アミノ酸シャンプーランキング(成分解析&口コミレビューで評価)

おすすめアミノ酸シャンプー

前回、市販の1000円以内のアミノ酸シャンプーの中でランキングを作りましたが、今回はすべてのアミノ酸シャンプーの中でのランキングです。

成分解析&実際に試したことがある製品の中でランキングを作成しました。

 

アミノ酸シャンプーとは?

市販のおすすめアミノ酸シャンプーランキングで説明しているので、コピペですm(_ _)m

アミノ酸系シャンプーを名乗るのに決まりはありません。

アミノ酸系シャンプーを名乗っている商品には3パターンあります。

  1. メインの洗浄成分がアミノ酸系洗浄成分
  2. メインじゃないけど一応ちょっとだけアミノ酸系洗浄成分が配合されている
  3. アミノ酸系洗浄成分は配合されておらず、アミノ酸が配合されている。

僕的にはアミノ酸系シャンプーを名乗れるのは「1,メインの洗浄成分がアミノ酸系洗浄成分」の時だけだと思っています。

皆さん的にもイメージはそうですよね?

===========

2番目のパターンですが、例えば「Orgenoa オルジェノア リッチリペア シャンプー」は「アミノ酸系洗浄成分で髪と頭皮をいたわりながら~」とメーカー説明にありますが、実際アミノ酸系洗浄成分はごく少量しか配合されていません(>_<)

個人的にはこれではアミノ酸系を名乗るのはナシだと思っています。(繰り返しますがアミノ酸系を名乗るのに決まりはありませんので、僕の中では「ナシ」なだけで、オルジュノアのメーカーさん的には「アリ」だということですね。)

===========

次はこれ。

「3,アミノ酸系洗浄成分ではなく、アミノ酸が配合されている」

ただのアミノ酸なら基本的には保湿成分です。

保湿剤としてアミノ酸が配合されていようが、結局は洗浄成分の質が一番大事です。

例えば、グルタミン酸はただのアミノ酸で保湿成分。ココイルグルタミン酸TEAはアミノ酸系洗浄成分。

僕にとってのアミノ酸系洗浄成分は、後者のココイルグルタミン酸TEAの方だけです。

===========

ということで、当サイトでは「アミノ酸系シャンプーとは、メイン洗浄成分がアミノ酸系の製品」としています。

 

コカミドプロピルベタインはアミノ酸系洗浄成分???

最近気になってしょうがないのが、コカミドプロピルベタインをアミノ酸系洗浄成分と謳っているメーカーが増えてきていること。

コカミドプロピルベタインは昔から「ベタイン系」というジャンルに属します。

「~ベタイン」という洗浄成分はまとめてベタイン系です。

ずっとそうやって習ってきました。

 

なのに・・・

そのコカミドプロピルベタインがアミノ酸系??

 

どうしても納得いかないんですよね・・・

 

コカミドプロピルベタインは低刺激・低洗浄成分で仕上がりもしっとり。

強洗浄力・刺激のある洗浄成分の効果を緩和させる役目もある凡庸な成分で、多くの市販シャンプーに配合されています。

さらに世界中の原料メーカーが凌ぎを削る成分なので価格競争が起きて原価も安いです。

 

なのに・・・「アミノ酸系で~」とか「高級な成分で~」みたいな説明がされていることを最近ちらちら見かけます。

(大抵はネットを中心に販売しているメーカーです)

 

結構なミスリードだなぁ・・・と。

 

悪い成分じゃないから、コカミドプロピルベタインが配合されていてダメとかそういうことはないです。

でも、そういう宣伝をしているメーカーが嫌いですm(_ _)m

(嫌いでも、シャンプーを評価するときに影響することはありません)

 

ということでこのサイトでの「おすすめアミノ酸シャンプー」にコカミドプルピルベタインベースのシャンプーは含みません。

 

2017年おすすめアミノ酸系シャンプーランキング

2017年現在のおすすめアミノ酸シャンプーランキングです。

◆値段は考慮していません。

◆実際に試したことがあるものを掲載しています。

◆順位は付けられないのでおすすめアミノ酸シャンプー一覧になっています(;^ω^)

(あいうえお順)

 

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー

アスタリフトロゴ

ココイルアラニンTEAベースのシャンプーです。

「スカルプ」の名の通りさっぱりとした使用感のアミノ酸シャンプーです。

 

★ハリコシ・ボリュームアップ&頭皮環境改善狙いならこのシャンプーがおすすめです!!

※しっとり収まりの欲しい「くせ毛・硬毛」の人には合わないかもしれません。

===========

◆僕の記事「アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーの成分解析と口コミレビュー」

◆公式サイト「アスタリフトスカルプフォーカスシリーズ

★お試し3点セット有り(シャンプー&コンディショナー&育毛剤)/1200円

 

アビスタエイジングケアシャンプー

アビスタロゴ

とってもバランスの良いシャンプーです。

ラウロイルメチルアラニンNaベースのアミノ酸シャンプー。

★シャンプー&コンディショナー共にノンシリコンなのにさらさらしっとり収まりの良いシャンプー&トリートメントです。値段無視なら一番おすすめかも・・・

※オーガニック系製品の時はいつも×2言いますが、オーガニックオイルやエキスが豊富に配合されている場合、そのどれかにアレルギーを持っている可能性があります。(かゆみ・炎症・べたつき)

◆僕の記事「AVISTA(アビスタ)エイジングケアシャンプーの成分解析」

◆公式サイト「アビスタエイジングケアシャンプー

※980円の1週間お試しパックがあります。

 

アンククロス オリジナルシャンプー

アンククロスシャンプーの成分解析

東京の美容室アンククロスが手掛ける美容院専売シャンプーです。(その他更新オンラインショップで販売)

ノンシリコンシャンプー&シリコンイントリートメントの組み合わせです。

さすがの美容室専売品という感じです。(特に使用感などのバランスが良いです)

◆この記事「おすすめノンシリコンシャンプー」の中では500ml /2700円と最もコスパが良いです。(現在定価5400円が半額中です)

◆僕の記事「アンククロスシャンプーの成分解析」

◆公式サイト「アンククロスオリジナルシャンプー 

 

ハーブガーデンさくらの森シャンプー

ラウロイルメチルアラニンNaベースのアミノ酸シャンプーです。

上記アビスタエイジングケアシャンプーとほぼ同じ作りのシャンプーです。(おそらくどちらも同じ出どころのOEM商品。つまり同じ工場で作られている製品)

若干成分数がハーブガーデンの方が少ないです。

その影響か実際の使用感も若干アビスタに劣ります。

★しかし、値段はアビスタの半額ほどで購入できますので、コスパも含めて考えると現実的には一番おすすめ?

※アビスタと同じように、そしてオーガニック系の製品でいつも言うように、各種オーガニックオイルやエキスが多く配合されているので、そのどれかにアレルギーを起こす可能性は0ではありません。(かゆみ・炎症・べたつき)

◆僕の記事「ハーブガーデン さくらの森シャンプーの成分解析」

◆公式サイト「100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】

 

haru黒髪スカルププロシャンプー

haru黒髪スカルププロの成分解析

ココイルグルタミン酸TEAベースのアミノ酸シャンプーです。

育毛にかなり期待できる成分が豊富に配合&毛髪補修剤も配合&オールインワン(シャンプーのみのラインナップ)なのに収まりが良い(うちの奥様は超剛毛だけどトリートメントがいりません)

 

ということで

★薄毛の悩みや予防を考えている。だけど毛髪補修もしたい。収まりもよくしたい。つまりいろいろ用途にとてもおすすめできるシャンプーです。

※デメリットも書いているのですが、このシャンプーには目立ったデメリットがありません。強いて言うなら、言ってもオールインワンでトリートメントがないので、人によってはトリートメントが欲しくなるかもしれませんね。その場合はほかのトリートメントを使用されればOKですm(_ _)m

◆僕の記事「口コミで評判のharu黒髪スカルププロを解析」

◆公式サイト「haru 黒髪スカルプ・プロ

 

===========

あいうえお順

===========

 

終わりに

終わりに

いかがだったでしょうか?

順位付けするのが難しかったので、それぞれ「おすすめな毛髪」を紹介しておきましたm(_ _)m

 

アミノ酸シャンプーだからツルツルさらさらになる

というわけではありませんので、その点はご注意の上お試しいただければと思います。

 

アミノ酸シャンプーの良さは、不自然なツルツル感ではなく、

  • 自然な収まり
  • ツヤ感
  • さらさら感

を演出できるところだと思います。

 

※もちろんアミノ酸洗浄成分の組み合わせや、ほかの成分の組み合わせで仕上がり感は変わりますが。

 

紹介した中に、読者様に合うシャンプーがあればうれしいなぁ♪

と思いますm(_ _)m

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ

==============
【当ブログおすすめシャンプー】
haru黒髪スカルププロの成分解析
ハーブガーデンさくらの森シャンプーの成分解析




【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

おすすめシャンプーランキング