ヘアカラー剤の使いまわしサロンがある!?

ヘアカラー剤の使いまわしサロンがある?

いやぁ久々に「そんな美容院あるの!?」って話を聞きました。

以前同じ美容院で働いていた後輩が、田舎に帰って超低価格なサロンで勤務しているんです。

久々に会って近況を聞いていると「まあびっくり( ゚Д゚)」

 

【スポンサーリンク】

 

全国展開のチェーンのとある美容院。

なんとカット+全体カラーで約3700円( ゚Д゚)

 

そんなサロンでパート勤めをしている後輩・・・。

 

============

後輩:「聞いてくださいよ。私の働いている●●美容院は、カラー剤を使いまわしてんですよ!!」

 

taka:「ん!?使いまわすってどういうこと??」

 

後輩:「あるお客さんに使用したカラー剤が余ったら、そのまま捨てずに残して置いてほかのお客さんのカラー剤に余ったカラー剤を加えて使用するんですよ。しかも次の日でもラップして残しておくんですよ。」

 

taka:「えっ!?でも、次のお客さんが同じ色のカラーを希望するとは限らないでしょ?」

 

後輩:「あんまりそういうことも気にしていないんですよね。希望の明るさが9レベルで、余っている薬が7レベルなら10レベルくらいの薬を足して何となく9レベルにする感じです。色味もよほど違わない限り全然気にせず使っちゃいます。うち、安いんでそんなに細かいこだわり持っているお客さん来ませんから。」

 

という話。

 

【スポンサーリンク】

 

いやぁ、なかなかパンチのある話ですよね(-_-;)

 

もしかしたらこれだけ読んだら、余っているカラー剤を捨てるなんてエコじゃないし、使えるんなら付け足して使用してもいいのでは?

と思う方がいるかどうかはわかりませんが、カラー剤ってのは1剤と2剤に分かれているじゃないですか?あれって混ぜちゃうと反応が始まって一定時間がすぎると薬剤の反応が終わってしまうからなんです。

ですので、残ったカラー剤はすでに使い物にならない代物なんです。特に次の日まで残すらしいのですが、もう全然使い物にならないモノになっていると思います。

 

それでもお構いなしなんだそうです( ゚Д゚)

 

まあ良いんですけどね。

低価格だし白髪が染まっていればあんまり細かいことは気にしないという人も結構いますしね。そういう人にはカットとカラーで約3700円というのはとても魅力でしょうし、、、

 

終わりに

ただ、いつもながらですが、このブログは美容院ジプシーの人向けのブログです。

美容院ジプシーの人が今度こそ「良い美容院・美容師と出会いたい!!」と思っている場合は、こういう低価格帯サロンは当たり外れがでかいのでお勧めはしませんm(_ _)m

だってこのサロンも超低価格ですが、外観はきれいだし30代前後の美容師らしい美容師が働いているサロンですよ。

でもやっぱり安いのには理由があるんですよね。

「価格が高い美容院と安い美容院の違いは?」

「価格の安い美容院をおすすめしない理由は価格の決め方にあり」

 

ただ、高い美容院だからって絶対にうまい美容師に出会えるとは限らないのが悩ましいところなんですけどね(>_<)

「高い美容院でも下手な美容師がいる理由」

「価格の高い美容院にうまい美容師はいるのか?」

 

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング