フィルメッグ(FILMEGG)シャンプー(たまごシャンプー)の成分解析

フィルメッグシャンプー成分解析

今回は、フィルメッグ(FILMEGG)シャンプー(たまごシャンプー)の成分解析です。

また「たまごシャンプー」なんて胡散臭そうなネーミングのシャンプーが出てきました(-_-;)

いったい「たまごシャンプー」とは?

 

解析してみましたm(_ _)m

 

【スポンサーリンク】

 

フィルメッグ(FILMEGG)シャンプーの成分

【成分】

水、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸2Na、ラウラミドプロピルベタイン、プロパンジオール、加水分解卵殻膜、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、クレアチン、腐植土抽出物、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、ペンテト酸5Na、ラウロイルサルコシンイソプロピル、BG、PPG-7、クエン酸、安息香酸Na、塩化Na、アラビアゴム、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、香料

500ml/1728円

 

フィルメッグ(FILMEGG)シャンプーの解析

ではいつもながらシャンプーで一番大事な洗浄成分から見ていきます。

メインの洗浄成分はラウロイルメチルアラニンNaというアミノ酸系で適度に洗浄力があり仕上がりがサラサラ系の洗浄剤。

それ以外にココイルグルタミン酸2Na(アミノ酸系)、ラウラミドプロピルベタイン(ベタイン系)という低刺激・低洗浄のマイルド系洗浄成分が配合されていて、ラウロイルメチルアラニンNaとうまくバランスを取っているのだと思います。

ちなみに質感でいえばラウロイルメチルアラニンNaのすぐ次がグリセリンという保湿剤なので、そのおかげでしっとりとした仕上がりになるのではないかと思います。

いずれにせよ悪くない組み合わせの洗浄成分です。

◆ラウロイルメチルアラニンベースの良いシャンプーって多いです。
「ラウロイルメチルアラニンベースのおすすめシャンプーランキング」

 

それ以外の成分は、

加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

などの保湿・ツヤ・ハリコシなどを付与するコンディショニング成分が配合されています。

 

あとは、腐植土抽出物は最近流行りの「フムスエキス」のことです。ネット上ではとてつもない成分のような感じで書かれていますが、これも僕的には保湿剤と解釈しています。

 

で、「たまごシャンプーの由来」にもなっている成分「加水分解卵殻膜」についてです。

加水分解卵隔膜とは?

お子様連れでの美容院は迷惑?

加水分解卵隔膜は、キューピーちゃんでおなじみの「キューピー株式会社」のケミカル部門が製造している成分です。

ということで、キューピーの説明をお読みくださいm(_ _)m

【卵殻膜とは】
卵殻膜は、卵のなかで育つヒナを優しく保護し、ヒヨコに成長するまで外界(微生物など)から守る皮膚のような役割をしています。
卵殻膜は厚さ70mmの薄膜で 、主に外膜と内膜から構成されています。
古くから傷の治療に効果が認められており、漢方薬の集大成である「本草網目」にも記載されています。

【加水分解卵隔膜の機能】

ハリのある肌を保つため必要なヒアルロン酸やコラーゲンを産生する【線維芽細胞】を増やします 。

赤ちゃんのような肌の柔らかさを生み出す【Ⅲ型コラーゲン】の産生を促進します

キューピー株式会社より

という感じで基本的には頭皮環境を整える成分ですね。

 

特にⅢ型コラーゲンは、赤ちゃんの肌に多く含まれているコラーゲンで、これが徐々に失われるとともに赤ちゃんの肌のような弾力が失われる・・・というものなので、それの産生促進というのは頭皮の弾力性アップ。

つまり、健康な毛髪を育てるために必要な成分という感じです。

 

一応それ以外にも卵隔膜は18種類のアミノ酸なども豊富に含まれているようなので、その保湿力も期待できますね。

・・・

って、つまり毛髪にとってはコラーゲン・ヒアルロン酸・アミノ酸などが含まれた保湿成分ということですかね。

 

シャンプー解析まとめ

まとめるとラウロイルメチルアラニンNaベースの優れた洗浄成分ベースにグリセリンを筆頭とした各種保湿成分を配合。

ラウロイルメチルアラニンNaはさっぱり系ですので、それとうまくバランスを取った感じですかね。

加水分解卵隔膜を筆頭とした頭皮へのアプローチもなかなか悪くないと思います。

ということで500ml/1728円というクラスの製品としてはなかなか悪くないシャンプーだと思います。

ウエルネスボーテ フィルメッグ シャンプー

新品価格
¥1,728から
(2017/11/21 02:02時点)

ついでにちょろっとトリートメントも見ておきますm(_ _)m

フィルメッグ(FILMEGG)トリートメントの成分

【成分】

水、セタノール、トリエチルヘキサノイン、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、香料、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル、加水分解卵殻膜、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、腐植土抽出物、アルギニン、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、クレアチン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、オレイルアルコール、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、変性アルコール、フェノキシエタノール、クエン酸、エタノール、BG、アラビアゴム、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6

 

【スポンサーリンク】

 

フィルメッグ(FILMEGG)トリートメントの解析

トリートメントのベースになる油剤が各種配合されていて製品の重さ軽さがコントロールされるわけですが、それらが

セタノール、トリエチルヘキサノイン、ステアリルアルコール、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル

少し軽めの感じですかね。

 

で、これらの油剤とともにジメチコンというシリコンが配合されています。コーティング成分ですね。

で、同じくこれらの油剤とともにベヘントリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性座)というリンス剤を配合。これは、帯電防止・毛髪柔軟性・きしみ改善などの成分です。「トリートメントは頭皮に付けない」というのはこの4級カチオン界面活性剤に刺激が少しあるからです。

過去にシャンプーは大丈夫だけど、トリートメントでかゆみが出たことがある人は要注意です。

 

と、ここまででフィルメッグトリートメントの質感はほとんど出来上がっていると思います。

 

で、それ以外にシャンプーでも登場した

加水分解卵殻膜、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、腐植土抽出物

などが、保湿・ハリコシ・ツヤ感などをさらに付与しています。

 

軽い油剤&シリコンで、「サラッとしっとり」というちょうどいいところを狙ったトリートメントなのかな、と思います。

 

※そこまで気にする必要はありませんが、セタノール・ステアリルアルコールは旧表示指定成分です。気になる人はお控えください。⇒「旧表示指定成分とは」

 

フィルメッグまとめ

フィルメッグシャンプー成分解析

ということでフィルメッグシャンプー&トリートメントをまとめると、悪くない組み合わせの製品だと思います。

ただ、加水分解卵隔膜はとても優れた成分だと思いますが、「たまごシャンプー」というのはちょっとどうかな・・・と。

まあこれは僕のシャンプーに対しての考え方なだけですが・・・。

シャンプーは汚れを落とすものです。

だから汚れを落とす洗浄成分の質こそ最も大事になります。

 

ですので、その洗浄成分が

  • アミノ酸だからアミノ酸シャンプー
  • オイル成分だからオイルシャンプー

みたいに言うのはわかるのですが、例えばオイルシャンプーでも単純に各種オイル成分がシャンプーに配合されているから「オイルシャンプー」と言ったり、アミノ酸洗浄成分ではなく、アミノ酸が配合されているからアミノ酸シャンプーと言ったり・・・。

 

呼び方に決まりはありませんし、誰がどー呼ぼうが間違いではないのですが、僕的にはなんか違う気がするんですよね。

 

で、それでいうとフィルメッグのたまごシャンプーというのも、洗浄成分以外の成分として加水分解卵隔膜が配合されているということなので、これで「たまごシャンプー」というのはどうなんだろう・・・と勝手な僕の見解ですが。

 

と繰り返しますが製品としては1728円くらいの製品的には悪くない製品だと思います。

 

使ってみて、使用感が気に入ればそのまま利用されて問題ないシャンプー&トリートメントですm(_ _)m

 

【アマゾン】

フィルメッグ シャンプー&トリートメントセット

新品価格
¥3,456から
(2017/11/21 02:01時点)

【楽天】

フィルメッグ FILMEgg フィルムエッグ シャンプー

価格:3,456円
(2017/11/21 01:59時点)
感想(8件)

============

◆当ブログ基準のおすすめアミノ酸系シャンプーはこちら

「アミノ酸シャンプーランキング(成分解析&口コミレビューで評価)」

「市販のアミノ酸系シャンプーおすすめランキング(1000円以内)」

============


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング