パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり/くせ用の成分解析

パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり・くせ用の

成分解析をしていきますね。

 

パンテーンのその他のシリーズの成分解析はこちら
「パンテーン エクストラダメージケア シャンプーの成分解析」
「パンテーン プロブイエクストラボリューム シャンプーの成分解析」

 

本質的なダメージケアを追及してきた「パンテーン」と、サロンで技術と開発力を培ってきた「ウエラ」。 2つのブランドの共同研究から生まれた、深い悩みを持つ髪の、 質感まで変えていくプレミアムヘアケアシリーズ

だそうですww

 

2つのブランドの共同研究っていっても

どっちもP&Gの中の2つのブランドってだけですねw

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり/くせ用の成分

【成分】
水、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ジメチコン、ジステアリン酸グリコール、セタノール、コカミドMEA、香料、ポリクオタニウム-10、クエン酸Na、水添ポリデセン、安息香酸Na、EDTA-2Na、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパン、PEG-7M、PG、クエン酸、パンテノール、パンテニルエチル、マンゴー果実エキス、セイヨウヤブイチゴ果実エキス、アボカドエキス、メチルクロロイソチアゾリノン、塩化Na

 

パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり・くせ用 550ml PANTENE CLINICARE ウエラ WELLA P&G *【PGS-PC16】

価格:1,385円
(2015/7/23 00:57時点)
感想(90件)

 

口コミ(感想)は多い上に評価はいいんですね。

まあそりゃそうだろうと思います。

以下それについて・・・。

 

 

パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり/くせ用の成分解析パンテーン クリニケア シャンプー 髪のうねり/くせ用の解析

美容師泣かせの厄介なシャンプー・・・かな(>_<)

 

シャンプーで一番大事な洗浄成分が

ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム

 

一応ラウレス硫酸na、ラウリル硫酸naよりも

つまりナトリウム(na)よりもアンモニウムにすることで、

使用感はマイルドになりますが

 

アミノ酸などよりもマイルドになるわけではなく、

やはり洗浄力はかなり強いので髪にも頭皮にも負担になるでしょう。

 

で、やはりこれだけだと相当ばさばさキシキシになるでしょうね。

だからシリコン配合(ジメチコン)

 

しかも問題は配合順
水、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ジメチコン

って順ですからね(゜レ゜)

 

界面活性剤の次にすぐジメチコン(しっとりタイプ)というシリコン。

 

つまりシリコンを普通の製品より高濃度に配合しているんですね。

 

もうシリコンでガンガンにコーティングして

クセとかうねりとか寄せ付けないようにしちゃえ!!

って・・・。

 

高洗浄力の界面活性剤+高濃度のシリコンの組み合わせは

ストロー毛排出工場みたいなもんでしょうw

 

ストロー毛はその名の通り、表面ツルツルカチカチ。

中身スカスカ・・・。

 

弾力も何もない人工的な感じの物体・・・。

そりゃ湿気も何も寄せ付けませんね・・・。

「注文した髪型と違う髪型になる原因はダメージにある?」
「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

実際に上記楽天サイトの口コミ(感想)を見ていると

使ってみるとシャンプーの洗い感はキシキシしていますが、しっかり洗えてるという感じ。コンディショナーを使うととってもしっとり ・・・

 

べたつく
髪のうねりと、毛先がパサつくのでためしに購入しました。
上記の問題は解決していません。
さらに、いくらすすいでも頭頂部根元がすすぎ足りないような感じでべたつき感が残ります。

ね?

キシキシしています=高洗浄力

べたつく=高配合シリコン

頭頂部根本がすすぎ足りない感じでべたつく=高配合シリコン

ですね。

 

ストロー毛が作られていきますねw

 

美容師的にはぜひ脱ストロー毛をしていただきたい・・・。

じゃないと思い通りのヘアスタイルを作るうえでの弊害になりますよ。

 

”あなた”が美容院ジプシーになっている原因かもしれませんね。

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ