とっても大事な自己申告(セルフカット・ホームカラー伝えてますか?)

ミドリムシエメラルドの効果と口コミ

自己申告って、とっても大切です<m(__)m>

 

前回の来店から2か月後のご来店。

お客さん「伸びた分でお願いします。」

美容師「じゃあ2.5cmくらいですね。」

 

チョキチョキ

 

チョキチョキ

 

・・・

 

・・・

 

美容師(あれ?前回サイドってこんなに短くしたかな??)

美容師「お客様。サイドの長さって・・・。」

お客様「あーーそういえば一回自分で横だけ切ったんだ!!」

 

美容師(それは伝えてくれないと・・・(/・ω・)/)

 

【スポンサーリンク】

 

こういうことってぼちぼちあります(>_<)

もし気づいていなかったら・・・あるいは前回と違う人が担当だったら・・・。

 

多くの場合、美容師はカルテにある情報&前回来店からどれくらいたっているかなどを目安にしてカットをします。

 

で、特に自己申告していただかなければ、前回~今回のご来店の間で「ご自分で」或いは「他店で」ハサミを入れているとは思っていないです。

 

もちろんいつもより明らかに来店周期が伸びている、或いは、あからさまにわかるくらい違えば「あれ?途中で何かしました??」とは聞けるんですけど・・・。

 

おそらくお客さん的には、途中でいじっちゃったことに後ろめたさを感じてお伝えいただけない場合もあると思うんですが、全然そういうの気にしないでください!!

 

いかに正確に情報をお伝えいただけるかが、美容院で失敗しないための一つの条件ですよ!!

 

特にご新規の人だと、お客さんから得る情報だけが頼りです。

過去に美容院で、あるいは、自宅で「どのような施術を何時したのか」をより詳しく正確に教えていただけるほど、情報が増える分だけ間違いのない施術ができますよ。

 

「段を入れる」「段を付ける」とはどういうこと!?

 

先ほどの話も担当美容師が、お客さんが自分で切ったことに気づかずに、2.5cm切ってしまうと、前回よりもサイドが短くなるということです(>_<)

 

 

仮に前回と今回でスタイリストが違えば、前回の美容師はうまくて、今回の美容師は「いつもと同じ」って言ったのにサイドを短くされちゃった・・・あんまり上手くないのかな??

というレッテルを張られてしまう可能性もあるんです(>_<)

 

前提として、カウンセリングをしっかりして、そういう話も引き出さないとダメなんだとは思います。

 

でも、カウンセリング時に美容師に「前回~今回の間でご自分でしたり、他店でされたりしていないですか?」なんて確認されたことありますか??

 

あんまりないですよね?

 

人によってはそんな質問をされたら、「監視されてる・・・うちのサロン以外でやっちゃダメ!!」と言われているような気がして嫌な気分になる人もいるのではないですかね。

 

ですので、カウンセリングでの定型文としては質問はしづらいです(>_<)

 

あからさまにわかるくらい違えば聞きやすいですが、そういう人は逆に堂々と自己申告してくれますので。

 

ちょっとばれないくらいに少し自分でハサミ入れました、、、みたいに「こっそり感」がある人ほど自己申告されないんですよね(;^ω^)

 

「ちょっとくらいならいいか」みたいな・・・。

 

いや、でもそのちょっとが命取りになることもあるんですよ!!

 

【スポンサーリンク】

 

梅雨の時期に自分では湿気で髪型が嫌な感じなのに、それを周りの人に言うと「そう??いつもと同じじゃない??」って言われたことないですか?

 

つまり「周りの人は気づかないくらいのちょっとの変化でも自分では気になる」ということです。

 

そのちょっとの違いの間違いをなくすためにも、そしてより正確に施術をするためにも自己申告は非常に大事になるんですよね。

 

で、そもそもなんでこんな話を記事にしたかというと、まさに最近縮毛矯正で危ないことが起きたからなんです(>_<)

 

=============

 

縮毛矯正は根元リタッチがおすすめ

定期的に、年に3回、縮毛矯正をされるお客さんがいます、

この人とはもう15年来の付き合いになりますが、その間ずーっと年に3回ペースで縮毛矯正をしています。

ちなみに「めちゃくちゃ細毛」で「めちゃめちゃくせ毛」で「めちゃくちゃ傷みやすい」です(>_<)

 

と、話を進める前にちょっとだけ縮毛矯正について。

=============

縮毛矯正ってのは、健康な毛髪には強いお薬。ダメージを負った毛髪には弱いお薬と使い分け施術していくメニューです。

ですので、仮に5か月前にカラーをしていた場合、根元から5cmは健康毛ですので強い薬。そこから毛先にかけてはカラーをしているダメージ毛ですので、そのダメージレベルに合わせて薬剤を変えるんです。

この時に、仮に健康毛もダメージ毛も同じように強いお薬を使用してしまうとカラー毛部分に深刻なダメージを負ってしまうんですね(>_<)

「縮毛矯正で髪がチリチリに傷んだ理由」
「自宅で市販の縮毛矯正(ストレートパーマ)剤で真っ直ぐに出来る?」

=============

 

で、このお客さん。

いつものように根元側の健康毛に強いお薬を塗布して、ちょっと時間たってから、髪の毛をチェックしてみると・・・

(あれ??前髪が変だぞ??いつもより薬剤の浸透がメチャクチャ早い( ゚Д゚))

 

で、質問してみました。

僕「前髪って前回~今回の間で何かしました??」

お客さん「すごい!やっぱりわかるんですねぇ。前髪の方の白髪が気になって白髪染めを部分的にしました。」

と、このお客さん。

 

白髪がちょっとだけまばらにある人だったんです。で、どうやら前髪あたりに気になる白髪があるから染めたらしいんですよね。

 

ほぼ地毛と同じ色で染めていたので、全然気づかなくて(>_<)

 

気付かないから、いつものようにリタッチ部分に強いお薬を塗布していたんです・・・白髪染めをしてダメージを負った部分も一緒に(;´・ω・)

 

たまたまこのお客さんはもともとかなり傷みやすいので、普通よりもこまめに毛髪の状態をチェックするので、早めに異変に気付いたんです。

 

おかげですぐに対応できたので最悪の事態は免れたのですが・・・。

 

 

これ、一歩間違えたら、前髪だけメチャクチャ傷んで、まっすぐだけどホウキみたいバサバサした髪の毛に仕上がるところだったんですよ(>_<)

 

ホント大げさじゃなく、こんな感じになっちゃうんです↓↓

縮毛矯正チリチリ毛

 

 

確かに聞かなかった美容師サイドが最終的には悪いのかもしれませんが、なかなか10数年来の付き合いで一度もセルフカラーをしたこともなく、且つ、地毛と同じ色でフェイスライン側だけ白髪染め。しかも白髪もご本人様が気にしているだけでほとんど気にならないレベル・・・。

 

なかなかこの状態で見極めるのは難しいです(>_<)

 

むしろ今回途中で気づいた自分をほめてあげたいくらいです(笑)

 

 

 

結論としては、美容師が施術するときに毛髪コンディションを見ただけですべてを把握することは無理です。

お客さんからいろいろ過去の履歴を聞くなどの情報を得ることでわかることも多々あります。

 

ですので、なるべく毛髪の過去の履歴は包み隠さず、或いは、めんどくさがらずにお伝えいただくと良いと思いますよ♪

 

よろしくお願いします<m(__)m>

 

美容院ジプシー記事まとめ一覧

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ