ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?

ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?

今回は髪の毛&頭皮とシリコンの関係性について話していきます。

前回のシリコンの話がまだな方は、まずはこちらをお読みください
「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」

 

前回シリコンの安全性については理解頂けたかと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

ノンシリコンシャンプーはおすすめシャンプーなのか?

これはモノによります。

シリコンってのは毛髪のコンディショニング成分なだけですので、シャンプーの良し悪しにかかわる重要なものではありません

 

シャンプーで重要なのは、シャンプーの本来の目的である「髪と頭皮の汚れを落とす為の成分=洗浄成分」の質です。

ほぼこれで決まるんです!!

 

 

そしてこの洗浄成分を良いものにするとコストがかさみます。(水以外の成分のほとんどを占めるのが洗浄成分です)

一般的なCMシャンプーは、洗浄剤のコストを抑え(低質な洗浄成分)代わりにシリコンというコンディショニング剤で質感をコントロールしてるんです。

(しっとりとか、さらさらとか。)

 

ですので、

洗浄成分が良いものだからノンシリコンって場合は、良いシャンプー。

洗浄成分が悪くてノンシリコンって場合はダメシャンプーです。

※洗浄成分が悪くてごわつくままのノンシリコンシャンプーなら、洗浄成分が悪くてシリコン入りのごわつかないシャンプーの方がまだマシだと思います。

 

だから、ノンシリコンかどうかはさほど重要ではありません。

 

でも、いいシャンプーはノンシリコンで作られることが多いですね。

 

これはあくまでも成分表を見て判断することなので、「ノンシリコンと書いてあって、商品説明も良さそうだからこれは良いシャンプーね♪」ってのは間違いですからね。

 

商品説明なんて・・・。ねぇ・・・。

いくらでもいいように書けちゃう・・・♪~( ̄ε ̄;)

 

ですのでノンシリコンって「言葉」に騙されないでくださいね!!

 

 

美容師takaのおすすめシャンプー一覧

・市販シャンプー(1000円以内)で探すなら
「HIMAWARI(ひまわり)シャンプはおすすめシャンプー?美容師の評価は?」
「「アミノでパープルのジュレーム」はおすすめシャンプー?」

・少し高めでもいいから、良いシャンプー使いたい時は
「ハーブガーデンさくらの森シャンプー」
「サニープレイスアプルセルマスクシャンプー」
「アミノシールドソープD」
「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」

・薄毛やボリューム系でお困りなら
「haru黒髪スカルププロ」
「精炭酸ザクロシャンプー」

「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプー」

 

 

今度は

シリコンが髪と頭皮に付着するとどうなるの?

巷でよく聞く”あの話”は本当なのか・・・。

についてです。

 

シリコンは頭皮を塞ぐ?髪をコーティング??

よくインターネットやドラッグストアの宣伝で↓なことが書いてありますよね。

  • 髪をコーティングするということは髪をサランラップで覆うというイメージ。そうなると髪が呼吸できなくなって結果的にどんどん髪は傷んでいく。
  • シリコンはキューティクルに張り付いて、はがれる時にキューティクルと一緒にはがしちゃう
  • シャンプーに入ってる場合、頭皮も洗うので、その時に頭皮にもコーティングしてしまい呼吸ができない。結果頭皮が悪くなり細毛、クセ毛などのトラブルの原因になる
  • 他にも、コーティングされているとパーマ、カラーが髪の内部に浸透できないのでシリコンを剥がすために強いお薬を使ったり、普通より長く時間を置かないといけない。
    その結果パーマ、カラー剤が強く、長く髪に着くことでシリコンが着いていない髪の毛に施術するよりも髪への負担が大きい

みたいに言われています。

 

逆に擁護派は

  • シリコンは、ラップはラップでも細かい無数の穴が空いていて、髪の呼吸や薬剤の浸透には影響しないから問題ない
  • むしろシリコンが入っていないことでキシキシしてしまう方が摩擦ダメージで負担になる
    (シリコン入れないとダメなくらい粗悪な洗浄成分のシャンプーの話です)
  • そもそもシリコンは性質的に髪には付着するが、頭皮には付着しないので頭皮に対する悪影響は元々ない
  • 配合バランスが問題で、シリコンばっか入ってたらダメだけど他の成分とのバランスでこだわって入れることもある

 

とか・・・。

 

シリコンに関しては各メーカーで認識がちょっとわかれています。

 

でも、ほとんどの研究者が言うには、

 

問題ない

 

「そりゃ、そのメーカーでシリコン入れてるんだから問題ないって言うだろ!!」

 

って思います?

 

美容院専売のメーカーってほぼノンシリコンシャンプーなんですよ。

 

だからシリコンを擁護する義理もないのに、

問題ない

って言いますよ。

 

だから問題ないんですよ。

 

、と、大分あいまいな話から入ってしまいましたが(-o-;)

 

1つずつ検証してみましょか。

 

【スポンサーリンク】

 

シリコンはコーティング剤で毛髪に悪影響?

>>髪をコーティングするということは髪をサランラップで覆うというイメージ。そうなると髪が呼吸できなくなって結果的にどんどん髪は傷んでいく。

A:

先程の擁護派のとこで書いた「無数の穴があいているので、そもそもラップで覆っちゃうから浸透しないってことがない。」って話はそれはそれで「うーん」なんですよね。

要は5円玉のように穴が開いているってことですが、これが重なっていけば真ん中の穴は、上に重なってきた5円玉によって防がれてしまうかもしれませんよね(>_<)

都合よくきれいに整列するわけではありませんからね。

 

ただ、営業の現場でシリコン入りの処理剤(施術前につけるトリートメントみたいなもんだと認識してください)を付けてからカラー・パーマをしても普通に染まるし掛かります。

ですので、サランラップのように蓋をすることはありません。

浸透することは明白です。

 

某科学色の強い美容雑誌でも特集で何年か前にシリコンの実験をしていました↓ 

何十回とシリコン入りシャンプーで洗った毛髪の表面に、

髪に浸透させるような成分を塗布しても弾くことなくちゃーんと

毛髪内に吸収された!!

 

ということです。

 

繰り返しますが僕も美容院の現場でそのように感じます。

 

 

シリコンが頭皮に付着するとコーティングされて薄毛の原因?

>>シャンプーに入ってる場合、頭皮も洗うので、その時に頭皮にもコーティングしてしまい呼吸ができない。結果頭皮が悪くなり細毛、クセ毛などのトラブルの原因になる

A:

某大手美容メーカーが、シリコン入りシャンプーで何十回と洗ったモデルの頭皮をマイクロスコープ(毛穴とかをすごい倍率で見れるアレです)で確認して~~~

と、実験したそうですが、一切毛穴を埋めるという症状はあらわれなかったそうです。

 

シリコンと薄毛の関係についてさらに記事を更新しました
「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」

 

ネガティブキャンペーンのたまものですね(笑)

 

シリコンのせいでカラー・パーマの仕上がりに問題が起きる

>>コーティングされているとパーマ、カラーが髪の内部に浸透できないのでシリコンを剥がすために強いお薬を使ったり、普通より長く時間を置かないといけない。
その結果パーマ、カラー剤が強く、長く髪に着くことでシリコンが着いていない髪の毛に施術するよりも髪への負担が大きい

A:

科学色の強い某大手美容師雑誌の今から4~5年前の実験で、

●その当時の市販CMシャンプー剤で洗った毛髪。

●ノンシリコンシャンプーで洗った毛髪。

で同じようにパーマをかけてみてどうなるか?という検証があったのですが

 

シリコン入りだからパーマがかからないと言うような弊害は一切確認できなかったんです。

 

ただ、トリートメントに入っているシリコンが邪魔をすることはある。

と結論づけられていました。

 

トリートメントってのは特に、”あの”2週間の集中ケアみたいに書かれている奴のことですね。

 

まあそもそも、

大体のカラー剤・パーマ液にはシリコンが配合されています!!

でも、ちゃんと染まるし、パーマかかります。もうこれが答えな気がしますww

 

だって、シリコンでコーティングしてても薬剤が反応できるってことは塞いでいないってことですよね。

 

こんな感じで大体のことは、「シリコンの弊害?そんなことないですよ」って言う研究者が多いです。

 

2016年後半、最近の傾向 

上記の話は適度に配合されているシリコンの場合は・・・という前置きがすべてつく話です。

 

最近はオイルシャンプーなるジャンルなどが出てくるなど、ちょっと前のノンシリコンブームから一転、高シリコンインの商品が増えてきている気がします。(オイルシャンプーの多くはノンシリコンシャンプー+強シリコントリートメントです)

この流れが加速しすぎると、シリコンがビルドアップ(積み重なり)されすぎて、パーマやカラー・頭皮への悪影響・毛髪への負担は起きてくるのかなぁと感じています。

「オイルシャンプーはシリコン入りシャンプー?ノンシリコンとの違いは?」

 

※「じゃあシリコンはダメじゃん!!」ということではなくて、シリコンであろうがオーガニックオイルであろうが、なんであろうが過剰に配合されれば悪影響が起きるということです。(塩は身体になくてはならないものだけど過剰摂取すれば死に至るのと同じことです)

 

 

シリコンのネガティブキャンペーンが起きた理由?

何年も前にシリコンのネガティブキャンペーンが起きましたが、上記の話を読めば「問題なさそうなのに何でダメッ!!って言われてたの?」って疑問に思いませんか??

 

 

数年前の市販シャンプー業界は大手4社がほぼ独占状態でした。
(資生堂・ユニリーバ・P&G・花王)

5番目以降と、この4社ではシェアでは何十%もの差が付いていました。

 

5番目以降の会社が上位4社とどう戦うか?

 

この時、5番目以降のとある会社が

「シリコンネガティブキャンペーンを打ちましょう!!」となりました。

 

 

なぜシリコンをやり玉に挙げることにしたかといえば、

おそらく、今から10年以上?20年以上?前に一部のケミカル美容師達の中で「シリコン配合シャンプーを使っているお客様ってパーマのかかり悪くない?」って論争が起きたことに起因しているのではないかと思います。

 

この時代に僕たち美容師たちの中で「アンチシリコンブーム」が起きたことがあるのですが、それに便乗&話を大きくして3~4年前あたりから大体的にネガティブキャンペーンが一般市場で打ち出され始めたって印象を受けます。

 

特にある1社が積極的にネガティブキャンペーンを打っていました。

皆さんも知っているあのメーカーですよ。

ネガキャンの旗頭だったのは。(CMで「○秒に1本売れているノンシリコンシャンプー」と謳っていたメーカーです)

 

当時、ドラッグストアに行くとノンシリコンシャンプーがずらーっと並んでいるコーナーがありましたが、実は製造メーカーはほんの2,3社でそれらのメーカーがいろんな商品名でノンシリコンシャンプーを製造して、並べていたんですよね。

 

そうすると

「ノンシリコンの商品こんなに増えてるんだぁ。こんなに一気に増えたってことはやっぱりノンシリコンっていいのね」

って思わせられるじゃないですか?

 

でも実は同じメーカーがいっぱい違う名前でノンシリコンシャンプー作っているだけでした。

ってオチだったんですよね(;一_一)

 

手法としては素晴らしいですよね。完全に印象操作に成功しましたもんね。

 

 

美容院ジプシー
ノンシリコンは良いシャンプー。シリコン入りはダメシャンプー?

 

ってさっき気になる文章ありませんでした?

今から10年くらい前?に、一部のケミカル美容師達の中で「シリコン配合シャンプーを使っているお客様ってパーマのかかり悪くない?」って論争が起きて、僕たち美容師たちの中で「アンチシリコンブーム」が起きたことがある

これ↑↑

やっぱダメなんじゃん!!

 

って思っちゃいますよね?

 

今までの大丈夫ですよって話と違うじゃんって。

 

これは配合量とか、その当時のシリコンの質?種類?の問題だったみたいです。

 

僕も実際、某大手美容メーカーの講習会でシリコンについて勉強しに行ったことがあるのですが、アンチシリコンブームが美容師内で起きた当時、どこのメーカーもそっとシリコンの配合量とか種類?とかを変えて改善したと言っていました

 

ちなみに、

その講習会の際に100%原液のシリコン(オイルです)を触ったりしましたが、ちょーベトベトなんですよ。原液は。

 

研究者の人も

「触るのはホントにちょっとにして下さい。じゃないと数日手洗っても落ちませんので(=_=;)」

 

ハッ!!

 

これですよね。ネガティブキャンペーンで言われているのは。

洗っても数日落ちない=髪にコーティング&頭皮に膜&パーマかからない。

 

でもね。ご安心ください。

ちょっとうろ覚えなのですが、シリコンって原液のまま入れるんではなくて、たしか成分表に記載のシリコンってすでに1%位に希釈されているもので、それをシャンプーに入れる時にまた1%くらいしか入れないので、

ちょーーーー薄まっているんですよね。

 

 

研究者の方も言っていましたが、

シリコンの性質上、頭皮にも髪にも膜は張らないモノみたいです。

 

でも、原液とか濃度が濃すぎると、性質云々抜きにして、ベトベトすぎて張り付いちゃうみたいです。

 

で、僕たちが10年前くらいに言っていた

「シリコン毛の人ってパーマ掛からなくない?」

って時代はシリコン濃度が濃い目だったみたいです。

 

で、アンチシリコンブームが一部の美容師の中で起きて、お客様に伝えるじゃないですか。

「CMシャンプーってやばいっすよ」って。

 

そうしたら各メーカーシリコンの配合濃度等をそっと変更した

 

 

つまりシリコン配合シャンプーの創世記。

市販メーカーも右も左もわからず、シリコン入れると主成分悪くてもごまかせて良いね♫って考えで、ガンガンシリコン配合して、そしたら美容師側からクレーム来て、恐らくメーカー側もこの時初めて、シリコン多すぎるとダメなんだって理解して、結果、今日くらいの弊害ありませんよってくらいの配合量になった。

 

って流れかどうかはわかりませんが・・・。

近いことが起きたのでしょう。

 

研究者の人も、あの当時、配合量がそっと変わったと言っているくらいですから。

 

といった感じでシリコンは大丈夫なんですよ。基本的には。

でも、弊害があるのも事実。

 

さっきの某有名雑誌の検証には続きがありまして、シリコン入りシャンプーの場合はどんなに洗っても何の弊害も起きなかったそうですが、シリコン入りトリートメントでは弊害が起きるものもあったそうです。

(トリートメントはほとんどシリコン入りですので、その中でもモノによるのですが)

 

例えば2週間の集中ケア♫

とかっていうタイプのアレのことですね。

 

あっ弊害って言うのは、パーマの掛かりが悪くなるとかって言うことですね。

 

でもーーー。

 

それってオーガニック系を謳っているシャンプー&トリートメントとか使っている人も同じなんですけど。

むしろもっと立ち悪い(・_・;)

 

シリコン系シャンプー&トリートメントで油分多めでべたついちゃってる人って、シャンプー&トリートメントが原因だって思うから、違うの使い始めたり、相談してくれたりするんですけど・・・。

 

オーガニック系使っててべたべたな人って、オーガニックオイルのおかげでそのベタベタのことを「ツヤが出た」っていうでしょ!?

違うんですって!!べた付いてるんですよ(笑)

こんな髪のコンディションだと、それこそ油に邪魔されてパーマ掛かりづらいんですよ(・_・;)

 

シリコン=人口の油
オーガニックオイル=天然オイル

ってだけでどっちも油であることには変わりありませんので。

 

でも、オーガニックが正義だと思ってる人に、

「オーガニックって正義でもなんでもないっすよ。お客さん騙されてるんじゃないですか」

なんて言えないじゃないですか(笑)

 

だから

「お客さん髪にハリコシ出たからパーマがはじいちゃって掛かりづらいですねぇ」

とでも言うしかないんですよね(^^;)

 

なかなか言いやすい人とそうじゃない人いますよね。

 

っとさらっとオーガニック系の批判をしてしまった・・・(;一_一)

 →「オーガニックって意味あると思います?」

 

 

まぁオーガニックを全面的に批判しているわけではないんですけどね、

シリコンとは正反対のことが起きてる「ワード」ですよね。

 

シリコンはダメダメダメ。だからノンシリコン使おうね。

オーガニック以外ダメダメダメ。だからオーガニック使いましょうね。

 

ね。

 

似てる話でしょ?

 

「実際どうなの」って聞かれれば、答えも似てて、

オーガニックかどうかは、いいシャンプーの基準でもなんでもなくて、あくまでも洗浄成分がいいかどうかでシャンプーの良し悪しはほぼ決まる。

 

だからオーガニックかどうかはそんなに重要じゃない。

 

 

詳しくはオーガニックの記事を今度書きますが、野菜とかならまだわかるんですよ。

農薬使ってない野菜が安心ですねって。

まぁこれも一物ある話みたいですが・・・。

 

ただ、成分になるとね。

オーガニック畑でとれた植物から、成分抽出しましたと言われても・・・。

だから?って思いません。

 

例えばラウリル硫酸ナトリウムという成分。

よく「うちのはヤシ油由来です。」

「だから石油由来のラウリル硫酸よりも安全で優しいです。」

 

ってキャッチコピーよく見かけますが、

もう抽出されてるんですよ。100%で。ラウリル硫酸が。

つまり、どちらも化学式はNaC12H25SO4ですよ。

もうこうなっちゃった段階で由来とか意味あるんですかね?

 

泥水でも水道水でも「水」だけを抽出したら H₂o ですよ。

水(H₂o)だけになった状態なら、泥水由来でも水道水由来でも同じものですよね?

 

ってことはオーガニック成分も、抽出前のモノはオーガニックでも成分だけを取り出した場合、もうそれはオーガニック由来だろうが何由来だろうが一緒じゃないですか?

って思うのは僕だけ??

「オーガニックって意味あると思います?」

 

っと話はダイブそれましたが、今回はここまでですm(__)m

「ノンシリコン?シリコン入りシャンプー?安全性は?」

「シリコンのせいで抜け毛・ハゲになる?」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


2 件のコメント “ノンシリコンはいいシャンプー?シリコン入りは危険なシャンプー?”

  1. より:

    takaさん 
    勉強になりました!!

    ノンシリコンが何者かやっと意味がわかりました。

    私踊らされてたんですね(_´Д`)

    実はオーガニックも選んじゃってました(-。-)y-゜゜゜

    オーガニックの記事も楽しみ?にしています♫

    • taka より:

      夢さん

      コメントありがとうございます。

      みんなそうですので、そー気を落とさずに(笑)

      ノンシリコンでもオーガニックでも良いものは良いですから。

      夢さんの使ってるノンシリコンだって、
      ノンシリコンの良いシャンプーかもしれませんからね!!

      オーガニックの記事早く書きあげますね♫

      ありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ