アミノマスターモイストリッチシャンプーの成分解析

今回はアミノマスター モイストリッチシャンプーの成分解析です。

こちらのシャンプーは美容師が監修したシャンプーのようですね。

 

ときわ商会 アミノマスター モイストリッチ シャンプー【RCP】楽天 通販 化粧品 @コスメ アットコスメ クチコミ ロコミ ランキング

価格:2,700円
(2015/9/20 22:56時点)
感想(2件)

アミノマスターモイストリッチシャンプーの成分解析

このシャンプーは、

よく言えばしっとりまとまる。悪く言えば重めのベタつくかもしれないシャンプー。

以下詳しく解析していきますね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

アミノマスター モイストリッチシャンプーの成分

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ポリクオタニウム-10、加水分解ケラチン、セラミド2、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリー、プロポリスエキス、ハチミツエキス、ハチミツ、ヤシ油、白金、オウゴン根エキス、ワレモコウエキス、カンゾウ根エキス、ヤシ油アルキルグルコシド、リシンHCl、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、シスチン、タウリン、フェニルアラニン、アルギニン、システイン、トリプトファン、プロリン、メチオニン、チロシン、グリセリン、クオタニウム-18、クオタニウム-33、クエン酸Na、塩化Na、コレステロール、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ペンチレングリコール、ラウリルピリジニウムクロリド、パルミチン酸イソプロピル、BG、イソプロパノール、PG、フェノキシエタノール、香料

 

アミノマスター モイストリッチシャンプーの解析

まずは一番大事な洗浄成分がココイルグルタミン酸TEAのみ。

 

こちらの界面活性剤がアミノ酸系で、

これ一つだけしか洗浄成分がありませんので

メーカー説明にもある様に、

アミノ酸系洗浄成分100%という事になるんだと思います。

 

ちなみにこのココイルグルタミン酸TEAは、

洗浄力弱めでしっとり感が残る洗浄成分。

 

多いパターンだとココイルグルタミン酸TEAだけだと弱すぎるので

他の界面活性剤と組み合わせて使用されることが多い気がしますが

ココイルグルタミン酸TEAだけですので、

このシャンプーが合う人は限られてくるのではないかなと思います。

 

勿論一番大事な界面活性剤が

ココイルグルタミン酸TEAですので

良いシャンプーであることは間違いないのですが

ココイルグルタミン酸TEAがしっとりする上に、

リンス成分である「ポリクオタニウム-10」という薄い皮膜を毛髪表面に張って

手触りをよくするコンディショニング成分が4番目に多い配合。

(水・アミノ酸洗浄成分・洗浄成分の補助剤・ポリクオタニウム―10の順)

 

さらに、ヒアルロン酸クロスポリマーNa。ポリマー=皮膜成分

等々が多い配合ですので、

繰り返しになりますが、よく言えばしっとり、悪く言えばベタベタ。

という感じではないでしょうか。

 

 

オイルぎっしり・ワックス付けるなんて方や、

軟毛の方でボリュームを出したい人。

等々には適さない気がしますし、

 

逆にスタイリング剤をあまりつけず、

普通~太めの髪質で膨らみやすいからボリュームを抑えたい方

等々には向いているかもしれません。

 

ただ、そういう方の中でも注意が必要なのは、

毛髪太めでクセがある人で膨らみやすいなんて方の中で、

逆にすごい吸収しやすくてベタベタになりやすい人がいらっしゃいます。

 

ホント判断は難しいところ。

開発にかかわった?美容院のブログでも

「当店でも誰にでも薦めるわけではなく、合う人・向いている人にだけ紹介する」

みたいなことを言っていますので。

 

ですので、このシャンプーは出来れば、

美容院で「このシャンプーが合いますよ」

と言われた場合に使用してみるのが良いかなと思います。

 

で、美容院で勧められて一度美容院で購入して

(多分ネットだから特別安いシャンプーではないと思ますので)

気に入れば、次回以降ネットで購入してもいいかもしれませんね。

もちろん美容院で購入してあげてほしいですが・・・。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

2シャンプーを推奨?コスパは?

さらにこのシャンプーの開発にかかわった美容師?のコメントを見ると

2シャンプー(2回シャンプーをする事)を基本としているみたいですね。

 

確かに洗浄成分が弱いですので2シャンプーにすることで

スタイリング剤や重めのアウトバストリートメントを使用していても

「対応可能ですよ。」という事だと思うのですが、

そうするとこのシャンプーのコスパの良さが影をひそめてしまう

というのが悩ましいところですね(>_<)

 

500mlで2700円?くらい.

2シャンプーなら1回目のシャンプーは1プッシュ。

2回目が2プッシュですので、単純に1.5倍の量。

ですので、333mlで約2700円くらいになる計算ですかね。

 

そう考えるとちょっとコスパが悪い様な気もします。

その辺をどう考えるかは、ホント使用感としてその方に合うかどうかですね。

 

しつこいですが合う様であればこのコスパでも使用する価値はあると思いますし、

でも、合わないときに(ベタベタになっちゃう)価格的に痛いですので、

先ほども言ったように、美容院で「あなたに合いますよ」と紹介された場合には

使用されてもいいシャンプー。

という感じですかねm(__)m

 

 「おすすめシャンプー解析」


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haruスカルププロ





【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ