クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの成分解析

今回は、クリスチアーノ・ロナウドがcmをしているシャンプークリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの成分解析です。

 

 

※クリアの女性版はこちら

「クリア ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの成分解析」

 

 

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの成分

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプー つめかえ用 280g[クリア(CLEAR) 男性用シャンプー]

価格:632円
(2015/6/6 00:59時点)
感想(2件)

 

「成分」
クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの成分解析水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、ジメチコノール、コカミドプロピルベタイン、アルギニン、リシンHCl、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、フェニルアラニン、ヒスチジン、タウリン、ココイルメチルタウリンNa、ピリドキシンHCl、酢酸トコフェロール、ヒマワリ種子油、アスパラギン酸、PCA、塩化Na、クエン酸、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、安息香酸Na、カルボマー、EDTA-2Na、トレハロース、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、TEA、水酸化Na、硝酸Mg、PCA-Na、乳酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの解析

こちらも、女性版のクリアと同じで、僕の基準ではおすすめの要素が見つからないシャンプーです(>_<)

 

シャンプーの前半部分を見てみると、「水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、ジメチコノール、コカミドプロピルベタイン」という感じ。

 

これは

  • ラウレス硫酸Na・・・洗浄力強めで頭皮・毛髪に負担になる洗浄成分
  • ジステアリン酸グリコール・・・シャンプーにとろみをつける。(増粘剤)
  • ジメチコノール・・・シリコンの一つ。毛髪表面をコーティングしてツルツルの手触りに~。
  • コカミドプロピルベタイン・・・低刺激・低洗浄の洗浄剤分

という目的で配合されるものですが、まず、ラウレス硫酸na+コカミドプロピルベタインという洗浄剤と、シリコンの組み合わせは、一昔前の市販シャンプーでよく見かけた組み合わせです。

結局ラウレス硫酸naの影響でそのままだとゴワゴワになってしまうのを、シリコンでごまかしている。という作りですね。

 

と、そういう組み合わせなうえに、このシャンプーはシリコンがコカミドプロピルベタインよりも配合量が多いんですよね。

水も含めて4番目にシリコンって、、、。

どれだけシリコンでごまかそうとしているのか、、、。

なかなかこれだけシリコン量多めの作りはないのではないでしょうか。

 

ちなみにそれ以外の成分は、各種アミノ酸が配合されている感じですね。

これらは保湿成分です。

 

ということで、僕の基準ではおすすめする要素が見つからないシャンプーです。

 

 

600円と高いですしね(;^ω^)

やはりあのクリロナ(超一流サッカー選手)をCM起用したんですから、よっぽどの広告費がかかっているんだろうなぁ・・・と思います。

 

ちなみに、CMを観てると

「皮膚科学」と「毛髪科学」の融合

って言っていますよね。

 

これ、当たり前ですよね(笑)

 

髪と頭皮を洗う物作っているんだから、どんなシャンプーでも「皮膚科学」と「毛髪科学」の融合でできてますよ。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ちなみに「栄養士とヘアエキスパートの共同開発」っていう、もっとわけのわかんないキャッチコピーのシャンプーもありますよね。

「ヘアレシピシャンプーを美容師が解析すると」

 

栄養士がかかわってどうすんでしょう(笑)

体と違って毛髪ってもう死んでいるので、栄養与えても食べませんけど(;^ω^)

 

どれもこれも印象操作ってやつですね。

イメージ戦略です。

 

 

●シャンプー解析やおすすめのシャンプーはこちらから

「おすすめシャンプー解析」

 

●なぜシャンプーが大事?

「ホームカラーや市販シャンプーが美容院ジプシーの原因になる?」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ