アレルギーによる「フケかゆみ」の対処法・治し方は?

アレルギー対策シャンプーの選び方

前回の記事でフケかゆみに悩んでいる方用のシャンプーの選び方について記事にしましたが、今回はそのどれも効果がなかった時に次にどうするか、という話です。

つまり、何かの成分にアレルギーがあってかゆみが出ている場合ということです。

 

【スポンサーリンク】

 

アレルギー成分の考え方

前回の記事でも触れましたが、

「”あなた”に合うシャンプー」を質問されたとしても、アレルギーが原因でフケかゆみなどが起きているとしたら、僕には”あなた”に合うシャンプーをお勧めすることができません。

 

なぜなら、アレルギーを起こした成分を特定することは僕にはできないからです。

 

だって、シャンプーの成分は数十種類配合されています。「50の恵み」というシャンプーなんて、最低でも50種類配合されているということですよね。

仮に「50の恵み」にアレルギーを起こしたとして、その中のどれにアレルギーを起こしたかなんてわかりませんよね?

 

やはり前回の記事でも書きましたが、その中に表示指定成分が配合されていたとしても、表示指定成分は「ごくまれに重篤なアレルギー症状を起こす人がいるので商品に記載の義務があった(今は義務じゃないので旧表示指定成分と言われています。)」というもののだけで、

「旧表示指定成分が配合されているシャンプーを使用してかゆみが出たら、その原因は旧表示指定成分だ!!」

と断定できるわけではないんですよね(>_<)

「旧表示指定成分とは」

 

以前、知恵袋を見ていたら、

旧表示指定成分無添加と書いてある化粧品を使用したのに、かゆみなどのアレルギー症状が出た。ってことは旧表示指定成分無添加ってのは嘘なのね。なんか入ってんでしょ?騙された( `ー´)ノ

みたいなことを書いている人がいて、

「いやいや、そういうことじゃないし(笑)”あなた”がアレルギーを起こした成分が旧表示指定成分以外のものだっただけでしょ・・・。」

と。

 

旧表示指定成分はごくまれにだけどアレルギーだった場合に重篤な症状が出るので気を付けるように注意喚起されているだけで、「誰にでもアレルギー成分だからかゆみを起こすよ。」ってことではないんですよね。

 

ですので、旧表示指定成分が配合されているシャンプーでかゆみが出たらそれが原因と特定できるわけではない。ということですね。

 

しかも・・・

さらにやっかいなのは、シャンプーにはほとんどの場合、成分表に「香料」と書かれていますが、香料とはいろんな成分をブレンドして出来ています。

そのブレンドされた香り成分を一括りにして「香料」と書かれています。

 

ですので、”あなた”がアレルギーを持っている成分が香料の一つとして配合されているかもしれないんですよね(>_<)

 

しかも、香料に何を使用しているかは、企業秘密ですので公表しなくていいことになっています。

 

もうこうなっちゃうとアレルギー症状を起こしたことがある方に、僕が「”あなた”にはこれが合いますよ」と言えることってないんですよね(>_<)

 

アレルギーと関係ない頭皮の悩みに関してはこちらで確認ください
フケかゆみに悩んでいる方用のシャンプーの選び方

 

【スポンサーリンク】

 

アレルギー持ちにおすすめのシャンプーとは

それは・・・

「なるべく成分配合数が少ないモノ」

  ×

「”香料”の記載のないモノ」

これにつきます。

 

 

「何種類くらいのものがいいですか?」という質問にはお答えできませんが、いろいろなシャンプーの成分表を片っ端から見て、一番成分配合数が少なく、香料の記載のないモノが良いです。

 

なぜかというと、「成分が少ない」・「香料の記載がない」ということは、”あなた”にとってアレルギーを起こすかもしれない成分に当たる可能性が減るということですので。

 

もちろん成分数が少ないうえにシャンプーで一番大事な洗浄成分が優れていることが一番ですが。

 

そしてここで一つ勘違いしないでいただきたいのが、オーガニック系のシャンプーが優しいシャンプーだという間違った解釈。

別にオーガニックであるなしでシャンプーの質は何一つ判断できません。普通のシャンプーがそうであるようにオーガニック系も粗悪なモノと良質なシャンプーがあります。

ですので、「アレルギー体質だから体に安全そうなオーガニックシャンプーを使用しよう」と言う考え方は捨てた方が良いかもしれませんね。

「オーガニックって意味あると思います?」

 

※成分数が少なくて洗浄成分も優れているシャンプーがどれかは今現在お答えできませんが、そんなシャンプーを見つけましたら紹介していきますね。この記事を読まれた方で「このシャンプーは??」と言うものがありましたらコメント欄よりご質問ください<m(__)m>

 

と言うことで、結論は

アレルギー持ちでシャンプージプシーの方には、「成分が少ない」×「香料の配合なし」のシャンプーを探して、一つ一つ試していく、という地道な作業を繰り返していく中でご自分に合ったシャンプーを見つけていくしかない

と言うことになります<m(__)m>

 

 あっ!!それでもダメなら最終手段はあのシャンプーしかありません・・・。

そう!!

石鹸シャンプー…!!

って話はそのうちしますが、最終手段って書いているように「アレルギー体質でやむを得ず」と言う場合以外で石鹸シャンプーをおすすめしません。

 

だって、あんなに強洗浄力のシャンプーで洗ったら毛髪ダメージは結構進むと思いますよ。だって石鹸シャンプーでキューティクルが毛羽だってギシギシに絡まるから、その後に酸リンスを付けるんですよ。

いつも言っていますが、あのギシギシ状態の時にダメージが進みますので、そのあと酸リンスでギシギシとってももう後の祭り状態なんですよね(;^ω^)

 

ってことで、石鹸シャンプーはアレルギー体質の方の最終油断としておすすめします<m(__)m>

 

 【関連記事】
フケかゆみに悩んでいる方用のシャンプーの選び方


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ