おすすめの無添加(防腐剤フリー)シャンプーはある?

SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析

いきなりですが、無添加シャンプー・無添加化粧品なら優れた商品というわけではありません。

無添加というのは、「何かを添加していない」というだけですので、「優れた成分を添加している」という意味ではありません。

ですので、無添加という言葉だけで、その製品の良し悪しを決めることは不可能です。

そもそも無添加なら安心ということもありません。イメージとして良く感じるだけです。

 

という細かい話は以前の記事で書いていますのでこちらをご確認ください。
「無添加シャンプー・無添加化粧品って何が無添加?」

 

完全無添加とか書いているメーカーさんもいますよね・・・完全無添加って・・・それって「ただの水じゃないですかね(笑)」(揚げ足取りですw)

 

と、そんな中、恐らく無添加好きな人が想像する「無添加の意味」にかなり近いのではないかと思うシャンプーを見つけました。

というのが今回のお話です<m(__)m>

 

SORAスカルプシャンプーGOLDは無添加シャンプー?

SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?

無添加という言葉に良いイメージを持っている人が想像する「無添加シャンプー」というのは、ネガティブに言われることのある成分を排除したうえで(実際によくないものかどうかは別にして)、シャンプーとしての質も優れているシャンプー。

こんなところではないかと思います。

 

今回はたまたまそれに当てはまるようなシャンプーを見つけましたので記事にしました。

 

それはSORAスカルプシャンプーGOLDというシャンプーです。

細かい解析などは前回の記事「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」で書いていますのでそちらをご確認ください。

 

で、その時にも触れましたが、このシャンプーは「天然無添加生シャンプー」という書き方をしていまして、「なんだそれ??最近よくある新手のキャッチコピーか??」と思っていたんですよね。

SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析

どうもこのシャンプーでいうところの「天然無添加生シャンプー」というのは、

  • 「石油系成分フリー」
  • 「防腐剤フリー」
  • 「シリコンフリー」
  • 「天然由来成分配合」

等のことを指すようです。

 ※直接メーカーサイトを確認する場合はこちらです⇒「SORAスカルプシャンプー SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー」 

 

でも冒頭で触れたように、無添加だから優れているわけでも、まして、天然だから優れているなんてことは「ない」んですよね。

 

こんなことはシャンプーメーカーさんの特に開発にかかわっている人なら間違いなくわかっていることです(営業さんなどは意外とわかっていない場合もホントあります)。

 

でも、宣伝のためにはいかに消費者に”刺さる”宣伝ができるかで売れ行きが決まりますので、結果として「単なる言葉遊び」だとわかっていても宣伝の”ウリ”としてこの言葉を利用するのはよくあることです。

まあこれについては否定する気もなく、「企業努力」だと思っています。

 

ただ、問題は、この言葉でだましたうえで粗悪な商品を作るメーカーも結構あるということです。

 

無添加の良いシャンプーなのか、無添加でも悪いシャンプーなのか?がポイントなんですよね。

 

それも踏まえて「このシャンプーは、本当の意味での無添加な優れたシャンプーだなぁ」と感じたんですよね。

 

さらに「とある質問」をメーカーさんにしたのですが、その回答などを見ると、こだわりを持って製造している姿勢がうかがえたんですよね。

 

こうして僕の中で、SORAスカルプシャンプーGOLGは「無添加を望んでいる人の希望に近いシャンプー!!」という結論に至りました<m(__)m>

 

※シャンプー解析はこちら⇒「SORAスカルプシャンプーの成分解析」

 

 

メーカーさんに質問してみた!!ほんとに無添加?保存期間はどれくらい?

girl-1192032_640

天然無添加生シャンプーとか、防腐剤フリーとかなんやかんや書かれると、こんな顔して(=_=)「怪しい・・・」と感じてしまうんですよね。僕の天邪鬼が顔を出すというか・・・(;^ω^)

 

防腐剤無添加と言ってもキャリーオーバー成分でパラベンとかフェノキシエタノール入っていてそれらの防腐力をうまく使っているんじゃないのぉ

みたいに疑っちゃうんです(;^ω^)

==============

キャリーオーバー成分とは・・・原料屋さんが原料を保存するために原料に元々防腐剤が配合されている場合があります。その場合の防腐剤はキャリーオーバー成分といい、製品の成分表には記載しなくていい成分になります。

仮に”とある製品”にヒマワリエキスと書かれていた場合、このエキス自体に防腐剤としてパラペンが配合されていても、それについて記載する義務はありません。

ですので、防腐剤フリーを謳ってエキス類をいろいろ配合して、それらの中に配合される防腐剤を製品の防腐力の一助にしている製品もあります。

 ==============

で、質問をしたら、その日のうちに素早く回答がありまして、以下に記します↓↓

(文章はいじっていませんが、装飾などして見やすくしています。)

=================

【質問1】

このシャンプーは防腐剤無添加ということですが、キャリーオーバー成分として防腐剤は、配合されているのでしょうか?(配合されてたらダメだと考えているわけでは全くありません)

【回答】
●キャリーオーバーが極力発生しない原料を配合しています。

●配合成分に抗菌(防腐)効果のある保湿剤が添加されております。

原料メーカーでは「抗菌作用のある天然保湿剤」と謳っております下記成分を微量ですが配合しています。

  • 成分表示名 ポリ-ε-リシン
    ポリ-ε-リシン(原料名 ポリリジン10)

その他に防腐効果のある保湿剤として

  • 1,2-ヘキサンジオール・・・合成された多価アルコールの一種
  • エチルヘキシルグリセリン・・・グリセリンと高級アルコールの2-エチルヘキシルアルコールからなる多価アルコールの一種。

上記3つの成分などが抗菌(防腐)効果の期待される保湿剤ですが、微量の配合の為、常温保存は難しいので、冷蔵庫保存をお願いしております。

【質問2】

仮にキャリーオーバーとしても防腐剤フリーの場合、冷蔵保存だけで2か月も持つものなんですか?それとも○○エキスのどれかに防腐力のある成分が含まれているのでしょうか?

或いは、キャリーオーバーとして防腐剤が配合されている場合は、そのごく少量の防腐剤により2か月ほど持つということなのでしょうか?

【回答】

●上記3つの抗菌(防腐)効果のある保湿剤以外に天然エキスとして配合の

  • ニンニクエキス・・・殺菌効果
  • セイヨウアカマツ球果エキス・・・防腐効果
  • ローズマリー葉エキス・・・抗菌作用

などが報告されておりますが、それだけでは品質保持は難しいと思います。

●基本的に「キャリーオーバーなし」を開発のコンセプトに置いているので、キャリーオーバーについては、心配ないと思います。

コスト的には、同じ成分でもキャリーオーバーのない原料は高くなるのですが、そこを安い方に妥協すると本当に良いシャンプーはできないので、極力、キャリーオーバーの発生は避けております。

【質問3】

シャンプー1本で2か月分と書かれていますが、実際冷蔵庫で保存するなどしっかりとした管理のもと家庭で使用した場合、どれくらい保存期間はあるのでしょうか?

【回答】
●未開封で1年間は冷蔵庫保存可能です。

本体容器を常に冷蔵庫保存するようにお勧めしておりますが、使用の際はミニ容器に(冬季は1週間、夏季は3日程度の)使用量を補充しご利用頂きます。

※ミニ容器は脱衣所の涼しい所(冷暗所)に保管してください。

※補充時は冷蔵庫から本体容器を取り出して、3日~1週間分補充して頂きます。

※ミニ容器は補充の都度、洗浄頂くか、複数のミニ容器を用意しておいて順に使用することでミニ容器内のシャンプーをいつも衛生的に使用できます。

●一般的な使用頻度で3カ月程度は安心してご利用頂けます。

※開封後は3ヶ月以内にご利用頂くことをお勧めしておりますが、しっかり密閉式の容器(袋)に保管頂ければ6ヵ月程度は問題なく使用可能です。

シャンプー容器本体を毎回浴室に持ち込むことは避けてください。

SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー

 「SORAスカルプシャンプー SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー」 

=================

↑↑

いかがですか?

 

会社の姿勢がわかるような回答だと思いませんか?

 

例えば

コスト的には、同じ成分でもキャリーオーバーのない原料は高くなるのですが、そこを安い方に妥協すると本当に良いシャンプーはできないので、極力、キャリーオーバーの発生は避けております。

という回答にもかなりのこだわりを感じますよね。

 

ぶっちゃけ僕的にはキャリーオーバーで防腐剤入っていてもいいんじゃない?というスタンスですが、とても敏感肌な人や無添加にかなりのこだわりを持っている人にはこのような会社のこだわりはかなりうれしいのではないでしょうか?

 

あっ!!それだけ防腐剤フリーにこだわっていますので、要冷蔵です。常温保存は菌の繁殖リスクがありますのでやめてくださいね。

SORAスカルプシャンプー要冷蔵

 

 

泡立てて20分以上置くのがベター?

SORAスカルプシャンプー

このシャンプーの特徴として「泡立てた状態で20分以上ヘアキャップをして放置してください。」というアナウンスがあります。

 

この間にこのシャンプーの”ウリ”の成分である「馬プラセンタエキス」・「サイタイエキス」・「キャピキシル」や、その他エキスが浸透して育毛に期待ができるという考えなのですが、この「20分以上置けるシャンプー」というコンセプトこそが、これだけ安全性・防腐剤フリーへのこだわりにつながっているのだと思います。

 

 

何度も言いますが、僕は無添加にそこまでこだわりがありません(;^ω^)

シャンプーの質が優れていれば防腐剤も「どんとこい!!」という考えですが、それは僕が「肌が強い」と過信しているからでもあります(笑)

美容師の職業病である手荒れを全くしたことがないくらいですので、結構肌は強いです。

 

 

でも、元々肌が弱い方・防腐剤が配合されていると肌がピリピリする方もいらっしゃいます。

このような方が、普通に「防腐剤が配合されていて~」というようなシャンプーを20分以上置くのは確かにリスクになると思います。(そもそも洗浄成分の質が悪いシャンプーを20分以上置くとそれ自体のリスクも高いと考えられます)

 

あとは、このような成分の中には「発がんリスク」や「環境ホルモンの疑い」等があるものがあります。これらを心配されている人にも安心して利用できるシャンプーですね。

と言ってもやはり僕はこれらのことも信じていませんので気にしていないのですが、気にされる方も多くいらっしゃると思いますので、そのような方には安心感が半端ないシャンプーだと思います♪

 

と、このような感じで、このブログで何度も繰り返し言っているように、僕は「石油系だから~」「防腐剤は~」「この成分は~」・・・

  • 発がん性の可能性が・・・
  • 環境ホルモンの疑いが・・・

というような話をほとんど気にしていません。

 

もちろん気にしていないで利用することで将来「ババを引く」可能性もありますが、気にしすぎて毎日ストレスにさらされる方が嫌だという考えです。

 

でも、気にされている方もホント多くいらっしゃいますよね。

この辺のことは、人それぞれの考え方で全然いいと思うんです。

 

精神衛生上の問題のような気もしますので。

 

そういった意味で、このSORAスカルプシャンプーGOLDは、無添加にこだわりがある人が探している無添加シャンプーに最も近いシャンプーの一つではないかと思います。

※世の中「無添加好き」の人をだますような、トリックがいっぱいのシャンプーや化粧品というのもゴロゴロありますので、この辺は見極めが大事になりますね。

 

※メーカー公式サイトを確認する⇒「SORAスカルプシャンプー SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー」 

※ 僕の解析記事はこちら⇒「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

 

SORAスカルプシャンプーGOLDはアレルギー持ちの人におすすめ?

最近抜け毛が気になる、は勘違い?

いろいろなシャンプーを利用していて過去に頭皮がかぶれたりピリピリしたことがある人にも、試してみてほしいシャンプーです。

 

というのも、過去にも書いているようにアレルギー成分は人それぞれ違うのですが、シャンプーなどでピリピリやかぶれが起きる場合、防腐剤やキレート剤(金属封鎖剤)に反応している人が多いことは確かです。

 

このシャンプーはかなり安全性にこだわているのでそれらの成分の配合がありません。一般的な市販のシャンプーとも、美容院系の優れたシャンプーとも、防腐剤周りの作りは違います。

 

ですので、今まで上記のようなシャンプーでトラブルが起きたことがある人には試してみてほしいシャンプーです。

 

試すときは、まずは最初は泡立てたまま20分以上放置するようなことはせず、普通に洗って流してください。1週間ほど連続使用してもトラブルなく利用できた場合にちょっとずつ置く時間を延ばしてみてくださいね。

 

 

※メーカー公式サイトを確認する⇒「SORAスカルプシャンプー SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー」 

SORAスカルプシャンプーは無添加シャンプー

 

※ 僕の解析記事はこちら⇒「SORAスカルプシャンプーGOLDの成分解析。美容師のおすすめ?」

 


※サイト内検索
コメント欄からのお問合せ・ご質問の前にサイト内検索をお試し下さいm(__)m


【スポンサーリンク】
haru黒髪スカルププロ


サイト内記事一覧(目次)


【スポンサーリンク】


コメントを残す

*

このブログの記事一覧(目次)へ