ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?

ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?

このブログでも、何度も出てくるシリコンノンシリコンというワード。

これについて考察していきます。

 

まずは、大前提として、

シリコン入りがダメで、ノンシリコンなら良いシャンプーだということはないです。シリコン入りかノンシリコンかなんて、そのシャンプーの良さを判断するうえでほとんど役に立ちません。

 

 

【スポンサーリンク】

 

シリコン(シリコーン)とは?

 元は珪石という、河原とかに転がってる白っぽい石から出来ています。

シリコン シリコーン 珪石 珪石

何となく見たことあるでしょ?

 

ここから抽出したものをシリコン

で、このシリコンから作った化合物がシリコーン

このシリコーンがゴムになってたり、油(ヘアオイルなど)になってたり、コンタクトになってたりetc

 

ですので、実はシャンプーに入っているものも皆シリコンと言いますが、正確にはシリコーンです。

 

でも、大体の場合シリコンって言っちゃいますけどね。

僕も、お客さんにもこのブログでもシリコンって言いますしね。

 

 

ホント、シリコンってのは多くのものに使われています。

ゴム製品にもシャンプーにも化粧品にも酸素透過型コンタクトレンズにも

人工心肺膜にも、缶コーヒーの中にも・・・。

 

まだまだあると思いますがこんなにいっぱい使われているんです。

 

シリコンは安全?

なんでこんなにいろんなとこに使われていると思いますか。

それは、アレルギーを持っている人がいないし、酸化しない=腐らないから。

 

石にアレルギー持ってる人って聞いたことありますか?いないですよね。

シリコンって元々が珪石という石から出来ていますので、シリコンにアレルギー持っている人っていないんですよね。

 

さらに石って腐らないじゃないですか?

だからシリコンも腐らないんですよ。

だから、安全ですよね。

 

アレルギー持っている人いないし、腐らないからコンタクトレンズはシリコンで出来ているし、人工心肺膜なんて身体の中に使うんですよ。

しかも缶コーヒーにも入っているんですよ。
(最近はネガティブキャンペーンのせいで入れないとこが増えていますが)

 

それだけ安全・安心

 

まさにオーガニックとか無添加信者が求めていることがシリコンにあるじゃないですか(;一_一)

「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

「オーガニックって意味あると思います?」

 

しかも、こんなに安全・安心なのにコストの安い原料なんです。

 

そりゃみんな使うでしょ(笑)

 

そしたらね、

ある日「シリコンは悪者だぁ」って謎のネガティブキャンペーンが起きて、そのせいでシリコンは悪くないのに使いづらくなって、代わりにシリコンと似た性質の、シリコンよりも原価の高いものを使って、ノンシリコンという名で、今までよりも価格の高い製品が生み出されて行きました

 

チャンチャン

 

【スポンサーリンク】

 

それでも”あなた”にとってシリコンは悪者ですか??

 

シリコンを避けてるのにコンタクトレンズは入れるのですか(笑)

ノンシリコンシャンプー使ってるのに、美容液はシリコン入りを使うのですか?

 

シリコンは、頭皮も毛髪も蓋をしちゃうからだめ??

いやいやカラー剤もパーマ液もシリコンが配合されているものは多いですけど、普通に染まるし掛かってますよね??

「シリコンで「カラー染まらない?」「パーマかからない?」」

 

どうですか?

シリコンに感じていた漠然とした「悪いものなんでしょ?」って誤解は解けましたか??

 

ただね、ここまで言っておいてアレなんですが・・・(;一_一)

 

じゃぁシリコン入ってても気にしなくていいのね!!

ってわけではないんですよ。

 

シリコンは悪者じゃないですが、シャンプーの場合はシリコンはコンディショニング成分(ツルツルさせる理由)として入っていますので、主成分がよければ、そもそもシリコンに頼らなくてもごわつかないんです。

 

で、シリコンが入っている場合は主成分が粗悪なので、シリコンのツルツルに頼ってるってことが多いです。

(全部じゃないですよ。特に美容院系のはこだわってシリコン入っているってこともありますので)

市販品でシリコンが入っている場合はほとんどこういう理由ですね。

 

でも、

「じゃあノンシリコンならやっぱり主成分が良いから買いなのね」!

って言われると、またそれも違う((+_+))

 

さっきも言いましたが、シリコンの代わりにシリコンと似たコンディショニング作用のあるものを入れれば、主成分が粗悪でもノンシリコン製品ってなるんですからね。

 

だから、消費者の方には難しいとこなんです。

 

ですので、変な言葉に騙されず、市販品(1000円以内)で選ぶなら、この辺を選べば市販シャンプーの中では正義です↓

 

で、さらに、

この辺のシャンプー使っていればシャンプージプシーになることはないと思います。

 

とりあえず今回はシリコンの全体的なお話でした。

 

次回は髪の毛とシリコンのことについて書いていきますね。

更新しました
「ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りはダメシャンプー?」
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ