フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用の考え方

フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用の考え方

フィナステリドやミノキシジル等の育毛剤の副作用について何回かに渡って

記事にしてきました。

「フィナステリド(プロペシア/プロスカー)の育毛効果と副作用は?」
「ミノキシジルとプロペシアどっちの方が副作用が強い?」 
「プロペシアの後遺症。ポストフィナステリド症候群の恐怖」 

これらの記事を読んでいただくと、

「うわぁ。育毛剤やべぇ(゜レ゜)」

と思いますよね?

 

記事書いた僕も読み返してみてちょっと恐怖を煽りすぎたかな(-_-;)

と・・・。

 

今回は副作用に関する考え方について書いていきますね。

 

【スポンサーリンク】

 

ロキソニンにみる副作用の考え方

ロキソニンはご存知ですか?

おそらく多くの方が生理痛や頭痛などの症状がある時に服用する

チョー有名な鎮静薬ですね。

 

そして昔は医師の処方がないと購入できないものでしたが、

今はドラッグストアで購入できるほど安全なもの?ってイメージがありますよね。

 

このロキソニンの副作用って読んだことありますか?

フィナステリドと7ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとフィナステリドの副作用

 

いかがですか?

これだけ読んだら怖くないですか?

 

血を吐いたり、消化管穿孔(消化管に穴があくこと)、意識の混濁等や

肝機能障害がごくまれに起こると書いてあるんですよ。

 

怖くないですか?

 

さっき育毛剤の副作用の時の感想と同じように

「やべぇ。ロキソニンこわっ」って思いませんか?

 

そういうことです。

お薬なんて大なり小なり副作用はあるんです。

逆に言えば副作用があるものだから医師の処方が必要ってことですから、

医師に処方される全てのお薬には副作用のリスクがあるってことですよね。

 

ただ一つ違うのは、

病気のための薬と違って、薄毛治療のために副作用のリスクを背負って

使用する必要があるか?

ここが人それぞれの価値観の違いかなと思います。

 

こう考えると、少なくとも厚生労働省の認可が下りている

プロペシア(フィナステリド)とリアップ(ミノキシジル)は

服用しても他の多くのお薬と同じくらいの副作用リスク。

ってことは、体質的に合わないってことでなければ

むやみに恐れる必要はないのかなと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ただミノキシジルタブレット

これは開発段階の動物実験で犬の心臓破裂などがあって

開発中止になったものですので、

発毛に対する効果はかなりものみたいですが、

積極的におすすめはできないかなと個人的には思います。

 

まぁそれでも多くの猛者たちが、個人輸入でミノキシジルタブレットを

購入して、服用して発毛という結果を残していることは

耳にすることではあるのですが・・・。

 

フィナステリド薬やミノキシジル薬を服用するか悩んだときは

上記の事も含めてご検討下さいね。

 

まずは、AGA専門の病院に相談するのも有りだと思います。
「AGA(男性型脱毛症)治療。初めは病院のフィナステリドがおすすめ」

 

或いは、そもそもフィナステリドもミノキシジルも

AGAの薄毛に効果があるものですので、

まずは自分がAGAによる薄毛なのかを遺伝子検査することがおすすめです。
「AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット(AGAドッグ)で薄毛治療」

「女性用AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット(AGAドッグ)」

 

※副作用のない育毛をお探しの方はこちら

「モンゴ流deeper3Dはキャピキシルと成長因子で最強育毛剤?」

「病院での薄毛治療はHARG療法/育毛メソセラピーが最先端?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ