ホームカラー(市販)と美容院のカラー剤の違いは?

ホームカラー(市販)と美容院のカラー剤の違いは?

今回はホームカラー(市販のカラー)と美容院のカラー剤の違いについてです。

違いは大きく分けて3つあります。

 

ダメージに関することで2つ。色持ちに関することで1つですね。

  • 使用するアルカリ剤の違いによるダメージ
  • 施術者の腕や処理剤・保護剤で処理できるかどうかの違いによるダメージ
  • 染料の違いによる色持ちの違い

以下細かく説明していきます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ヘアカラーの違い・アルカリ剤の違い

まず一つ目のホームカラーと美容院のカラーの違いは、アルカリ剤というものに何を利用しているのかの違いです。

このアルカリ剤というのは毛髪の脱色や発色に必要な成分でもあり、ダメージを伴う成分なのですが、どのアルカリ剤を利用しているのかで特徴があります。

 

アルカリ剤の種類

ヘアカラーに配合されるアルカリ剤には、アンモニア水モノエタノールアミンがあります。この2つのどちらかを利用するかでそれぞれ特徴が出ます。

アンモニア水の場合

アンモニア水は揮発性ですので、毛髪の脱色や発色に影響を与えたのち、揮発して毛髪から出ていきます。その代わり揮発するので刺激臭が少しします。

モノエタノールアミン

モノエタノールアミンは揮発しません。だからこそ刺激臭もしません。揮発しないのでダメージの元「アルカリ(モノエタノールアミン)」が毛髪内部に残りやすいです。

 

アンモニア水とモノエタノールアミンどちらがいい?

ホームカラーは、なるべく刺激臭などの薬品臭さがないものが好まれます。そしてイメージ的にも薬品臭がしない方が優しいお薬の気がしますが、上記のように大間違いです。

揮発しないということは、毛髪内部にダメージの元「アルカリ」が残留アルカリとして残存するので、カラー後も毛髪内部を破壊してダメージを進行させてしまいます。

※ホームカラーの中にもアンモニア水を利用しているカラー剤も増えてきました。成分表を見てアンモニア水かモノエタノールアミンかどちらが書かれてるかを確認してみてください。

※美容院のカラー剤に配合されているアンモニア水でも、残留アルカリは残ります。そのため施術後は残留アルカリを除去する処理が必須です。

それに対してホームカラーでモノエタノールアミン配合のカラー剤を利用した場合、アンモニア水よりも残留しやすいうえに、自宅では残留アルカリを除去する処理剤の用意もないと思いますので、毛髪への負担は甚大です。特に施術後すぐよりも1月後・2月後の方がダメージの違いが顕著に表れてきます。

 

 

もう一つの違いはこちら。どちらかというとこちらの方がメインの原因だと思います。

施術方法・技術の差による違い

61abea97a1064524488f351f1db2ec9c_s

美容院のカラー剤とホームカラーで製品的に大きく違うのは上記アルカリ剤の違いが大きいです。ですのでホームカラーがアンモニア水を利用している場合には、ほとんど美容院のカラー剤と基本の作りは同じです。

 

でも、その場合でも美容院で施術するのと、お客さんがご自宅でする場合とは大きな違いがあります。

 

ヘアカラーでダメージになる成分は2つあります。

一つは前述のアルカリ剤です。そして、もう一つは過酸化水素です。どちらも濃度が濃くなるほど毛髪の負担になるのですが、美容院ではそれぞれ濃度の違うお薬の用意があります。

 

どう使い分けるのかと言えば、

例えば、新生毛で健康毛の場合、強いお薬じゃないとリフトアップできませんのでアルカリも過酸化水素も濃度が一番濃いものを利用するのが一般的です。

そして、既に明るくなっている既染毛は、そのダメージレベルやご希望のお色に合わせて必要最低限のアルカリや過酸化水素濃度を利用することで必要最低限のダメージで施術をすることが可能になります。

 

逆にホームカラーは、誰でも失敗なく染まるように作ってありますので(この場合の失敗というのは傷むことではなく、希望の色味にならないことです)、一番濃度の濃い状態で作られています。

そうなると新生毛に対しては、美容院もホームカラーでもリスクは同じです。しかしホームカラーの場合、薬剤の塗り分けができませんので、既染毛に対してこれほどの濃度は必要ないのに、健康毛用の濃度のカラー剤で毛先まで塗布するんですよね(>_<)

そんな恐ろしいこと美容師としてはできません(‘Д’)

 

このように「ダメージの元」になるアルカリと過酸化水素濃度を美容院では必要最低限の濃度で利用することでダメージを必要最低限に抑えるようにコントロールできます。

これが最も大きな美容院のカラー剤と市販のホームカラー剤との違いです。

 

【スポンサーリンク】

 

色持ちの違いはなぜ起こる?

もう一つのホームカラーとサロンカラーの違いに色持ちの違があります。当然美容院で染めた方が色持ちが良いのですが、それは施術者の技術もさることながら、そもそも染料の配合バランスに違いがあります。

美容院のカラー剤は、じっくり毛髪内部に浸透するような染料が多く配合されていて、それにプラスして表面寄りで発色して細かい色味を表現できるようになっています。

それに対してホームカラー剤は、内部にじっくり浸透する染料の配合が少なく、表面で直接発色してくれる染料の配合量が多いです。

その方が放置時間も短縮でき、且つ一般の方が染めた場合でも失敗しづらいからなんだと思いますが・・・。

ただ、表面寄りでの発色ですので、色持ちが悪いです。

 

以下の動画は、まさに市販カラーとサロンカラーの色持ちを検証している動画です。このように表面寄りで発色する染料の多いホームカラーは色が流出しやすいです。

 

ホームカラーをうまく利用するには?

もちろん以上のことを読んで頂ければ「美容院でカラーをされた方が良いんだろうな。」というのはご理解いただけると思います。

で、僕的にも「美容院ジプシーの原因の一つにホームカラーがある」と以前にも記事にしているくらいですので当然圧倒的に美容院でのカラーがおすすめです!!
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

でも、、、

金銭的な理由やめんどくさい・・・などなど色々な理由でホームカラーを選択する方が多くいらっしゃることも理解しています。

 

ということでせめてホームカラーをする場合にはこれに気を付けていただきたい!!ということをちょこっと・・・。

  1. 成分表を見てアンモニア水と記載があるものを利用する
  2. お薬の塗布は新生毛のみ。
  3. 仮に既染毛にも塗布をしたい場合は、濡らしたうえでご自宅にあるトリートメントを塗布して髪の毛を守ってください。
  4. 泡カラーは既染毛にもついてしまうのでダメージリスクが高いので基本的にはお勧めしない。しかしムラにはなりづらいですので健康毛の人が利用する分にはOK

この辺を守っていただくだけでも、ホームカラーでのダメージは抑えていけるのではないかと思います。

まあそれでも美容院でカラーをされた方が良いと思いますよ。

 

まとめ

beece5017e42fbc29ea2ee7462f9fe94_s

この記事は、「美容院にお金を落としてほしいから」という目的で書いている記事ではありません(笑)

ホントに美容院でカラーをされる方が圧倒的に良いと思って書いています。

 

ご自分でカラーを繰り返してダメージが進んでいる毛髪は、美容院でのカラーやパーマや縮毛矯正などのケミカルメニューをするときの大きな弊害になる可能性もあります。

 

恐らく一般の方が想像している以上にホームカラーの繰り返しは危険なんですよね(>_<)

 

中にはいつもホームカラーをされている人で「たまには美容院でカラーをしてみようかな」と、美容院でカラーをしてもらったけど「自分でするのとそこまで変わんないじゃん!!」という感想に行きついて、その後ずっとホームカラーです。という人もいらっしゃると思いますが、1回じゃわかりづらいと思いますよ。特にダメージについては。

だって、シャンプーの解析記事でよく書いていますが、毛髪は死んだ細胞ですので一度傷んでしまえば修復されることはありません。

ということはホームカラーでかなりダメージが進んでしまった場合、美容院でのカラーを一回したところでそのダメージが元に戻ることはないんです。

何度も繰り返し美容院でカラーをしていくことで、ダメージの蓄積が回避されますので半年後・1年後に振り返った時に「ホームカラーをしていた時とは髪の感触・ダメージ具合が全然違う♪」と感じていただけるものなんですよね。

 

いろいろ納得していただけた人は、ご自分の毛髪のためにもぜひ美容院でのカラーリングをおすすめいたします<m(__)m>

 

 アンケートにご協力ください<m(__)m>

アンケートにご協力ください。今後のブログ作成の糧になります。よろしくお願いします<m(__)m>

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ