フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクの成分解析

フィーノヘアマスクの成分解析

今回はアットコスメでずっと1位の座についているヘアトリートメント「フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク」の成分解析です。

 

【商品説明】

「フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g」は、6種類の美容液成分をギューッと凝縮した、ダメージケア用トリートメントです。痛みきった毛先まで、しっとりとなめらかでスルスルの指触りに仕上げます。枝毛・切れ毛でお悩みの方などにオススメです。洗い流すインバスタイプ。

 

【スポンサーリンク】

 

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクの成分

水、ソルビトール、ジメチコン、水添ナタネ油アルコール、イソペンチルジオール、ベヘントリモニウムクロリド、アミノプロピルジメチコン、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖、グルタミン酸、トレハロース、スクワラン、ステアルトリモニウムクロリド、PEG-90M、PCA、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ポリクオタニウム-64、ローヤルゼリーエキス、イソプロパノール、セタノール、オクチルドデカノール、エタノール、PG、BG、シリカ、BHT、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料、黄5

【230g / 1134円】

 

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクの解析

第一印象は、保湿剤とコーティング剤をメイン成分として質感をコントロールして、その中に毛髪補修成分も配合してある感じです。

可もなく不可もない感じですが、アットコスメの口コミが良いところを見ると保湿剤×コーティング剤の質感コントロールのバランスが消費者にちょうど受けるバランスになっているんですかね。

 

では解析をm(_ _)m

まず水の次に多く配合されているのがソルビトールです。

ソルビトール はグルコースを還元し、アルデヒド基をヒドロキシ基に変換して得られる糖アルコールの一種

wikipediaより

まあ化粧品に配合されている場合、保湿剤・毛髪柔軟剤という感じです。

 

で、次がジメチコンというシリコン(コーティング剤)。

 

続いて水添ナタネ油アルコール、イソペンチルジオールなどの保湿・柔軟剤

 

次がベヘントリモニウムクロリドという4級カチオン界面活性剤。これは毛髪表面に吸着して毛髪柔軟性・感触向上・軋み緩和などがある、まさに「リンス剤たるゆえんのような成分」です。この4級カチオン界面活性剤に皮膚刺激があるので、「リンスは頭皮に付けない」と言われています。

 

で、次がまたコーティング剤であるアミノプロピルジメチコンというシリコン。

 

と、ここまでの流れを見ると、保湿剤とコーティング剤で毛髪の質感をコントロールしている作りですね。

 

で、これをベースに「さらに何が配合されているのか」を見ていきます。

アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

アルギニン。つまりアミノ酸系の吸着成分です。

リンス剤のように毛髪柔軟性・保湿性があるほか、傷みの強いところに吸着しやすい性質があるので、毛髪で一番傷んでいる毛先に吸着して毛髪を強固にして切れづらくします。

 

商品説明にある

枝毛・切れ毛でお悩みの方などにオススメです

というのはこの成分を指しているのかな?と思います。

※正確にはシリコンや各種保湿剤やセラミドなど複合的な要素があると思いますが、切れ毛・枝毛にアプローチできる特徴的な成分としてはアルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClだと思います。

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

セラミドの様な作用を持ち、疑似セラミドとも呼ばれます。

セラミドのように皮膚のラメラ構造を復活させて、保湿・バリア機能が改善に役立つ成分です。

毛髪にとってもセラミドは成分同士を繋げて離さないように接着してくれる作用や、保湿による表面のバリア機能などに期待できる成分です。

 

ポリクオタニウム-64

別名:リピジュアと呼ばれるヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、水洗後も皮膚に残留し保湿性を発現する成分です。

リピジュア

◆日油株式会社より

「https://www.nof.co.jp/cosmeticlounge/material/pdf/lipidure01.pdf」

 

【スポンサーリンク】

 

解析まとめ

ということで、繰り返しになりますが、

保湿剤とコーティング剤をメイン成分として質感をコントロールをして、その中に毛髪補修成分も配合してある感じです。

可もなく不可もない感じですが、アットコスメの口コミが良いところを見ると保湿剤×コーティング剤の質感コントロールのバランスが消費者にちょうど受けるバランスになっているんですかね。

という感じです。

【アマゾン】

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

新品価格
¥777から
(2017/11/2 00:49時点)

 

【楽天】

資生堂 フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク 230g

価格:880円
(2017/11/2 00:51時点)
感想(4件)

毛髪が再生されるわけではない

商品説明で

痛みきった毛先まで、しっとりとなめらかでスルスルの指触りに仕上げます。

と書かれているように、ダメージが再生されるわけではありません。

 

質感が「しっとりなめらかでスルスルの指通りに仕上がる」だけです。

もちろんそれはうれしいことだし、だからこそアットコスメの口コミ評価も高いんだと思います。

 

最後に・・・注意点

ただ美容師として切に訴えたいのは

以前も話しましたが、質感が改善されただけで内部が再生されているわけではありませんので、もともとハイダメージ毛でパーマがかけられない人が、フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクのおかげで質感が改善されたとしても、パーマがかかるようになるわけではないことをご理解くださいね。

 

改善されたと思っても、もともとハイダメージでパーマをかけられない人がパーマをかけても、掛からないうえに質感も元に戻る、或いは、それ以上に悪化するだけです(>_<)

 

例えば、ホームカラーの繰り返し+フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクに限らずシリコンコーティング力の強いトリートメントで質感をコントロールしている場合、この状態で美容院でパーマをかけようとすると上記のようなトラブルが起きる可能性が高いです(>_<)

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

もちろんフィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクがダメだと言っているわけではなく、使用されている方は、これらのことを理解しつつうまくお付き合いしていただけると助かりますm(_ _)m

 

あと、あんまり弱い洗浄力のシャンプーとフィーノヘアマスクを組み合わせると、シリコンなどのコーティング剤が除去できず日々積み重なり(ビルドアップ)、だんだん質感の低下や、べたつきなどの弊害が起きることもあります。

 

フィーノ ヘアマスクを使用していてだんだん質感の低下を感じたら、このビルドアップの可能性が疑われますので、その場合はフィーノマスクやその他シリコンイン製品を1週間ほど休んでください。

 

そうすると自然と除去されて、べたつき、パサつきが改善されると思いますよ。

「毛髪ダメージ?シリコンなどのオイルのべたつき?よくある勘違い。」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

haru黒髪スカルププロの成分解析 ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング