ジュレームリラックス(スリーク&モイスト)の成分解析

今回はジュレームリラックス(スリーク&モイスト)の成分解析をしていきます。

※ジュレームリラックスのもう一つ「ソフト&モイスト」についてはこちら

「ジュレームリラックス(ソフト&モイスト)の成分解析」

 

 

まずはジュレームリラックススリーク&モイストシャンプーの結論から。

市販のシャンプーの中では、「おすすめのシャンプー」です。

 

当ブログを参考にして、市販のシャンプーを使用する場合は、こちらの記事はご確認くださいね
「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

※全てのシャンプーの中でのおすすめはこちらに記載があります。
「おすすめシャンプー解析」

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジュレームリラックス (スリーク&モイスト)の成分

ジュレーム リラックス シャンプー スリーク&モイスト 500ml[ジュレーム ノンシリコンシャンプー]

価格:972円
(2016/2/4 23:51時点)
感想(0件)

ジュレームリラックス(スリーク&モイスト)の成分解析

「成分」

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、アンズ核油、センチフォリアバラ花エキス、トコフェロール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、モモ葉エキス、加水分解ダイズタンパク、加水分解ヒアルロン酸、BG、EDTA-2Na、PG、PVP、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸、グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、塩化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

 

 

ジュレームリラックス (スリーク&モイスト)の解析

シャンプーで一番大事な洗浄成分から見ていきます。

洗浄成分(界面活性剤)は

ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

等になります。

ココイルグルタミン酸NAがアミノ酸系界面活性剤ですので、

アミノ酸系シャンプーと言って問題ないと思います。

 

そして

ココイルグルタミン酸とコカミドプロピルベタインの

洗浄力が弱いですので、

それを補うために

かなり強めの洗浄剤「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」

が加えられている、という作りだと思います。

 

市販という事で考えれば、

かなり良い作りの洗浄剤の組み合わせだと思います。

 

毛髪補修成分としても、

ヒアロベール(ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム)や

ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)など

が配合されていますが、

 

いづれも毛髪に吸着するので

お湯で流しても流されない

吸着型の補修剤で、毛髪に潤いを与えてくれます。

 

 

【スポンサーリンク】

 

ジュレームリラックス(ソフト&モイスト)とどっちが良い?

リラックスシリーズはソフト&モイストと、

今回のスリーク&モイストがあります。

 

どちらがいいかと言いますと・・・

ほとんど同じです(^_^.)

 

実は、

上記で記載した「成分表」で

黄色いマーカーを引いた成分だけが、

スリーク&モイストだけに配合されている成分で

他の成分は全部同じです。

 

つまり4つの成分以外は全部同じ。という事です。

 

ちなみにソフト&モイストにのみ配合されている成分は以下の成分です↓↓

●オリーブ脂肪酸エチルは、細胞と細胞の間に入り込み(積み重なったレンガの隙間を埋めるセメントのようなもの)毛髪内部の水分が流出するのを防ぎキープします。

●ポリクオタニウム―51は別名リピジュアといい、非常に高い保湿ベールをキューティクル表面上に作ります。人工心臓の表面に使用されたりと人体適正が非常に高い保湿ベールです。

「ジュレームリラックス(ソフト&モイスト)の成分解析」

いづれもソフト&モイストの中では、重要な毛髪補修成分です。

 

逆にスリーク&モイストにのみ配合されている成分で、

特徴的な成分は加水分解ダイズタンパクとPVPです。

 

加水分解大豆タンパクは吸着力もある保湿成分。

PVPも毛髪表面に膜を張って保湿力を出します。

さらにPVPはハードスプレーなどにも配合されている

ツヤを出す成分でもあります。

 

この2種のシャンプーの違いはこれくらいしかなく、

大きな差はないと思いますが

 

個人的にはソフト&モイストにしか配合されていない

オリーブ脂肪酸エチルとポリクオタニウム―51の方が

優れている気がしますので

この2種から選ぶのであればソフト&モイストにしますけどね。

 

それか、商品ネームで判断しても良いと思います

「ソフト&モイスト」
・・・しっとりしているけど、軽い仕上がりです。

「スリーク&モイスト」
・・・しっとり艶やかな感じに仕上がります。

って感じだと思いますので、

ご自分のイメージに合う方を使用すれば良いと思いますよ♫

 

まあ「何となく」くらいの違いしかないと思いますけどね。

 

いづれにせよ

久々に市販のシャンプーの中では

おすすめ出来るものだなぁと感じましたm(__)m

 

※ジュレームリラックスを 

楽天サイトで価格を確認する♫ ジュレームリラックスの成分解析

アマゾンで価格を確認する♫ ジュレームリラックスの成分解析

ヤフーショッピングで価格を確認する♫

 

~~~~~~~~~~~~~

 

「美容院ジプシー」脱却には

シャンプー選びも非常に重要です。

 

シャンプーがカットやパーマの仕上がりに影響することもありますので。

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 

でも、わかっていてもなかなか高価なシャンプーは手が出ない(>_<)

という場合もありますよね。

 

そんな方には、

せめてこのブログで紹介してるおすすめの市販シャンプー

を使用していただければ、と思い記事を書いています。

 

※市販で高価なシャンプーを購入するのは危険ですよ!!「高ければ良いシャンプーでしょ♫」って思う方っていると思いますが、その心理を突いた高価なダメシャンプーというモノも出回っていますので(>_<)

 

ですので、少し良いものを購入しようと思うのであれば

ハーブガーデン さくらの森シャンプー辺りはコスパも非常に良く

文句のないシャンプーですので、おすすめですm(__)m

(と言っても2000円するんですけどね(^_^;))

 

毛髪ダメージなどが原因で

美容院ジプシーになっていた場合は

脱却出来るかもしれないシャンプーですよ(^^)

美容院ジプシーじゃないですか

 

※ジュレームリラックスを 

楽天サイトで価格を確認する♫ ジュレームリラックスの成分解析

アマゾンで価格を確認する♫ ジュレームリラックスの成分解析

ヤフーショッピングで価格を確認する♫

 

 

※市販シャンプーの立ち位置をご理解下さい。

まずはこちらを一読⇒「市販のCMシャンプーのおすすめ度」

 

※シャンプーを選ぶときのコストの基準はこちら

「シャンプー/コンディショナー/洗い流さないオイル/大事なのはどれ?」

 

 ※各シャンプー解析一覧はこちら
「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


4 件のコメント “ジュレームリラックス(スリーク&モイスト)の成分解析”

  1. より:

    今度マツキヨのアルジェランやルンタシリーズも解析していただきたいです!

    • taka より:

      つ様

      コメントありがとうございます。
      はい、機会がありましたら解析させていただきます。

      しばらくお待ちください。

  2. こった より:

    初めまして、突然ですが先日ジュレームリラックス(ソフト&モイスト)シャンプー、コンディショナー共に購入して現在使用しているのですが使い始めくらいから痒みとフケが多いです。頭皮は乾燥しているようで髪の毛がゴワゴワ(?)といった感じで…。肩の下くらいまであるのですが時間が無くドライヤーが出来ないのが悪いのかシャンプーが悪いのか洗い方が悪いのかよくわからないので是非専門的な目線からアドバイスが頂きたいです。(今までもフケはあってもここまで頭皮が乾燥しているような感じだったり痒みはありませんでした)
    長文失礼しました。

    • taka より:

      こったさん

      正確なことは分かりませんが、今までと全く同じ生活の中でシャンプーだけを変えた結果、フケかゆみのひどい状態になられたのであれば、こったさんには合わない成分が含まれていたという事ではないでしょうか?

      成分的には市販のシャンプでは良い作りのシャンプーだと思いますので。
      あくまでも一般的に見て悪くないものと、その人にとって反応してしまうモノは別問題ですので・・・。

      取りあえず症状が出ているのであれば使い続けることはおすすめしませんので、ほかの商品に切り替えた方がいいと思いますよ、その場合は念のため他のメーカーさんのシャンプーをおすすめ致します。

      ●「かゆみ・かぶれが出た時のシャンプーの選び方」

コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ