シャンプーや化粧品の偽物はネット上で出回っているのか?

疑問に思ったことはないですか?

シャンプーや化粧品の偽物はネット上にあるんですかね?

 

美容院専売品がなぜネットで、しかも超破格の値段で売っているの?

なんて不思議に思いませんか?

 

今回はその辺の事について。

ちなみに結論は・・・わかりません(>_<)

ww

 

いや、ほとんど本物だと思いますが、

中には紛れ込んでいるっポイですので絶対ではないんですよね。

 

こんなニュースもありましたよね

「ドクターシーラボの偽物オークション販売者を逮捕 愛知県警など」

ドクターシーラボの偽物サンプルをネットオークションで販売したとして、愛知県警などは3月5日、詐欺と商法法違反の疑いで大阪府の男性会社役員を逮捕した。「アクアコラーゲンゲル」の偽物サンプルを、本物であるかのように掲示していた。

 

「P&G偽物シャンプーなど約3000万円相当押収-瀋陽」

遼寧省瀋陽市の公安局支隊は先日、広東宝潔(中国)有限会社(P&Gの中国現地法人グループ)の製品のダンボールおよそ620箱を押収した。ダンボールにはニセのシャンプー、石鹸などが発見された。

 広東宝潔(中国)有限会社の市場価格で計算すると、およそ200万元(約3000万円)に相当する。警察はすでに容疑者2名を逮捕した。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

美容院専売品のシャンプーがネットで安く売っている理由

いろんな理由がありますが

多くの場合は一部の材料屋が販売しているんですよ(>_<)

 

と言うよりは別会社を作って売っているって感じですかね。

 

それとは別に、各ディーラーの過剰在庫をまとめて購入したり

破産した倉庫の商品をまとめて買い取って販売している業者もありますが

それ自体をディーラーさんがやっていたりするので。

僕の以前の取引先もしていましたので。

 

通常の美容院専売品の流通は

メーカー⇒ディーラー(材料屋)⇒美容院

です。

 

で、そのディーラーが美容院に卸すのとほぼ同じ価格で

ネットで販売してしまっているのが現状です(>_<)

 

時には僕たちの仕入れ値よりも安く売っていることまであるんですよ!!

 

 

実際僕が以前仕入れをしていたディーラーは美容院に内緒で

ネットショップでさばいていましたよ(>_<)

 

何で知っているかって、一緒に美容院で働いてた友達が

美容師辞めて、そのディーラーに入ったから知っているんです。

 

「絶対内緒だよ!!」って教えてもらいましたww

当然、別の会社としてやってるように見せてます。

 

基本的には暗黙のルールではダメだったんです。

でも、もちろん法律もないしやったもん勝ち状態だったんですよね。

 

当然美容院が一番の被害をこうむるわけです。

だって美容院が仕入れるくらいの値段で売られちゃいますから

美容院がディスカウントで対抗なんてできないんですよ。

 

だったらって僕もメーカーに直接仕入れさせてくれと

言ったこともあります。

だってフェアじゃない。

 

メーカーは、「ネットでの格安販売を注意してるんですが、なかなか取り締まりきれなくて・・・。」

という「嘘」を付き続けていますww

 

だってその知り合いのディーラーのネットショップ。

特に注意もされないみたいですし・・・。

 

メーカーによっては「もうちょい高くして売ってね」

くらいの事は言うみたいですがそれだけです。

 

そりゃメーカーは売れれば何でもいいんでしょうからね(>_<)

 

某有名メーカーの美容院専売品なんかは

あまりにもネットで安く売られすぎてて、

 

例えば美容院で3400円くらいの仕入れのものが2300円とか・・・。

 

この時はさすがにそのメーカーも動きました。

「せめて3000円以上の価格で売ってね」

みたいな注意喚起をしたみたいですよww

 

ディーラーの人が御達しが来たと言ってましたからw

 

もちろんほかの真相もあると思いますが、

一番多いパターンの真相はこれでしょうね。

 

大手ディーラーとかはこういうことしないんですけどね、

中小ディーラーはそれはそれで生き残るのに必死ってことですね

 

 メーカーさんもこだわって製造している中小企業ほど

しっかり取り締まりをしているので、

あんまりネット上で価格破壊等は起きていないですね

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

ネットの偽物の見分け方

じゃあ、ネット上の偽物騒動ってのは嘘なんだ。

ネットで買ってほしくない美容師とかが垂れ流している嘘情報!?

 

かと言うと、どうも全てがそうなわけではないみたいです(>_<)

 

 

記事の最初に書きましたが、

P&Gのシャンプーの偽物が作られていたり

ドクターシーラボの偽物がネットで売られていたことが

ニュースになっているみたいですからね。

 

そして、このブログでシャンプー記事のために楽天のレビュー読んでいるときに

ある口コミに

長年このシャンプーを使っているのですぐにわかりました。

こちらのシャンプーは偽物ですね。

今まで使用していたものと中身も匂いも違います。

非常にショックを受けています。

みたいに書いていたシャンプーを見かけました。

 

これが事実か、このレビュー者の勘違いか、

このショップへの嫌がらせかがわからないので

どのシャンプーの事かは伏せますね。

 

 

そして、僕がお店で扱っている商品でも偽物騒動があった商品があります。

メーカーが言うには

「某国で偽物作っている工場があって、

製造を辞めるように言うのだが、いかんせん国が違うので取り締まれない(>_<)

ネット上でうちが許可しているショップと謳っているショップが何店舗かあるが

うちは公式ショップでしかネット販売はしていないし

そのショップにうちからは卸していないので、そこからは購入しないように」

と。

 

この正規に許可をもらっているというショップ(某モール内にあるのですが)

スゴイ立派なつくりなんですよね。

別に片言の日本語ってわけでもないですし。

 

ですので他の疑惑もあるんです。

 

本当に偽物が出回っているのか、

本物を安く売られすぎちゃってるから

偽物とアナウンスしているだけなのか

真相は分からないんですよね(>_<)

 

あんまり安く売られすぎるとブランド価値に傷がつくから

嫌がるメーカーさんもありますので。

 

それを偽物と「嘘をつく」ことで

激安業者に対抗しているメーカーもあるんですよね。

 

 

そうすると何で見分けましょうかね(>_<)

 

僕の感覚だと海外商品や製造先が海外のものは

偽物が出回る可能性があるのかな?

なんて。

 

あとはあんまり安すぎたら買わないとか・・・。

同じ商品のネット上の価格を見比べて

安すぎないところから買うって感じですかね。

 

で、一番は

公式サイトで販売している商品はそちらから購入するってことですね。

 

特に大手モール(楽天やアマゾンなど)でも定価で販売されている商品でしたら

確かにポイントは少し惜しいかもしれませんが

公式サイトで購入するのが安心だとは思います。

 

逆にどこもかしこも基本は定価なのに、

ある店舗だけ 10%offとか5%off

ポイントも他の店舗よりも率が高いとか・・・。

 

怪しいです(=_=)

 

最近は偽物対策?値崩れ対策?の為に販売規定をしいている

メーカーも増えてきました。

 

例えば1個販売は定価。

2個は5%offとか。

で、規定内ならネットで販売してもいいし・・・。

って。

 

ですので、どこのサイト見ても大体同じ価格。

そんな時に、あるサイトだけ少しだけでも割引率が高かったり

ポイント率が高かったりすると・・・

 

怪しい??或いは本物だとしても販売規定を無視して出し抜こうと考える

性質のよくないショップですから、手を出さないで頂きたいですねw

 

そうなると定価販売や、2個以上3個以上だと割り引かれていたりしても

どこのサイトでも大体同じ価格で販売している場合は

販売規定がある可能性が高いですので、

その場合は、公式サイトでの購入が一番安全ですね。

 

当たり前のことですが、僕は商品を仕入れるとき

通常の仕入れ先よりも、ネットでもっと安く売っていたとしても

ネットで仕入れることはありません。

(元々ネットで美容院にだけ仕入販売をしている業者もいますのでそれは話が別ですが、それを話し出すとややこしいですので・・・(^_^.))

 

何でかって1%の確率でも偽物をネット上で

つかまされる可能性があるなら

それをお客さんに僕が売ってしまう可能性がありますからね。

やはり確実に安心な仕入れ先から仕入れます。

 

或いは直接メーカーから仕入れられるものは

なるべく直で仕入れるようにしています。

 

やはり一番安心なのは直メーカーですからね。

そしてそれだけ「絶対に偽物がない」とは思っていないからです。

 

皆さんも公式ショップがあるならそちらからの購入が一番だとは思います。

どっかのモールの数百ポイント欲しさに、偽物を掴まされる確率があるなら

そのリスクは避けてもいいと思うんですよね。


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ