コタ アイケア シャンプーYの成分解析

コタアイケアシャンプーyの成分解析

今回はお問い合わせの多いコタアイケアシャンプーYの成分解析です。

※過去に解析したコタシリーズは以下です。
「コタアイケアシャンプー9の成分解析(本当の美容院専売品?)」

 

【スポンサーリンク】

 

コタアイケアシャンプーYの成分

【成分】

水,ラウロイルメチルアラニンNa,コカミドプロピルベタイン,ココイルグルタミン酸TEA,コカミドメチルMEA,ココイル加水分解コラーゲンK,トウキンセンカエキス,モモ葉エキス,ゲンチアナエキス,デキストリン,コンフリーエキス,フユボダイジュ花エキス,ボタンエキス,トコフェロール,水酸化レシチン,グリチルリチン酸2K,グルコノラクトン,グルコン酸Ca,アルギニン,クエン酸,PEG-7 グリセリルココエート,コカミドMEA,イソステアリン酸,PEG-100水添ヒマシ油,グリセリン,BG,PG,DPG,ポリクオタニウム-10,セトレス-24,塩化Ca,塩化Mg,硫酸Mg,エタノール,香料,メチルイソチアゾリノン,メチルクロロイソチアゾリノン,メチルパラベン,プロピルパラベン

 

コタ アイケア シャンプー Y 800mL / 美容室 サロン専売品 

価格:3,880円
(2017/4/7 17:05時点)
感想(454件)

 

コタ アイケア シャンプーYの成分解析

コタアイケアシャンプーYの解析

サロンシャンプーらしいシャンプーです。

シャンプーで一番大事な洗浄成分が、ラウロイルメチルアラニンNa,コカミドプロピルベタイン,ココイルグルタミン酸TEA,ココイル加水分解コラーゲンK

 

ラウロイルメチルアラニンNaがアミノ酸系洗浄成分で低刺激ながらアミノ酸系の割にさっぱりと洗える洗浄成分。

それに低刺激・低洗浄のコカミドプロピルベタイン,ココイルグルタミン酸TEA,ココイル加水分解コラーゲンKが続く感じです。

 

まとめると洗浄力は適度~少し弱めあたりで洗浄剤の組み合わせはいい感じだと思います。

 

それ以外の成分では、グリチルリチン酸2Kが頭皮を乾燥から守り頭皮環境の改善に役立つ成分です。

 

その他各種エキス類や各種アミノ酸も保湿力や頭皮環境の改善に役立ちます。

 

毛髪補修成分としては特筆すべき成分が入っている感じではなく、優れた洗浄剤と保湿力により、今現在の毛髪コンディションを維持する感じのシャンプーだと思います。(それが大事なことですが)

【アマゾン】

コタ アイケア シャンプーY 800mL

新品価格
¥3,065から
(2017/4/7 17:07時点)

 

【楽天】コタアイケアシャンプーYの成分解析

コタ アイケア シャンプー Y 800mL / 美容室 サロン専売品 

価格:3,880円
(2017/4/7 17:05時点)
感想(454件)

 

コタ アイケア シャンプーYの成分解析当ブログのおすすめシャンプー一覧はこちら

 

 

コタアイケアシャンプー数字シリーズとの比較

コタアイケアシャンプーのアルファベットシリーズはF,N,S,Q,K,Yとあってサロン専売品として取り扱いがありましたが、今では楽天やアマゾンなどで購入が可能です。(K,Yがメイン?)

今は数字シリーズ1,3,5,7,9がありますがこちらは本当のサロン専売品という感じでネット上で販売されていることはありません。

 

で、美容師に意見を求めれば、「旧型モデルのアルファベット版よりも数字版の方が優れている」ということになります。

 

実際どうなのかと、過去にこのブログで解析したコタアイケアシャンプー9の成分を見ると、このコタアイケアシャンプーYとあまり変わんないんですね(;^ω^)

 

もちろん洗浄成分の作りは違いますが、コタアイケアシャンプー9の方が優れているかと言われれば、そんなことはなく、どのタイプがその人の毛髪に合うか?というくらいの違いです。

 

簡単に解析すればどちらも、「良い洗浄成分の組み合わせに、グリチルリチン酸2Kや各種エキス類・各種アミノ酸による頭皮環境の改善や保湿。」という言い方になると思います。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

なぜ数字版コタアイケアシャンプーが絶賛されているのか?

この辺の話はコタアイケアシャンプー9の解析記事の時にも話しましたが、美容院側としては自分のサロンで使用しているシャンプーをブログなどで「良いですよ♪」と紹介しても、結局それが良い宣伝になって、ネット上で安く購入されてしまう、ということがあります(>_<)

 

そうなると、当然美容院側はブログなどで紹介したくなくなるんですよ。

 

ですので、逆に絶対にネットで販売しない商品があれば、美容院側としてはそれは大々的に宣伝出来るんですよね♪

だってどんなにほめても外で購入される心配がないから。

 

それがコタアイケアシャンプーの数字シリーズです。

 

ですので、かなり絶賛の声が美容院側から聞こえますよね。

 

ですが、成分的に評価すると意外とアルファベットタイプとそこまで違いはないのかなと思います。

 

もちろん悪いということではなく、良いシャンプーです。

※詳しい話はこちらで書いています。
「コタアイケアシャンプー9の成分解析(本当の美容院専売品?)」

 

当ブログのおすすめシャンプー一覧はこちら

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ