育毛剤です。

で、 「ミノキシジルタブレット」というのは錠剤で服用タイプのものですが、これはいきなり手を出すにはリスキーですので止めてくださいね。

 

外用薬(塗薬)よりも格段に効果が強いみたいですが、それだけ副作用があるってことです。

 

元々ミノキシジルは高血圧症のお薬です。

後々、発毛効果がわかって育毛剤に使われるようになった経緯がありますが、血管拡張作用がありますので、血圧を下げたり、心臓や血管に負担をかけるので、それぞれの体質によっては低血圧症や心臓の疾患が出ることがあります。

あと、多毛症になるというのもよく言われていますね。

 

もちろん副作用を発症する人の方が断然少ないのは事実ですが、育毛のために、そこまでしなくてもいいのかなと思います。

 

それこそ、外用薬のミノキシジルの7%とか15%とか試しても効果が控えめで、でも副作用が全然ないならミノキシジルタブレットに変更してもいいかもしれませんが・・・それはなかなか僕がおすすめできるものではありません(>_<)

 

その辺は自己責任になりますので、ご自分の体と相談してお決めくださいね。 

 「ミノキシジルタブレット

 

 

「ザスカルプ5.0c」「deeper3D」はミノキシジルの296%の効果あり

いつか僕が薄毛になった時、ミノキシジルを使うのはおそらく最終手段。

だって、外用薬はほぼ大丈夫と言われても、ちょっとは副作用の心配が(-_-;)

 

ほぼないと言っても、薄毛のために副作用のリスクを抱えるのは嫌なので僕ならミノキシジルの296%の成長力が期待される今話題の成分「キャピキシル」が配合された育毛剤ザスカルプ5.0c かdeeper3Dザスカルプ5.0cを頼りますね。

 

ぶっちゃけホントに296%も効果があるの?って思いもあります。

少なくとも、ミノキシジルタブレットと比較した効果ではなくて外用薬のミノキシジルとの比較ですね。

キャピシキルとリアップの比較

 

一応スカルプ5.0の公式サイトではこのような比較がされていますが、もしかしたら、有名医薬品育毛成分配合の医薬品としか書いてありませんのでリアップの1%のタイプと比較しているかもしれませんね。
(リアップ×5の5%タイプではなく)

 

まぁいずれにせよ、かなりの期待はできそうですし、化粧品登録の製品ですので医薬品のような副作用はないですので安心して使用できるので僕には1番向いていますね。

ちょっと高いですが(>_<)

自分の健康には変えられないので・・・。

※ちなみにどちらの育毛剤にも、毛髪成長因子成分も配合されていますのでさらに相乗効果を狙える処方になっています。

◆公式サイトを見る⇒「【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 ミノキシジル配合のおすすめ育毛剤を選ぶ基準は?

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

 

◆公式サイトを見る→ザスカルプ5.0c

「男女兼用ザスカルプ5.0cがリアップ越え!2015年お勧め育毛剤」

 

薄毛の遠隔診療始まりました♪

2017年~、自宅に居ながらにしてスマホのテレビ電話で医師から薄毛の診察を受けられるようになりました♪

必要とあらばお薬も自宅に届きます。薄毛の悩みを抱えているけど病院に行くのは恥ずかしいという人にはとっても朗報ですね♪

男性型脱毛症(AGA)に最も効くのは間違いなく医師から処方されるお薬ですので。

「薄毛(はげ)治療のおすすめは遠隔診療の時代へ??」

「赤坂クラウドクリニックで処方される薄毛(ハゲ)治療薬について」

⇒「赤坂クラウドクリニックホームページへ


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ